炎上

アウディがファミリーカーの宣伝に幼女を登場させる→手に持っていたモノが問題となり炎上。世の中には常に攻撃対象を探している人がいるようだ

| そこまで過剰に反応する必要はないと思うが | さて、先般よりいろいろと話題になっているアウディRS4の広告画像。アウディRS4の前に少女が立ってバナナを食べている画像ですが、Twitterに「あら ...

え?トヨタが燃える!?プリウス「停止」、クラウン「ショート」にて26.5万台にリコール。クラウンは実際に燃えた車両も

| トヨタで火災に関するリコール、そして実際に燃えたのははじめて見た | さて、トヨタがプリウス、オーリス、クラウン等についてリコールを届け出。プリウスなどハイブリッドモデルについてはやや重い内容で、 ...

モナコの路上で燃えてしまったフェラーリF40。そのオーナーが修理を決意し、現在の状態が公開される

| フェラーリF40のフレームが鋼管スペースフレームだったのはまだ幸い | 今年2月に発生した、フェラーリF40がモナコの路上にて炎上したという不幸な事故。今回その続報がFerrari Owners ...

【動画】ヒュンダイの最高級車「ジェネシスG80」、納車から6日で炎上→廃車に!ヒュンダイも調査に乗りだしたとの報道

| いかなる事情にせよ、この燃えっぷりはかなりものだ | さて、韓国でちょっとした問題となっている「新型ジェネシスG80の品質問題」。ジェネシスG80はつい最近発売されたばかりのフラッグシップモデルで ...

マクラーレンがセナ、720S、570GT、GTに炎上の可能性があるとしてリコール。これでようやく「セナが燃えた」オーナーにも補償が行われる?

| セナのリコールは二回目、しかし炎上に関するものはこれが「初」 | マクラーレンが米運輸省高速道路交通安全局、NHTSA(National Highway Traffic Safety Admini ...

トヨタ・カローラ、ボルボ8車種、メルセデスAMG等にリコール。AMG”63系”は火災のおそれ

| 最近のクルマは高度に複雑化しすぎた? | さて、トヨタ、メルセデス・ベンツ、ボルボが国土交通省へとリコールを届け出。いずれも台数としては多くはなく、重要性の高くないものばかりですが、それぞれの内容 ...

【動画】ドリフトイベントでランボルギーニ・ウラカンが派手に爆発炎上!ここまで見事にドカンといったのは見たことない!

| 爆発しても観客は大喜び | さて、過激なランボルギーニ・ウラカンの改造そして派手なドリフトで知られるユーチューバー、デイリー・ドリブン・エキゾチック(Daily Driven Exotics)氏こ ...

通算3台目の「セナ炎上」。他のマクラーレンは燃えないのに、なぜセナだけが燃えるのか?

| ここまで炎上が連続すると、さすがに車両側の問題を疑っても良さそうだ | ポルトガルにて、マクラーレン・セナが炎上してしまうという案件が発生。マクラーレンはさほど「燃える」クルマではないものの、セナ ...

【動画】ポルシェ・タイカンが自宅ガレージ内で全焼!納車開始直後、そして初の炎上にポルシェは「調査中」

| まさか品質の高さで知られるポルシェのクルマが燃えるとは | フロリダにて、ポルシェ・タイカンが全焼してしまうという事件が発生。現在のところ発火の原因や詳細もわかってはいないものの、ポルシェはこの件 ...

【動画】貴重なフェラーリF40がモナコの路上で燃える!オーナーはなすすべもなく一気に炎上し、ほぼ全焼へ

| スーパーカーが燃えやすいのは否定できない | モナコの路上にて、フェラーリF40が炎上してしまうという悲劇が発生。インスタグラムほかYoutube上にも動画がアップされていますが、このフェラーリF ...

スーパーカーは燃えたらこんなになってしまうんか・・・。1250馬力、ツインターボ化したランボルギーニ・アヴェンタドールが跡形もなく燃える

| ハイパワー化、とくにツインターボ化にはリスクが伴う | マンソリーがカスタムしたランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー「カーボナード」がチェコ共和国はプラハにて全焼してしまうという事案 ...

マツダがまだロータリーを諦めていない2008年に発表した「3ローター」エンジン搭載”風籟コンセプト”。トップギアが全焼させてしまう前の姿を見てみよう

| そしてその姿は二度と復元されることはなかった | さて、先日はマツダの「風籟コンセプト」のデザインに関わった元マツダのデザイナー、カルロス・サラフ氏が立ち上げた新プロジェクト”Salaff C2” ...

マクラーレン・セナにリコール。「ケーブルと金属パーツが接触しケーブル破損の可能性。最悪はエンジンストール」。”炎上”については今のところ触れられず

| 現在、リコールはオーストラリア市場のみ | マクラーレンが、オーストラリアにて「セナ」に対してリコールを届け出。不具合の内容としてはエンジンのハーネスがメタルリンクパーツと接触してダメージを受ける ...

中央道でフェラーリが炎上!「後続車にパッシングされ、停止した直後にエンジンルームから出火」。スーパーカーはなぜ燃える

| 幸いなことにけが人はなし | 朝日デジタルによると、7月31日、神奈川県相模原市緑区小渕の中央道上り線上野原インターチェンジ付近にてフェラーリが炎上していると通報があった、とのこと(朝日デジタルの ...

マクラーレン・セナ「2台目の炎上」が発生。最初に炎上したオーナーは「マクラーレンに合計3億円も払ったのに何も対応しない」という動画を公開

| もし3件目、4件目が出たらけっこう大きな問題に | F1オーストリア・グランプリ開催前のエキシビジョンのため、レッドブル・リンクを走行していたマクラーレン・セナが発火するというトラブルが発生。運転 ...

ポルシェが初代パナメーラに「発火の恐れ」があるとしてリコール届け出。北米では販売済み車両の78%が該当

| これだけ規模の大きなリコールはポルシェにとって珍しい | ポルシェが初代パナメーラに対しリコール発表。内容としては「電気系の問題によって不具合が生じ、最悪の場合は火災に至る」というもの。今のところ ...

マクラーレン・スピードテールの試作車が発火。やはり未知の領域、そしてエレクトリック化されたクルマの開発は一筋縄ではゆかない

| 現代のクルマは様々なサプライヤーのパーツや技術の集合体。それらをコントロールするは非常に困難 | マクラーレンの最新ハイパーカー、「スピードテール」。これはガソリンエンジン(4リッターV8ツインタ ...

かなり珍しいリコール3連発。「スターターボタンのフォント(アウディ)」「ガラスがちゃんと割れない(トヨタ)」「リコール対象が一台だけ(ベンツ)」

| とくにアウディのリコールは前代未聞 | さて、今週に入りいくつかのメーカーが国土交通省にリコールを届け出ていますが、その内容が「ちょっと珍しい」ため、ここで紹介してみたいと思います。まずはアウディ ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5