ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

販売

日本でも展開中の中国EVメーカー「BYD」が中国でテスラの販売を抜く!さらにはガソリン車を含めて販売台数No.1のVWをも抜きそうな勢いで成長

日本でも展開中の中国EVメーカー「BYD」が中国でテスラの販売を抜く!さらにはガソリン車を含めて販売台数No.1のVWをも抜きそうな勢いで成長

2022/7/2    , , , ,

| ラインアップはEVのみ、かつ4車種しか無いのにVWに迫ろうとは | 現在の中国では、路上を走るのは「ほぼ中国車」なのかも さて、中国の自動車市場においてBYDが大きく伸びていると話題に。このBYD ...

中国の新興EVメーカー、Xpeng(シャオペン)が驚異の成長を見せ、ついに20万台目を生産。10万台目から数えてわずか8ヶ月後に達成

中国の新興EVメーカー、Xpeng(シャオペン)が驚異の成長を見せ、ついに20万台目を生産。10万台目から数えてわずか8ヶ月後に達成

2022/6/30    , , , , ,

| この1−2年で自動車業界の勢力図は大きく変わりそうだ | 中国メーカーが「ガソリン禁止推進国」での販売を行うようになると、もはや日本の自動車メーカーの入り込むスペースはなくなるだろう さて、現在中 ...

テスラ・モデルY

2025年までのEV販売勢力予想が公開!テスラは2024年にVWに追い越され、トヨタは中国メーカー3社に抜かれてなんとか10位、BMW、ホンダ、日産は蚊帳の外へ

2022/6/18    , , , , ,

| ただしこの予想はあくまでも「現在の数字をベースにしたもの」で不確定要素は含んでいない | そしてボクはEV販売に重要なのは「ブランド力」だと考えている さて、ブルームバーグが今回「電気自動車の販売 ...

ベントレー

ロールスロイスは前年比3.3倍!2022年5月の輸入車登録状況が公開。フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、マセラティ、ベントレーなど高級/スポーツカーブランド強し

| さらにこれらのブランドは大きく上下せずコンスタントに販売を維持または伸ばしている | 同じ輸入ブランドでも「小型車」の販売が縮小し「高級車」が大きく伸びる さて、2022年5月の日本国内における輸 ...

GR86

GR86売れすぎ!2022年5月の国産ブランド/車種別登録ランキングが公開。なんとGR86は前年比33倍、BRZもランクイン。なおマツダは三菱やレクサスにも抜かれる

| たしかにGR86はいいクルマであり、売れて当然だと思う | 全体的には様々な事情にて低調にとどまる さて、2022年5月の国産自動車メーカー販売ランキングが公開。全体としては前年比82.2%にとど ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

ランボルギーニが2022年第1四半期も過去最高記録を塗り替え!販売台数、売上高、リア期のすべてが向上。さらに「イタリアのトップ雇用主」にも選ばれる

| ランボルギーニは「供給を制限しつつ」も成長とバックオーダーを拡大している | 更に今年は「3つの新製品」の発表を控えている ランボルギーニは2021年にも売上高、利益の面において「過去最高」を記録 ...

ブガッティ・シロンの「ルーフ」が約720万円で販売中!ポルシェ718ケイマン1台と同じ価格なるも、モロモロ考慮するとけっこう安いかもしれない・・・

ブガッティ・シロンの「ルーフ」が約720万円で販売中!ポルシェ718ケイマン1台と同じ価格なるも、モロモロ考慮するとけっこう安いかもしれない・・・

| ただし使い道はほぼ無いものと思われ、ガレージの装飾用途くらいしか思い浮かばない | それでもけっこう「欲しい」と思う人は少なくはないだろう さて、ブガッティ・シロンの「ルーフ」を販売するインスタグ ...

フェラーリF8スパイダー

2022年4月の国内輸入車販売状況!もっとも昨対で伸びたのはロータス、次はフェラーリ。ボルボも販売を伸ばし、もしかするとアウディを通年で超えるかも

| 日本だと輸入車は「嗜好品」としての性格が強く、高額な製品、特徴のある製品ほど売れやすいようだ | それにしてもフェラーリの圧倒的な強さには驚かされる さて、2022年4月の日本国内における輸入車登 ...

GR86

2022年4月の国産車販売ランキングが公開!GR86はいまだ絶好調、SUVも人気をキープ。一方、モデルチェンジしたばかりのノア/ヴォクシーは思ったほど伸びずミニバンが低調

| 安価なスポーツカーの需要は思ったよりも根強かったようだ | 前年同期比を上回ったメーカーは「三菱だけ」 さて、2022年4月の乗用車販売台数が公開に。まず全体では80万4708台が販売され、これは ...

China

中国市場における「中国の自動車メーカー」のシェアがはじめて40%を突破!アメリカ、ドイツ、日本の自動車メーカーはシェアを奪われる一方となり、今後さらにこの傾向は加速しそう

2022/5/9    , , , ,

| 資金やローコスト、市場受けする製品開発という観点において、海外の自動車メーカーはもはや中国の自動車メーカーには歯が立たない | そのため中国にて存在感を発揮するには「中国の自動車メーカーにはない「 ...

アストンマーティン

アストンマーティンは8度目の倒産を回避すべく2025年までに「フェラーリと同じ販売台数を目指す」。短期での再生計画を公表し、カスタマイズ比率向上についても言及

| ただしアストンマーティンはすでに資金を使い果たし「破産の可能性もゼロではない | ちなみにカスタマイズ比率はこの2年で6%から50%へと向上 さて、アストンマーティンが「8度目の倒産を防ぐ」ための ...

テスラ

米国の第1四半期にてEVシェアが初の5%を突破!EVの選択肢は昨年の18車種から32車種に増え、しかし販売の75%はテスラ。結局は「テスラの後ろで」群雄割拠状態に

2022/4/28    , , ,

| ただしテスラの優位性がどこまで続くのかはわからない | テスラが「売れる」のは生産設備や充電設備への先行投資の影響が大きいとされている ケリー・ブルー・ブック(KBB)によると、米国では2022年 ...

まさかこのブガッティのベースが「フロントエンジン車」だとは!とてもレプリカに見えない、ポンティアックGTOベースのヴェイロンが販売中

まさかこのブガッティのベースが「フロントエンジン車」だとは!とてもレプリカに見えない、ポンティアックGTOベースのヴェイロンが販売中

| これまでに見てきたブガッティのレプリカとしてはもっとも出来が良い | ただしその価格もかなり高額な「1950万円」 さて、主に北米の中古車市場には様々なスーパーカーやハイパーカーのレプリカが登場し ...

toyota GR86

英国にてGR86開始→予定していた2年分の生産台数が90分で一台残らず売り切れる。現在キャンセル待ち、トヨタは「追加販売も、生産期間延長もない」

| 現在、ガソリンエンジン搭載のスポーツカーは世界中で「死刑宣告」がなされている | それでもなんとか発売、そして販売してくれる自動車メーカーには感謝 さて、GR86は現在日本でも非常に高い人気を誇っ ...

ランボルギーニ・ウラカンが発売から8年目で2万台を突破!ウラカンのバリエーションは12モデル、競技用を含めると15モデルにまでラインアップが増えていた

ランボルギーニ・ウラカンが発売から8年目で2万台を突破!ウラカンのバリエーションは12モデル、競技用を含めると15モデルにまでラインアップが増えていた

| モデルライフ終了までに、どこまでウラカンがその記録を伸ばせるかには要注目 | ウラカンの顧客の71%がクーペを選択、もっともカスタムしているのは欧州や日本 さて、ランボルギーニが「ウラカンの生産台 ...

BMW

BMW「テスラの時代は終わった。我々はこれから反撃に出る」。ただしBMWは北米市場だとガソリン/ディーゼルすべて含めてもテスラの販売台数に抜かれる

| BMWとしてもテスラ追撃の必要性があるのは理解できるが、今のところテスラ以上の付加価値が見られないように思う | ただし今後の「テスラ包囲網」の行方については成り行きを見守るしかない さて、BMW ...

ランボルギーニ

ランボルギーニが「2022年第1四半期は過去最高の販売台数だった」と発表!加えて「毎月、生産キャパ以上の受注がある」「すでに1年以上の受注残がある」とも

| ボクとしては、この勢いでブランドの価値を上げ続け、フェラーリに並んでほしいところ | ただ、フェラーリのように「注文しても2年くらい納車を待つ」ようになるとちょっと困る さて、ランボルギーニが20 ...

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツの第1四半期は「EVの販売が3倍」、さらに「Sクラスが1.6倍、マイバッハが2.6倍」など大きく伸びる。手持ちのチップをうまく分配?

| しかしその一方、メルセデス・ベンツは「これ以上EVの価格は下がらない」とも考えている | 現在のバッテリー製造コスト、そして価格推移を見るに、ガソリン車と同等の価格でEVを売るのは不可能 さて、メ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5