買収

ポルシェ911GT3

【動画】ポルシェは2008年にVWの買収を企てるも失敗し、逆にVWに吸収されることに。この裏にあったのはポルシェの「本家」と「分家」との確執だったようだ

| ポルシェほどの家名になると、ボクらには想像もできないような世界があるようだ | 現在ポルシェがフォルクスワーゲングループ傘下にあることは多くの人が知る事実かと思いますが、これにはドラマのような逆転 ...

あのケーターハムが日本の会社に!これまで輸入代理店だったVTホールデングスがケータハムの株式を取得し100%子会社化

あのケーターハムが日本の会社に!これまで輸入代理店だったVTホールデングスがケータハムの株式を取得し100%子会社化

| 「セブン」はこれまでにも経営者を変えつつ、現代まで変わらない姿で生き延びてきた | さて、「7(セブン)」シリーズの生産で知られるケーターハムですが、今回は日本を拠点に自動車ディーラーを多数運営す ...

リマック・コンセプト・ワン

ポルシェがリマックへの投資を拡大し出資比率が24%へ!ポルシェはリマックに「稼いでもらう」ことで収益源として活用したい意向のようだ

| 一時、ポルシェはリマックの技術を手に入れるためにリマックを買収すると言われたが | ポルシェはこれまでにもリマックへと投資を行い、15.5%の出資比率を持っていたものの、今回7000万ユーロをリマ ...

リマックCEO、メイト・リマック

VWがリマックにタダでブガッティを渡し、見返りにポルシェがリマック株を50%に達するまで受け取るとのウワサ。ただしリマックCEOが「我々は独立を貫く」と否定の声明を発表

| このあたりのウワサはここ1~2年、形を変えながら囁かれているようだ | さて、色々と出てくるリマックに関するウワサ。今回はポルシェがリマックの株式を買い進み、50%超を取得する(つまりポルシェがリ ...

ブガッティ・ボリード(ボライド)

今度は「ブガッティとリマックが提携」とのウワサ。ブガッティ親会社のVWが一ヶ月以内に決定すると報じられる

| 様々な角度から検討するに、この話は「ありそう」だ | さて、ちょっと前に「リマックがブガッティを買収する」という話が登場していますが、今回は「リマックとブガッティとの提携」というウワサが登場してい ...

EVスタートアップ、Canoo

アップルはEVベンチャー「Canoo」の買収を考えていた!さらには百度やアップルの下請けもEV産業へと参入し、今後の自動車業界の勢力図が大きく変わりそう

| アップルコンピューターは自社での車両製造を考えていた? | さて、ヒュンダイの思わぬ発言によって明るみに出た「アップルカー(AppleCar / iCar)」ですが、今回はさらなる関連情報が登場。 ...

テスラは過去、アップルに身売りを打診していた!しかしアップルは交渉の席につかず、その後テスラの価値は10倍に。現在はテスラ株で儲けた「テスラネア」が大量に登場

2020/12/24    , , ,

| まさに事実は小説よりも奇なり | さて、アップルが「自動車(iCar)を発売」という話が再燃していますが、ここでテスラCEO、イーロン・マスク氏が衝撃のツイート。テスラはかつてモデル3の生産開始に ...

シュプリームが身売り!買ったのはルイ・ヴィトンではなくティンバーランド等を擁するVFコープ。これまで以上にコラボが加速?

| シュプリームは様々なブランドとのコラボによってその価値を極端に上げている | さて、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションにて、それまでのストリートブランドから一気にセレブブランドへと成長したシュプリ ...

アストンマーティン

アストンマーティン復活に光明!メルセデスがアストン株を20%まで購入し、さらに提携を深める模様。一方アストンはメルセデスの電動化技術を使用可能に

| 株価はほぼ底値だと思われ、今買っておけば後々大きなリターンを得られる可能性も | さて、厳しい状況が続くアストンマーティン。会社のオーナーそしてCEOも変わって新しい一歩を踏み出していますが、今の ...

ブガッティ売却劇続報!ブガッティはこの報道に対し否定ではなく「ノーコメント」。どうやら本当にリマックが買収しそうだ

| ブガッティは「否定するときには否定をする会社」だ | さて、少し前に出てきた「リマックがブガッティを買収」という報道ですが、どうやらこれは現実に起こりうる可能性が高くなってきていて、というのも米カ ...

ブガッティ・シロン・ピュールスポール

リマックがブガッティを買収との報道!11年の歴史、10台しかクルマを売っていないリマックが「110年の」歴史を持つブガッティを買う!?

| よくよく考えると「あり得る」話でもある | まさかのまさか、ブガッティがリマックに売却される、との報道(現時点では確報ではない)。現在ブガッティはフォルクスワーゲングループに属していて、そしてリマ ...

アストンマーティン

アストンマーティンがレーシングポイントF1オーナーの出資を受け入れ、事実上買収されることに!今後レッドブルとの関係や「ラゴンダ」ブランドの展開に影響か

| もっとも大きな影響はレッドブルとの提携関係 | アストンマーティンにつき、少し前に「レーシング・ポイントF1チームのオーナーであるローレンス・ストロール氏に買収される」というウワサが流れましたが、 ...

そんなに苦しいのかアストンマーティン!努力の結晶「ラピードE」の販売を打ち切り、中国・吉利汽車と買収の交渉に入ったと報道

| それにしてもロータス、ボルボの親会社、吉利汽車(Geely)の財力は底知らず | 最近ちょっと苦しいアストンマーティン。販売が落ち込み、その割にエレクトリック化やDBX含むニューモデルの開発費用が ...

アストンマーティンが「買収」報道に対してコメント。「投資家を強く求めているわけではないが、受け入れないでもない」←いったいどっち?

| おそらくアストンマーティンとローレンス・ストロール氏とは対話の席につくことになるだろう | 先週、アストンマーティンが「カナダの富豪にして、レーシングポイントF1チームのオーナである、ローレンス・ ...

上場がアダに!アストンマーティンをF1チームオーナーが買収との報道。なお現在同チームからはその息子がドライバーとして出走中

| アストンマーティンの株価が1/3以下に下がり、株式の買い集め=会社自体の購入が検討されるレベルに | Autocarによると、60歳になるビジネスマンのローレンス・ストロール氏なる人物がアストンマ ...

1966年のフォードGT40風カラーを持つマスタングGTが登場。フォードが当時GT40を開発していなかったら今頃こういったカスタムも存在しないということに

| 紆余曲折あったが、フォードはフェラーリを買収しなくてよかった | 11月5日よりSEMA(アメリカで開催されるチューニングパーツのフェア)が開催され、それに向けて各チューナーやパーツメーカーが続々 ...

筆頭株主に続き、メルセデス・ベンツ第三の株主も中国企業(北京汽車)に。このままだとメルセデスは中国企業に買収されそう

| ドイツ本社の発言力が低下し、中国によってコントロールされる懸念も | 筆頭株主が中国人の李書福氏となってしまったメルセデス・ベンツ(ダイムラー)ですが、今回は3番目の株主までもが中国の北京汽車にな ...

メルセデス・ベンツの株が中国企業に買い占められる危機?提携相手の北京汽車がダイムラー株5%を買い進めているとの報道

| 上場している自動車メーカーは常に同様の危機にさらされている | 現在、メルセデス・ベンツは中国において 北京汽車(BAIC)、比亜迪汽車(BYD)というパートナーと提携済み。中国では(外国企業が) ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f