GTS

ここから何か出るん?見たことないテールパイプを持つ謎のBMW M4が目撃。中東では初の4シリーズ「限定モデル」が設定に

| このマフラーエンドはさすがに迫力がありすぎる | 現在、新世代のBMW M4も発表されていない状態ではあるものの、そんな中で「謎のM4らしきプロトタイプ」が目撃されて話題に。通常のM4が登場してい ...

ポルシェが718ケイマンGT4/718スパイダー、718GTS 4.0にPDKを追加。0-100km/h加速はPDKのほうが0.5秒俊足

| ここまで大きく数字が変わるとは | ポルシェは以前、「718ケイマンGT4、718スパイダー、718ボクスター/ケイマンGTS 4.0(つまり718の6気筒シリーズ)」にもPDKを追加するとコメン ...

【動画】なかなか発表されない新型ポルシェ911カレラGTS!偽装ナシの姿でニュルを走行中

さて、現在ポルシェは911のラインアップを拡充しており、いまのところ「911カレラ」「911カレラ4」「911カレラS」「911カレラ4S」「911ターボ」「911ターボS」のクーペとカブリオレ、そし ...

【動画】ポルシェ718ケイマンGTS4.0の速さ恐るべし!992世代の911カレラ、991世代の911GTS、997世代のGT3 RSを超えるタイムを記録

| マニュアル・トランスミッションでこのタイムというのがさらに驚き | さて、ポルシェが突如発表し、周囲を驚かせた718 ケイマン/ボクスターGTS 4.0。これは「(GT4とスパイダーを除いて)4気 ...

ポルシェが718の2021年モデル発表!ケイマンGT4/ボクスタースパイダーとGTS4.0にPDK設定、全車の標準装備が充実。ポルシェはモデルライフ末期が一番お買い得だ

| まさかここまで装備が充実するとは | ポルシェが2021年モデルの718シリーズを発表。シリーズ全体としては装備の充実、そして6気筒モデル(GT4、スパイダー、GTS4.0)にはPDKが設定された ...

ポルシェが新型カイエンGTS/カイエンGTSクーペ発表!軽量パッケージ装着で「センターマフラー」、さらにサウンドが大きく

| 先代比でパフォーマンスは大きく向上 | さて、昨日リークされた新型「ポルシェ・カイエンGTSクーペ」が正式発表に。ただし「GTSクーペ」のみではなく、従来のボックス型ボディを持つ「カイエンGTS」 ...

新型ポルシェ・カイエンGTSクーペがリーク!オプションにて911GT2RSっぽい攻撃的なルックスに

| 一時期ウワサされていた”GT5”は名乗らない | ポルシェはここしばらく「謎のカイエン・クーペ」をニュルブルクリンクにてテストしていましたが、どうやらその個体は今回リークされた”カイエンGTSクー ...

あまり話題にならなかった新型4シリーズ。「M4 CSL」「4シリーズ・カブリオレ/シューティングブレーク」の予想レンダリングが登場

| おそらくBMWはこの反響の薄さには肩透かしを食らったように感じていることだろう | さて、BMWは新型4シリーズを発表したばかりですが、「意外と盛り上がらなかったな」というのが偽らざる心境。むしろ ...

ポルシェ「今後、エンジンを大排気量化するかもしれん」。なお911カレラについては「自然吸気には戻らない」

| どうやら今後、「排気量当たりの馬力上限規制」が導入されるようだ | ポルシェが「今後、大排気量へ移行するかもしれない」というコメントを発し周囲を驚かせることに。ポルシェはこれまでにも何度か(排気量 ...

ポルシェも認めた超レアカー「924カレラGTS(1982)」が競売に!予想落札価格は3400万円、今後も価値を上げそうだ

| もとはといえばル・マン24時間レース参戦のためのホモロゲーションモデル | オークションハウス、RMサザビーズ開催予定の競売にて、ポルシェのレアモデル「924カレラGTS(1982年)」が登場予定 ...

まったく偽装ナシ!新型ポルシェ911カレラGTS、おそらくオプション満載の車両が目撃される

| カーボンルーフ、カーボンセラミックディスクブレーキが装着済み | 完全に偽装のない新型ポルシェ911カレラGTSが目撃に。現在ポルシェ911は「カレラ」「カレラS」とその4WD版、そしてカブリオレ ...

新型ポルシェ911”タルガ4GTS”試作車が目撃に!前後バンパーはスポーツデザイン、ストップランプはクリア仕様に

| 911タルガは「非常に高価な」911シリーズでもある | 新型ポルシェ911タルガ4GTSのプロトタイプが目撃に。その場所はスウェーデンだとされ、「冬季テスト」の真っ最中ということになりますが、こ ...

英国で高級車ディーラーの従業員がフェラーリで事故→懲役9ヶ月、免取+欠格期間2年。なお、日本では免取り後の欠格期間は3~10年と定められている

| 幸いなことに人的被害はなく、しかし死傷者があればもっと重い処分に | 英国にて、2018年5月に発生した「フェラーリ458スパイダーと、ポルシェ718ケイマンGTSとのクラッシュ」に関する判決が出 ...

ポルシェが新型「マカンGTS」国内投入。日本仕様は本国OP扱いの装備が標準化され価格は1038万円

| それでもマカンGTSはお買い得なモデルだと思う | ポルシェがすでに欧州と北米にて発売済みの「新型マカンGTS(グランツーリスモスポーツ)」を発表。マカンGTSは「マカンS」と「マカン・ターボ」と ...

ポルシェが突如「718ケイマン/ボクスターGTS」の4リッター自然吸気6気筒版、”GTS4.0”発表。やはり4気筒ターボエンジンは不評だった?

| 0-100km/h加速はケイマンGT4を凌駕する | ポルシェが「718ケイマンGTSと718ボクスターGTS」に対し、4リッター・フラットシックスを積んだ「718ケイマン/ボクスターGTS 4. ...

「謎」ポルシェ718ケイマン試作車が再度目撃。発表後1年しか経過していない「ケイマンGTS」の改良版だという説が濃厚なるも、今”改良しなくてはならない”理由とは?

| 1.4気筒エンジンが不評だから。2.”GT"は今後自然吸気エンジンで統一したいから | ポルシェ718シリーズは登場から2年が経過していますが、今のところ「2023年まで継続販売する」ことが決定済 ...

ポルシェが「新型マカンGTS」発表。先代比+20馬力、0-100km/h加速は-0.3秒。より速く、より快適に

| マカン”GTS”は比較的価格が下がりにくいことでも知られる | ポルシェが新型「マカンGTS」を発表。「GTS」グレード自体は以前から存在しますが、今回追加されたのはフェイスリフト(マイナーチェン ...

フェラーリは2019年に5つの新型車を発表するも22年までに”あと10台”の新型車を追加。ただし20年は「ペースを落とし、新モデルの浸透に注力」。22年までの計画を”おさらい”してみよう

| フェラーリは「有言実行」の会社だった | フェラーリは今年の春に「2019年には5つのニューモデルが控えている」と発表。その後にF8トリブートとSF90ストラダーレを発表していますが、さらに間をお ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5