PHEV

マクラーレン・アルトゥーラを見てきた!この時点でここまで完成されたハイブリッドスポーツを出されると、他メーカーはさぞやりづらいだろうな・・・。

| スポーツカーとしてのパッケージング、バランスはマクラーレン史上最高かもしれない | さて、マクラーレンは初の量産(限定ではない)ハイブリッドスポーツ、アルトゥーラを発表していますが、さっそくアルト ...

米「カルマ」よりBMW製エンジンを発電機に使用したEV「GS-9」発表

米「カルマ」よりBMW製エンジンを発電機に使用したEV「GS-9」発表!スタイリッシュな外観にてシェア獲得なるか

| ここ2~3年はEVの発売ラッシュとなりそうだ | カルマ・オートモーティブがスタイリッシュな新型EV、GS-6を発表。カルマというとあまり馴染みがなく、しかし北米では一定の知名度を誇るEVスタート ...

ヒュンダイ・コナEV

ヒュンダイが「EVのバッテリーが炎上・爆発する」問題にて10万台のリコールを実施。全車バッテリーを入れ替えることになり、1900億円程度の費用(マツダの利益4年分くらい)がかかるとの報道

| ある程度は織り込み済みと思われるが、また株価が大きく下がることになりそうだ | さて、ヒュンダイが販売したEV/PHEV約10万台のバッテリーを入れ替えるというリコールを実施するという報道。内訳と ...

トヨタC-HRの中国版

電動化の先駆者だったのに、HVにこだわる間に「時代遅れ」になったトヨタ。ついに世界での基準にあわせて「EVを2モデル、PHEVを1モデル年内に投入」とコメントするも時すでに遅し?

| ただし、他社はもっと先に行っている。大丈夫かトヨタ? | さて、方々で聞かれるのが「トヨタがEVに本腰を入れ始めた」。トヨタは「プリウス」にてハイブリッドカー市場に参戦していますが、当時は「エンジ ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

ランボルギーニがその将来のあり方について公式サイト上でアンケート実施中!パワートレインについては「内燃機関」「PHEV」「ピュアエレクトリック」「水素」の選択肢があるぞ

| スーパーカーメーカーはときどき、こういったアンケートを実施する | さて、ランボルギーニが今後の企業のあり方、方向性においてのアンケートを公式ウエブサイト上にて実施中。その項目は多岐に渡りますが、 ...

ポルシェ・タイカン

大阪府が独自目標として「2030年までに、軽自動車含める新車販売のうち、電動車を90%にする」。そもそも90%に達するほどの電動車を自動車メーカーがラインナップしていない件

| どうも行政は現実を無視して物事を考えすぎる | さて、日経新聞によると、「大阪府が2030年までに、軽自動車を含めた新車販売のうち90%を電動車にする」という目標を掲げる、との報道。2021年度に ...

新型「ベンテイガ・ハイブリッド(PHEV=プラグインハイブリッド)」

新型ベントレー・ベンテイガ・ハイブリッド発表!モーターのみでの航続可能距離は70%増しの50kmへ。ベントレー「我々のクルマのオーナーのほとんどは一回に50km以下しか走らない」

| やっぱりまだまだエレクトリックモデルの購入には二の足を踏んでしまう | ベントレがーフェイスリフト版となる新型「ベンテイガ・ハイブリッド(PHEV=プラグインハイブリッド)」を発表。3リッターV6 ...

BMW i4

BMWがちょっとだけエレクトリック化に対して強気になり「2023年に電動化比率を20%にまで高める」。以前に比べて2年の前倒し

| 以前、BMWは「2025年でもエレクトリック化比率は”いいところ20%”」と述べていた | さて、BMWがエレクトリック化を加速させ、「2023年には新車販売の20%をエレクトリック化」するとコメ ...

新型三菱アウトランダーのリーク

新型三菱アウトランダー完全リーク!やはり日産とのパーツ/デザイン共有性が増しているようだ

| この新型三菱アウトランダーの画像は「匿名の情報源」からのリーク。おそらく内部から? | さて、フルモデルチェンジを迎える三菱アウトランダー。少し前には偽装付きにてテストを行うプロトタイプが目撃され ...

ポルシェ・マカンのガソリン給油キャップ

日本も2035年にガソリン/ディーゼルエンジン車の販売を禁止する方向へ!もう「ガソリン車販売規制」への流れは止めようがない

| ガソリンエンジン搭載の新型車を発売できるのも「あと数年」くらいとなりそうだ | さて、日本政府もカリフォルニア、中国、イギリスに続いてガソリン車の新車販売を2030年代なかばに禁止する方向で調整に ...

マクラーレン・アルトゥーラ

【動画】マクラーレン最新モデル「アルトゥーラ」ティーザー公開!V6+ハイブリッド、エレクトリックモードで30kmの走行が可能

| マクラーレンは先陣を切って普及(?)価格帯の「ハイブリッドスーパースポーツ」を投入 | さて、マクラーレンが次世代ハイブリッドスーパースポーツの名称について「アルトゥーラ(ALTURA)」を名乗る ...

ベントレー・コンチネンタルGT

ベントレー「2030年にガソリンエンジン完全撤廃。2023年までには全モデルにPHEV追加」。ここからの数年は急激に変化することになりそう

| ベントレーはようやく自らの道を決したようだ | 100周年を迎えたベントレーが、自社の開催したイベント”ビヨンド100”にて、「我々はサステナブル・ラグジュアリーモビリティにおいてリーディングカン ...

【今日のニュース:BMW編】5シリーズ最強PHEV「545e xDrive」発表、4シリーズカブリオレ試作車目撃、M2 CSがニュル94位にランクイン

| BMW 545e xDriveの効果音は映画音楽でおなじみのハンス・ジマー | さて、今日のニュース「BMW」編。 まずは5シリーズにプラグインハイブリッドモデル「545e xDrive」が追加さ ...

トヨタが中国にて販売する「広汽豊田」のクルマを見てきた!C-HR EV、カローラPHEV、RAV4現地版など。けっこう日本とは仕様や仕上げが異なるようだ

| やっぱり中国と日本との間には技術、好みの大きな差が横たわるようだ | さて、トヨタ・メガウェブに展示されていた「中国でトヨタが販売しているクルマ」。現在トヨタは中国市場において一汽集団、広汽集団と ...

【今日のニュース:環境編】ベントレーがエコな3Dウッド内装導入、ボルボのPHEV販売急増、BMW iNextのキドニーグリルの秘密、テスラが完全自動運転に近づく

| 世界は常に進歩している | さて、直近の自動車業界関連ニュース、とくに環境に関連するものをまとめておとどけ。まずは「ベントレーがウッド内装を強化」するとアナウンスし、フライングスパー向けに装備され ...

RAV4 PHVが人気すぎて発売一ヶ月で受注停止!受注再開の目処は立たず、なぜそんなに人気なのかを考えてみた

| 「PEHV=高くてもいい製品」という考え方の浸透、そしてRAV4 PHVの場合は”我慢して乗るエコカー”ではなくガソリン車よりも性能がいいから? | トヨタが6月8日に発売したばかりのニューモデル ...

BMW i8が生産終了

さよならBMW i8。予定より2ヶ月遅れて最後の一台がラインオフし、一つの歴史に終わりを告げる

| 残念ながら後継モデルの声は聞こえてこない | さて、BMWが「最後のi8をラインオフさせた」とアナウンス。BMWはi8を4月に生産終了させると発表していたものの、おそらくはコロナウイルスの影響なの ...

次世代BMW M5はEV化され、1006馬力 / 0-100km/h加速2.6秒とのウワサ。ポルシェ、AMGを抑えて一気にハイパフォーマンスセダンのトップへ?

| プラグインハイブリッド版は750馬力 | BMWはつい先日、フェイスリフト版となる新型5シリーズを発表し、その直後に新型M5のティーザー画像を(M部門のボス自ら)インスタグラムにて公開したばかり。 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f