>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore

>フォード(FORD)

フォードが2.3リッター「エコブースト」マスタングにパフォーマンス、ハンドリングを向上させて「エコ」でなくなるオプションを発表した件

マスタングがV8エンジンを搭載したアメリカンマッスルだったのは昔の話 フォード・マスタングに「パフォーマンスパッケージ」が追加に。正確に言うならば、2.3リッター4気筒「エコブースト」エンジン搭載モデルにパフォーマンスパッケージが追加されたということになり、ノーマルの310馬力から330馬力にパワーアップ。なお、「エコブースト」と「パフォーマンス」というのはやや矛盾があるように思いますが、そもそも「エコブースト」とはフォードの小排気量ターボ「環境」エンジン。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJもコンコルソ・デレガンツァに登場!その勇姿を見てみよう

コンコルソ・デレガンツァ京都2019には現行ランボルギーニも勢揃い さて、京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。総勢50台ものクラシックカーが一同に集いますが、会場には現行のランボルギーニ各モデルも。ここではアヴェンタドールSVJ、ウルス、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが展示されています。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ベントレー(Bentley) >マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ドバイからスーパーカーオーナー向けの「高級カスタムキー」登場!その価格はアヴェンタドールSVJも購入できる6200万円

ランボルギーニ、ブガッティ、ベントレー、ポルシェ、マセラティ等に対応 ドバイ拠点の「AWAIN」がラグジュアリーカー/スーパーカー向けの超高級キーを発表。ラインナップとしては「ファントム」「クァンタム ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスが「前席と後席とを隔絶する」映画によく出てくるアレを実装。後席はどこからとも切り離された空間に

前席と後席とも会話はインターフォンを通じてしかできない ロールスロイスがロングホイールベース版ファントムの新しいカスタムとして「プライバシースイート」を発表。これは(今までになかったのが不思議な)前席 ...

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >その他アメリカ車 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ランボルギーニ、アストンマーティンがフェラーリを抜く!2019年3月の輸入車販売はけっこう激動

ロールスロイスは18台も登録。やはりカリナン効果? さて、2019年3月の輸入車登録実績が公開に。3月はけっこう様々な動きがあり、上位だとアウディがボルボを抜き返して5位に浮上。ただし前年比64.6% ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

早くもカスタムレベル激高のロールスロイス・カリナン登場。何から何まで計算済みの上級者と見た

| ロールスロイス・カリナンはこれまでにない顧客を獲得している | アメリカにて目撃されたというロールスロイス・カリナン。グレーのボディカラーにレッドのコーチライン、レッドのホイール、ブラックアクセン ...

>ブガッティ(BUGATTI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスがブガッティ・ヴェイロンのデザイナーを獲得。今後は新任デザイナーの風貌のようにラフでワイルドなイメージにシフトか

これまで、ロールスロイスはこういった風貌の人物を前に出したことはない ロールスロイスが「新しいデザイン部門のボス」としてジョゼフ・カバーニュ(Jozef Kabaň)が就任した、と発表。これは昨年の夏 ...

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイス「HVよりもEV。バッテリー技術の進歩を待ち、一気にEVへと進化する」。ロールスロイスの求める静粛性はEVでないと実現できない

ロールスロイスのウリは「魔法のじゅうたん」。これほどエレクトリック化とマッチングの良いブランドはほかにない ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏によると、「我々はエレクトリック化 ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイス「カリナンの受注が止まらない。従業員数は過去最多なのに生産が追いつかない」。なお注文の多くは若年層と女性

2017-2018年は「新SUV元年」だった ロールスロイスは「ブランド初」のSUVとなるカリナンを発売していますが、この反響は凄まじく、「生産が全く追いつかない」とのこと。ロールスロイスはすでに20 ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

米ラッパーがロールスロイス・カリナンのカスタム一番乗り。ボディはレッドからブルーにラッピング、ホイールは24インチのブラックへ

グリルやドアハンドル、ミラー等はブラックへラッピング おそらくはロールスロイス・カリナンの納車後カスタム「第一号」が登場。カリナンは発表直後から大きな人気を博しており、とくにセレブ層や女性に人気が高い ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

「宇宙」テーマのロールスロイス・ファントム”トランキリティ”登場!ロケットや探査機モチーフのデザインそして実際に”隕石”が使用され25台のみが限定販売

まさに宇宙空間の静寂が感じられる ロールスロイスがファントムに新たな限定モデル「ファントム・トランキリティ(Phantom Tranquillity)」を追加。”Tranquillity”とは「静寂」 ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

マンソリーが「ロールスロイス・カリナン・ビリオネア」発表!十億長者向け、限定13台。価格は1億円なるも十億長者にとっては「平民の1万円以下」という金銭バランス

インテリアにはクロコダイルレザーを使用 マンソリーがロールスロイス・カリナンのカスタムカー「ロールスロイス・カリナン・ビリオネア(Rolls-Royce Cullinan Billionaire)」を ...

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >シボレー(CHEVROLET) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

2019年2月の輸入車販売。SUVのあるなしで明暗くっきり、フィアットとアバルトが謎の人気化、そしてフェラーリはいつの時代も強さを発揮

アストンマーティンは販売が沈み、マクラーレンは躍進著しい さて、2019年2月の日本国内における輸入車登録。ここ数ヶ月けっこう大きな動きがあり、メーカー/ブランド間での「勝ち負け」が明確に出ているよう ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスCEO「BMWがいなければ我々は死んでいただろう。その援助がなければどこにも行けず、未来を見いだせなかったはずだ」

「BMWにはお礼を言いたい」 ロールスロイスは過去最高の販売を達成し、従業員数も過去最高となったと公表していますが、ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベッシュ氏が「BMWの助けがなければ ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

ロールスロイス・カリナンは世界中で大人気!クリスティアーノ・ロナウド選手にも納車されコレクションに加わる

内装、外装ともにホワイト 「最も稼ぐスポーツ選手」、クリスティアーノ・ロナウド選手にロールスロイス・カリナンが納車。ボディカラーはホワイトで、ロナウド選手は比較的ホワイトやシルバーといった無彩色を好む ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロールスロイス(Rolls-Royce)

次期ロールスロイス・ゴーストがテスト中。ファントム顔にレイスのボディといった雰囲気で大幅に「若返り」?

ファントムとの区別を明確にするためかも ドイツはミュンヘンにて、新型ロールスロイス・ゴーストのプロトタイプが目撃に。現在ロールスロイスはSUVとしてカリナン、4ドアサルーンだとファントムとゴースト、2 ...

>ポルシェ911関連 >マセラティ(Maserati) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■近況について ■ニュース

【大阪オートメッセ】VIPからレーシングカーまで!ポルシェ、アウディ、ランボルギーニなど欧州車のカスタムを見てみよう

一番気になったのは戦闘機風のアウディR8 さて、大阪オートメッセ2019編、今回は「輸入車」。オートメッセの中でインポートカーは少数派ではあるものの、それでもあまり見る機会のないスーパーカー、そして過 ...

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■近況について ■ニュース

【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向けた別世界のラグジュアリー

なぜロールスロイスが高価なのかを述べてみたい さて、ロールスロイス・カリナンに試乗。ロールスロイス・カリナンはロールスロイス「初の」SUVとなり(当初ロールスロイスはSUVではなくHSVと呼んでいたが ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.