>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWが3.6年分の販売台数に相当する17万台規模のリコール実施。ゴルフは5.7万台、ポロは5万台が対象となり「最悪の場合は走行不能」

| フォルクスワーゲン自慢のDSGに不具合発生 | フォルクスワーゲンが176,068台にもおよぶ大規模リコールを発表。なお、フォルクスワーゲンの2018年における販売台数は通年全モデルで49,036台なので、この176,068台は「3.6年分」の販売台数に相当する、ということですね。なお、リコールの内容としては「DSG(デュアルクラッチ変速機)」のパーツ強度が不足しており、最悪の場合は走行不能になる、というもの。対象となるモデルはシロッコ、ポロ、クロスポロ、ジェッタ、ゴルフ、ゴルフカブリオレ、ゴルフヴァ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・パナメーラ関連

これが限定モデルのポルシェ「パナメーラ820」? 820馬力を発生しニュル最速セダンの座を狙う限定モデルか

| 前後には見たことのないエアロパーツを装着 | ここ最近、フェイスリフトバージョンのプロトタイプが目撃されているポルシェ・パナメーラ。今回はニュルブルクリンクを走行する姿がスパイフォトとして捉えられていますが、これまでの個体とはちょっと違う仕様を持っています。この個体を見ると、フロントには「地面スレスレの」フロントリップスポイラーが装着され、リトラクタブル式のリアウイングにはガーニーフラップのようなものも。

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディが新型RS6アバントを発表。600馬力に前後ワイドフェンダー、盛り上がったボンネットで武装した超速ワゴン

| RS6アバントは欧州でも高い人気を誇るハイパフォーマンスワゴン | アウディがハイパフォーマンスワゴンの代名詞、「RS6アバント」のモデルチェンジ版を発表。搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは600馬力を発生するに至り、トランスミッションは8速AT、駆動方式はもちろん4WD。0-100キロ加速は3.6秒、最高速度は(紳士協定によるリミッター作動にて)250km/hだと公表されています。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】現時点で新型スープラの最高出力!米DMEチューニングがスープラを527馬力にまでパワーアップさせることに成功

| 短期間でここまでパワーアップさせるとは。チューナーの技術もさることながらスープラのポテンシャルにも脱帽 | 新型スープラのチューンは現在注目度が非常に高く、どのショップにとっても「名を売るチャンス」。そのため、北米で新型スープラの納車が始まると同時に各チューナーがカスタムを始めているのが現状ですが、今回は「DMEチューニング」がシャシーダイナモ上で527.67馬力にまでスープラをパワーアップさせることに成功しています。なお、DMEチューニングのFacebookページを見る限り、マクラーレンやフェラーリ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■映画や音楽、本について

ワイルドスピード次回作(9作目)にブライアンを連想させるオレンジのトヨタ・スープラが登場!複数台用意され重要な役割を果たす?

| やはりワイルドスピードにスープラは欠かせない | ワイルドスピード9作目(タイトル未定、アメリカでは2020年5月22日に公開予定)のロケの風景(ジョージアの首都、トビリシにて)がインスタグラマー、 _pw40_によって公開。これを見ると、驚くべきことに「オレンジの」スープラが登場しています。オレンジのスープラといえば、ワイルドスピードの初回作にてポール・ウォーカー扮するブライアン・オコナーがドライブしたことで一気にスープラ人気がブレイク。とくにフェラーリとの対決において、フェラーリのドライバーにブラ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツが「世界初のピュアエレクトリック・プレミアム・ミニバン」、EQV発表。”EVとミニバン”は意外といい組み合わせかも

| ベースはメルセデス・ベンツVクラス、しかし紛れもない”EQ顔” | メルセデス・ベンツが突如「世界初のラグジュアリー・エレクトリック・ミニバン」、EQVを発表。これは今年のジュネーブ・モーターショーにて「EQVコンセプト」として公開されていたものではありますが、先に発表されたEQCのようにティーザーキャンペーンが行われないままに登場した、ということに。メルセデス・ベンツいわく「ゼロ・エミッションとドライバビリティとの両立」を達成したとしており、実車のお披露目はフランクフルト・モーターショー会期中(9月 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【動画】世界に一台、日本人オーナーの「ミウラ・イオタSVR」が米イベントに登場!ランボルギーニのデザイナーもそのサウンドに心奪われる

| 動画をインスタグラムに投稿したのはランボルギーニのチーフデザイナー | 世界に一台のみが存在する、ランボルギーニ・ミウラ”イオタ”SVR。今回そのミウラ・イオタSVRがペブルビーチ・コンクール・デレガンスに登場してそのサウンドを披露しています。なお、このミウラは、ランボルギーニが「5台の特別なミウラを展示する」としていたうちの一台で、日本人が所有している個体。もともとは1968年に通常の「ミウラS」として、そしてグリーンにペイントされていた個体ではあるものの、1974年にドイツ人のハインツ・シュトラー ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリ「11月に新型GTカーを発表する」。9月にも2モデルを投入し、フェラーリのラインナップが一気に拡大する可能性(というか確実に拡大)

| ここ最近のフェラーリは「追いつけない」ほど展開が早い | フェラーリ会長、ジョン・エルカーン氏によると、フェラーリは「GTカー」のラインナップを拡大する、とのこと。ちなみにフェラーリの「GT」ラインナップとはポルトフィーノ、GTC4 Lussoを指し、このほかには「スポーツ」としてF8トリブート、812スーパーファスト、そして「スペシャルモデル」として488ピスタ、「ICONA」としてモンツァSP1/SP2という構成となります。その上フェラーリはSF90ストラダーレを発表し、さらに今年中には「数台」の ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミッションE/タイカン関連

ポルシェが”タイカン”のティーザー画像と動画を公開。アップルミュージック対応のインテリア、ナルド・サーキットでは24時間連続走行

| ポルシェ・タイカンの発表はいよいよ9月4日に迫る | ポルシェが9月4日のタイカン発表に向け、ティーザー画像そしてティーザー動画を公開。ティーザー画像の方はそのダッシュボードを捉えたもので、「いかにもポルシェらしい」GT仕様のステアリングホイール(アルカンターラ巻きでけっこうレーシー)、そしてダッシュボード上のスポーツクロノを確認できます。なお、ポルシェは「いずれのモデルでもパーツやデザインを共通化」する傾向にあり、今回の画像を見るに、タイカンにおいても”エレクトリックモデルといえど”911他モデルと ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など

ロレックス神話崩壊?デイトナすら値下がりが続く状況の中、バイヤーは「パテックとオーデマピゲは比較的安全」

| もはやロレックスのプレミア価格は「買うに値しない」ほどだとバイヤーは考えている | 夏以降、ガツンと相場が下がっているロレックス。買う方としては大歓迎な事態ですが、バイヤーによっては「かなり危険」だと見ていて、ロレックスのストックは持ちたくない、と考える人もいる模様。そしてウォッチバイヤー、CRM Jewelers氏もその一人のようですね。たとえば、近年の値上がり代表格、通称”バットマン”ことGMTマスターII/126710BLNR(ジュビリーブレス)につき、価格.comによると、ピーク時の268万円 ...

ReadMore

レストア

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■ニュース

ランボルギーニが日本人所有の「世界で最も有名なミウラ」をペブルビーチに出展すると発表。そのほか前イランのパーレビ国王が所有していたミウラなど合計5台を展示

| いずれのミウラにも「ドラマ」がある | ランボルギーニが、8月18日より開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスにて、「5台のミウラ」を出品する、と発表。これらミウラはランボルギーニのクラシ ...

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

ランドローバーが「過去の」ディフェンダーを対象にサスペンション、ブレーキのアップグレードキットを発表。こういったサービスがあると「ずっと乗り続けよう」と思う

| 新車を売る以外に、すでに買ってくれたユーザーを大事にすることも自動車メーカーの大事な仕事だと思う | ランドローバーはもうじき「新型ディフェンダー」を発表することになりますが、それを目前に「従来型 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

元F1チャンプ、マリオ・アンドレッティ所有のランボルギーニ・カウンタックが販売中!最も成功したレーシングドライバーはこんなクルマに乗っていた

| F1ドライバーがランボルギーニを自分のクルマとして乗るのは珍しい | マリオ・アンドレッティが所有していたランボルギーニ・カウンタックが販売中。マリオ・アンドレッティは1978年にF1ワールドチャ ...

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

まさかの公式!VWがかつての「ワーゲンバス」をEVにコンバートし公開。サスペンションはポルシェとの共同開発

| ホイールなどのデザインは「ボタニカル」 | フォルクスワーゲン・オブ・アメリカが「ワーゲンバス」ことフォルクスワーゲン・タイプ2をレストア。これは、フォルクスワーゲンの「エレクトロニクス・リサーチ ...

>ポルシェ911関連

ジンガーは3台のポルシェ911カスタムをグッドウッドへ。「メツガー・エンジン」搭載のジンガーDLSも登場

| 最近のジンガーでは「前後異なるデザインのホイール」が流行? | このところあまり話題のなかったジンガー・ビークル・デザイン。ポルシェ911をレストアする過程で独自のデザインやパーツを盛り込み、その ...

>フォード(FORD) >その他イギリス車

【動画】こう見えてピュアEV!フォードの許諾を得て英メーカーが「エレクトリックマスタング」を発売。ただし499台限定、4100万円

| 価格設定がかなり強気に思えるが、EVは現時点で高くならざるを得ない | フォードはマスタングをエレクトリック化し、かつSUV化した車両を発売すると報じられています。ただし今回紹介するのはフォード自 ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■バイク(自転車/自動二輪)

なぜ?ホンダが北米展開60周年を記念し「シボレー」のトラックをレストアして公開。その真意とは

| ホンダのアメリカ展開はここからはじまった | ホンダが「アメリカ進出60周年」を記念し、シボレーのトラックをレストアして公開。え?ホンダがシボレーを?と思いますが、これはホンダが60年前にアメリカ ...

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

初代レンジローバーのレストア+カスタムが登場。オリジナルの雰囲気を守りつつも細部は現代風にアップデート

| いかにライバルが登場しようともレンジローバーの魅力は色あせない | オフローダー専門のカスタムビルダー、レガシィ・オーバーランド(Legacy Overland)がその最新作であるレンジローバーを ...

>その他ポルシェ関連/ニュース

こんなポルシェ見たことない!356に964の足回り、レース用パーツを組み込んだ魔改造車が登場。出力400PS、重量は884kg

| 制作にかかったのは丸4年、細部にまでこだわった仕上がりを見よ | これまでも何度かポルシェ356のカスタム+レストア=レストモッドを披露してきたエモリー・モータースポーツ(Emory Motors ...

>ジャガー(Jaguar)

ジャガーが英人気モデルのために1956年製「XJ120」をカスタム。出力向上、高速走行に耐えるほか、内装はヴィンテージレザーでドレスアップ

| モデルならではセンスで内外装をオシャレに変更 | ジャガーが1948年から1954年にかけて製造していた「XK120」をレストアして公開。すでに70年が経過するクルマとなりますが、これはエンジン型 ...

>日産/インフィニティ(Infinity)

1970年製、S30世代の日産フェアレディZが1400万円で落札。今後Zの価格も上昇することに?

| こういった前例ができてしまうと今後の価格も上がらざるを得ない | 1970年製のS30型日産フェアレディZ(北米ではダットサン240Z)がなんと1400万円で落札。これまでもフェアレディZは非常に ...

>フォード(FORD) ■ニュース

【動画】1969年式マスタングを785馬力、未来風にカスタム!エンジン始動は指紋認証、機能操作はすべてタッチパネルにて

こういった発想はアメリカ人ならでは アメリカのチューナー、マンチコア・プロジェクト(Manticore Project)が1969年製フォード・マスタングのカスタムを披露。いわゆるレストモッド(レスト ...

>その他アメリカ車

ハマーH1のレストモッド専門会社が送り出すカスタムハマーが人気に。1台3300万円から、12台限定

| 2年かけて12台を生産、現在は6台目 | ハマーのカスタムを得意とする、ミルスペック・オートモーティブ(Mil-Spec Automotive)がその新作ハマーを公開。なおベースとなるのは「ミルス ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ボディカラーは「グラファイトグレー」。美しくレストアされた”もっとも価値あるメルセデス・ベンツ”、300SLが競売に登場

| インテリアはライトグレー、なんとなく「イマ風」に | 美しくレストアされたメルセデス・ベンツ300SLが中古市場に登場。メルセデス・ベンツ300SLは1954−1963年の間に製造され、「世界初の ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

南アフリカで発見された「幻のMカー」、530 MLE。もう二度と見つからないと思われていたものの、当事と同じスペックとカラーにレストアされて公開に

2019/5/31    , , , , , ,

| 幻のクルマだけに当事の記録がなく、レストアにあたっては当事のメカニックを再招集 | 昨年、BMW南アフリカが「希少な530 MLEが発見され、レストアを開始する」と発表したのは記憶にあたらしいとこ ...

>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■映画や音楽、本について

元オーナーは伝説のミュージシャン!世界に6台のみ、「アッズーロ・メキシコ」のランボルギーニ・ミウラがレストアされ公開に

| ミウラはどんなボディカラーでもよく似合う | ランボルギーニのクラシックカーを扱う部門、「ポロストリコ」。車体のレストアのみならず、パーツの復刻、説明書の復刻販売も行っています。そして今回、「ラン ...

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが「レストアしない」と決めた、重量わずか450kgのヒルクライムマシン、910/8。その理由とは

| 「レストアしない」のはレストアによってそのオリジナリティが失われるから | ポルシェミュージアムには640台もの「未レストア」車両があるそうですが、その中でレーシングカーは3台のみ。そしてその3台 ...

>ミニ(MINI)

これがクラシックミニのレストモッド「ミニ・リマスタード」の内装だ!”スキーリゾートにぴったりの”1台1500万円、セレブな一台

| ボディカラーは”ストームブリンガー”と”スノーブラインド”の2トーン | ジュネーブ・モーターショーに出展されたクラシックミニのレストモッド、「ミニ・リマスタード」。これはイギリスのデビッド・ブラ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.