■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニが起死回生を賭けるピュアEV「ミニクーパーS E」の動画を公開し7/9に公開すると発表。しかし競争力を発揮できないだろうと思うその理由

| もはや”ミニだけしか持ちえない”優位性は失われた | ミニが初の量産EV「ミニクーパーS E」を7月9日に発表するとアナウンスし、それにあわせてティーザー動画も公開。現時点ではスペックについては一切語られず、しかし動画を見るとその姿は「紛れもないミニ」。走行する姿を見るに、つい先日目撃されたプロトタイプと同一のカラーリングを持っているようですが、該当プロトタイプが目撃されたのは今回のプロモーションビデオ撮影現場だったのかもしれませんね。 これがピュアエレクトリックMINI、「ミニクーパーS E」だ!偽 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクの市販車ラップタイムランキング最新版。2019年前半は大きな変動がなく上位安定

| 波乱の2018年とは大きく異なり天下は平定された | さて、2019年も半分を過ぎたため、ニュルブルクリンクのラップタイムのランキングを整理。ただ、2019年は大きな変動はなく、いくつかのクルマが上位以外に入ってきたくらい。具体的には43位のフェラーリ812スーパーファスト、56位のポルシェ718ケイマンGT4(暫定)、70位のBMW M5コンペティション、86位のルノー・メガーヌR.S.がランクインしています。

ReadMore

>プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

| プジョーのデザインはここ数年で大きくライバルを引き離した | プジョーが新型2008を発表。2013年に発売された初代に続く2代目ということになりますが、欧州車にしてはけっこう早いタイミングでのモデルチェンジだと思います。おそらくは、ベースとなる208が新型へ移行したことで多くのパーツ/コンポーネントを流用できる、またそのほうが生産効率が良いであろうこと、そして競争が厳しいコンパクトSUVクラスでの競争力確保、といったところがその理由ではないかと考えています。 新型プジョー208発表!ライバルが一気に ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVandenbrink Designが公開したもので、ベースは612スカリエッティ。正直、「最初からこうだったんじゃないか」と思えるほどの自然さを持っており、無理やりっぽさがまったく感じられないカスタムカーです。なお、もとのフェラーリ612スカリエッティはこんなクルマ。

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターをNAのまま「リッターあたり100馬力超え」に。1馬力あたり1万円のリーズナブルなチューニングキット登場

| これまではハードルの高いターボキットしかラインアップれていなかった | マツダ・ロードスターのターボチューンで知られるイギリスのBBR。これまでも「ポン付けターボキット」等を発売してきたものの、今回は珍しく「ターボ無し、自然吸気エンジン」のままでパワーアップを目論むチューニングプログラムを発表。日本以外の国だとロードスターのエンジンは1.5リッターではなく2リッターを採用しているため、今回発表されたのも「2リッターSkyactiv-Gエンジン向け」ということになりますが、このチューニングキットには”得 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェラーリ599GTBは中国は南方のドンガンにて警察署が保管している個体で、保険未加入、かつ未登録が発覚したための押収された個体だそう(一部の国や地域では無保険は違法)。この(み保険、未登録という)事実は、このフェラーリが事故を起こした際に発覚したものだとされ、つまり装着されるナンバープレートも「違法に」取得した ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

アクラポヴィッチの炸裂音はハンパない!マフラーほかホンダCBR250RRのカスタム(2)

さて、購入したバイク、ホンダCBR250RRのカスタム第二弾。前回はETC車載器やフロントスクリーン、ビレットレバーなどを紹介しましたが、今回はそれに続くカスタムを紹介してみたいと思います。まずはアクラポヴィッチ(AKRAVOVIC)製マフラー。CBR250RR用のアクラポヴィッチ製マフラーには「競技用」と「合法(JMCA認定)とがありますが、ぼくが取り付けたのは「合法」アクラポヴィッチ。早朝や深夜に出入りすることがあるということ、そもそもマフラー交換は音量を変えたいわけではなく見た目の変化を求めたこと、 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

コレ出たらゼッタイ買う!アウディTTのオフローダー、「TTサファリ」が公開に

| 今のところワンオフモデル、残念ながら市販化の可能性は低い | アウディがファンイベント向けに制作されたアウディTTのワンオフモデル、「TTサファリ」を公開。フォルクスワーゲン、アウディ、シュコダは毎年こういったイベントを開催しており、そのイベントにて「研修生が製作したカスタムカー」を公開するのもまた通例。フォルクスワーゲンは毎年ゴルフのカスタムカーを公開することでも知られていますね。 VWが毎年恒例の「GTI祭り」に380馬力のゴルフGTI、400馬力のゴルフRを出展。このまま市販して欲しいレベル

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンの新型ミドシップスポーツ、AM-RB003の名称は正式に「ヴァルハラ」になると発表。限定500台、1.5億、1000馬力のハイパーカー

| どう考えても死角が見つからない | アストンマーティンがは開発中のハイパーカー「AM-RB003」について、その名称が「ヴァルハラ(Valhalla)」になると発表し、同時にロゴも公開しています。AM-RB003はその名からもわかる通り、「AM-RB001」ヴァルキリーに次ぐハイパーカー。※002が欠けているのは、ヴァルキリーAMR Proが”002”に該当するからだと思われるそしてヴァルキリー同様にレッドブル(RB)が開発に参加し、ヴァルキリーとの強い共通性が感じられるデザイン、そしてミドシップレイ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M2 CSのインテリアがはじめて目撃。なおボディパーツの多くはカーボン製とのウワサ

| 一説によると「想像するよりも遥かにアグレッシブな外観を持つ」という話も | 色々とウワサの絶えない期待のニューモデル、BMW M2 CS。これまでにも様々なスパイフォトが公開されていますが、今回は「インテリア」がはじめて捉えられることに。なお、今のところBMW CSについての確たる情報は少なく、すべては「ウワサ」程度にとどまります。

ReadMore

印象

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

骨の髄までスパルタン!ホンダのスーパースポーツバイク、CBR250RRが納車された

| ある意味、我が家でもっともスパルタンな乗り物に | さて、先日注文したバイク、ホンダCBR250RR<ABS>(MC51)が納車に。ぼくは突然バイクやクルマを購入することがありますが、今回もやはり ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】トヨタ・スープラと86との比較試乗。「86のほうが楽しいんじゃないか」→その理由とは?ちなみにスープラのステアリングはフェラーリ並のクイックレシオ

| このホイールベースでこのステアリングレシオということは「超絶ハンドリングマシン」 | 新型スープラが発売されてしばらく経ちますが、発売当初によく言われたのが「86の存在意義が薄くなった」。しかしな ...

>ジャガー(Jaguar) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

「シビれるジャガー」、I-PACEに試乗してシビれてきた!これは何も「我慢する必要のない」新しい時代のEVだ

| ガソリン車にできてI-PACEにできないことは何もない | さて、「シビれるジャガー」、I-PACEに試乗。I-PACEはジャガー初のピュアエレクトリックカーで、内燃機関を(発電用としても)持たな ...

>ジャガー(Jaguar) ■近況について ■ニュース

シビれるジャガー!ブランド初のEV、「I-PACE」を見てきた。ジャガーの伝統と未来、そしてSUVの利便性とスポーツカーの走りを併せ持つ新しい乗り物だった

| 正直、これは期待以上だ | ジャガー初のフルエレクトリックモデル、「I-PACE(I-ペイス)」。さっそく展示試乗会へと行ってきましたが、まずはその内外装のインプレッションからお届けしたいと思いま ...

●ポルシェ718ケイマン(982) ●アウディTT(8S) ■ニュース

しばらくポルシェ718ケイマンに乗ってみた印象を述べてみる。以前に乗っていたアウディTTとはどう違う?

| ドライバビリティはポルシェ718ケイマンが上、それ以外はおそらくTTのほうが全般的に優れる | さて、早いものでポルシェ718ケイマンが納車されてから8ヶ月以上が経過。その間の走行距離は約1500 ...

>フェラーリ(Ferrari) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

【試乗:フェラーリGTC4ルッソT】フェラーリではもっとも静かで快適、しかしもっともフェラーリなのもこのクルマだ

| 実のところ、ぼくフェラーリについてはミドシップよりもフロントエンジンのほうが好きだ | さて、フェラーリGTC4ルッソTに試乗。これはフロントにエンジンを積んで「4人乗り」、しかもワゴンボディとい ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:トヨタRAV4】欧州が求める走行性能、北米が求める快適性を併せ持つ高品質SUV!ここまでコストのかかったトヨタ車も珍しい

| 世界SUV販売No.1だからこそ多額のコストが投じられている | さて、新型トヨタRAV4に試乗。結論から言うとその出来栄えに驚かされた「非常に良いクルマ」。RAV4は2016年と2017年に世界 ...

>マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/中編】ステアリング、ペダルなど操作系の剛性は比類ない。サスペンションはショック少なめ、ダンピングは強め

さて、マクラーレン720試乗「中編」。前回はその内外装を見てきましたが、内外装の印象としては、「歴史がないことを逆手に取って、現代の素材や技術をフルに活用し、マクラーレンが納得できるレベルで新しく設計 ...

>マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/前編】ゼロヨン最速、F1コンストラクターが作った「スーパーカー」は合理性に溢れている

マクラーレン720は「目で見てわかる」機能性に溢れている さて、マクラーレン720Sに試乗。ぼくはマクラーレンのクルマを非常に高く評価していて、それはF1コンストラクターならではの合理的な設計(なにも ...

>アウディ(Audi) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:アウディA6アバント】いかなる環境でも、もっとも安全に、最も早く目的にたどり着けるクルマ。”もっともアウディらしいアウディ”

これほどすべてを高い要件で満たしているクルマもほかにない さて、アウディA6アバントに試乗。正確に言うならば、ランボルギーニ・ウラカンを12ヶ月点検に出した際に(ランボルギーニ大阪さんから)貸していた ...

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■近況について ■ニュース

【試乗:BMW3シリーズ(G20)】もはや「3」を超えて「5」に近い!とことん快適性を追求し、その乗り味はレクサス的な一面も

メルセデス・ベンツ、アウディの持つドイツ車的印象からは大きく離してきた さて、モデルチェンジされたばかりの新型BMW 3シリーズに試乗。試乗車として配備されたのは「320i M Sport」で、内外装 ...

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン雑感。納車半年で1万キロ走った印象を述べてみようと思う

ポルシェは「乗れば乗るほど」味がわかってくるクルマだ さて、いつの間にかポルシェ718ケイマンも納車から半年が経過。その間に走った距離は約1万キロですが、ここで現時点での印象などをまとめてみようと思い ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:アルファロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオ】現時点では試乗したSUVの中で1、2を争う素晴らしさ。ポルシェファンのボクも脱帽だ

正直、ここまでの出来とは思ってなかった さて、先日はアルファロメオ初のSUV、「ステルヴィオ」とのトップレンジであるクアドリフォリオの内外装を画像にて紹介しましたが、今回はその試乗レビューをお届けした ...

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのレビューが登場し始めたぞ。日本にもそろそろ上陸?

思ったよりもカーボンだらけだった さて、昨年8月に衝撃の発表となったランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。SVJ」とは「スーパー・ヴェローチェ・イオタ」を表し、「スーパーヴェローチェ」はイタリア語で ...

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:アルピーヌA110】ポルシェ718ケイマンのライバルではなくまったくの「別モノ」。実際に運転してわかったその真実

むしろアルファロメオ4Cのほうがライバルになりそう さて、待望のアルピーヌA110に試乗。すでに本国では発表されて久しいクルマではありますが、日本やイギリスなど「右ハンドル」国での発売は後回しにされて ...

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】新型ポルシェ911(992)の試乗レビューが公開に。「端から端までがまさに911。正常に、賢く進化した」

細かいところは「大きく」変わっている ポルシェ・ファナティックとして有名なクリス・ハリス氏がさっそく新型ポルシェ911カレラS(992)をサーキットにて試乗し、そのレビューを公開。新型911カレラSに ...

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■近況について ■ニュース

アルピーヌA110を見てきた!スーパーカー並みのデザインに高級車の質感を持つインテリアはスポーツカー最強クラス(後編)

正直、ここまでの出来だとは思わなかった さっそく見てきたアルピーヌA110のインプレッション、今回は「内装」編。前回は、その「軽量」イメージとは裏腹に細部に至るまで美しくデザインされ、装飾的とまで言え ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:レクサスUX250h】ついにレクサスはここまできた!欧州車とは対極にある「レクサスにしかできない」新境地を切り開いた上質SUV

レクサスがやりたかったことがこの”UX”でついに結実した さて、期待のレクサスUXに試乗。レクサスUXにはガソリンエンジンの「UX200」とハイブリッドモデルの「UX250h」とがありますが、今回試乗 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.