>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

レクサスが2020年に高レベルの自動運転を搭載。加えてコネクティビティ強化、エレクトリック化加速についても言及

| トヨタと日産はやたらと「自動運転とコネクティビティ」にこだわる | レクサスが(アメリカでの”30周年”イベント開催時に)2020年に自動運転搭載モデルを発売する、と公表。これによると「レクサスのレベル2自動運転は、高速道路の入口から出口まで」を自動で走行できるとしており、レーンチェンジや追い越しも可能だそう。レクサスは自動運転には比較的力を入れていて、これまでにも何度か自動運転のテストを公開している他、すでに「今後の自動運転に繋がる高度運転支援技術」としてLEXUS Co Driveを一部車種に標準 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期日産日産GT-Rの将来は不透明?GT-R開発責任者すら「どうなるかわからない」状況にて、まずはオーナーに対して調査を開始した模様

| モデルチェンジを行う、もしくは方向性を決めるには「今は時期が悪すぎ」り | これまでに何度と無く出ている、新型日産GT-R(R36?)のウワサ。ハイブリッドになる、エレクトリックになる、いやガソリンエンジンという話もあり、とにかくその内容が定まらないのが実情です。今回はトップギアが、GT-R開発責任者にして第一商品企画部チーフ・プロダクト・ スペシャリストである田村宏志氏の弁として、新型GT-Rについていくつかの情報を公開しています。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

こんな過激なワゴンは見たこと無い!世界で最もパワフルな4気筒エンジン搭載、メルセデスAMG CLA45/CLA 45Sシューティングブレークが発表

| メルセデスAMGはその拡大の手を緩めない | メルセデス・ベンツは先日「メルセデスA45」「メルセデスAMG CLA45」を発表したところですが、今回はワゴンボディを持つ「メルセデスAMG CLA45シューティングブレーク」を発表。「A」のつくシリーズはメルセデス・ベンツではもっともコンパクト、そしてFFベースとなりますが、メルセデスAMG CLA45シューティングブレークは4WDつまり「4MATIC」を採用し、387HP(CLA45)もしくは416HP(CLA 45 S)を発生する”M139”エンジ ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

特注カラーの「ジアッロ・モデナ」に彩られたエンツォフェラーリが販売中。そのデザインにはこういった秘話があった

| 最終的に採用されたデザインは「代案」だった | ロンドンのエキゾチックカーディーラー、DDクラシックスにて、エンツォフェラーリの中古が販売中(価格はASK)。ボディカラーは「ジアッロ・モデナ」で、これはエンツォフェラーリの場合、スペシャルオーダーカラー扱いになる、とのこと。ちなみにF40のボディカラーは選択の余地がなく「全てレッド」だったとされていますが、その後のF50や、このエンツォフェラーリも同じような状況だったのかもしれませんね。 フェラーリF40は今年で30歳。その歴史、仕様などを振り返ってみ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダCX-30欧州スペックの画像、そしてエンジンラインアップが公開。その美しい姿を見てみよう

| 価格は公開されていないが、おそらくはCX-5に近い値付けになりそう | マツダが欧州仕様のCX-30についてスペック、そして画像を公開。CX-30はマツダ3に続く新世代商品第二弾という位置づけとなっており、CX-3とCX-5との中間といった設定。印象としてはCX-5のクーペ版というもので、プレミアム感の強い内外装を持っています。なお、CX-30のボディサイズは全長4,395ミリ、全幅1,795ミリ、全高1,540ミリ。CX-3は全長4,275ミリ、全幅1,765ミリ、全高1,550ミリ、そしてCX-5 ...

ReadMore

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

車内に暖炉!ルノーの斬新なコンセプトカー「ルノー・フォー・ロシア」を見てみよう

| ピュアEV、完全なる自動運転車 | CGアーティスト、 Artyom Trofimenko 氏がルノーの新型コンセプトカー、「RENAULT FOR RUSSIA」を発表。名称はそのまま「ロシアのためのルノー」となりますが、これはデザインコンペに出展された作品のようですね。そのスタイルは先進的で、外観から想像できるとおり「自動運転」を備え、パワートレーンは「フルエレクトリック」。

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

まさかの公式!VWがかつての「ワーゲンバス」をEVにコンバートし公開。サスペンションはポルシェとの共同開発

| ホイールなどのデザインは「ボタニカル」 | フォルクスワーゲン・オブ・アメリカが「ワーゲンバス」ことフォルクスワーゲン・タイプ2をレストア。これは、フォルクスワーゲンの「エレクトロニクス・リサーチ・ラボラトリー」が名称を変更し「イノベーション・アンド・エンジニアリング・センター・カリフォルニア」として新たに出発することを記念したプロジェクトだそう。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

G-SHOCKにカーボンモデル続々発売!MUDMASTERにもカーボンケース&ベゼル採用のGG-B100が登場

| これにソーラーが内蔵されていれば「即買い」だったが | カシオが7月の新製品として、カーボンを使用した「MUDMASTER GG-B100」系を発売。カシオはこれまでも「強固、堅牢」な素材としてウレタン樹脂とメタルとケース素材に採用してきましたが、ここ最近は「第三の素材」としてカーボンを採用し、積極的に新製品を投入しています。今回発売されたGG-100系のカラーバリエーションは全3色で、価格はいずれも45,000円(税別)。ただしG-SHOCKの常として、すぐに価格が下がって「20%オフくらい」で買え ...

ReadMore

>ロータス(Lotus)

思ったより凄いの出た!ロータスが「世界最高出力」2000馬力のハイパーカー”エヴァイヤ”発表。日本には早くも9月8日に上陸予定

| 見た目は「クルマ」の形をしているが、中身はレーシングカーと考えたほうが良さそうだ | ロータスが先日よりティーザーキャンペーンを行っていたハイパーカー「Evija(エヴァイヤ)」を正式発表。ロータス初のEVそしてハイパーカーとなりますが、ざっと見ると「アストンマーティン・ヴァルキリー」なみのエクストリームな構造を持っており、一般的な「クルマ」の範囲を大きく超えた乗り物のようです。最近は先行するフェラーリやランボルギーニを追い上げるメーカーが新規/既存問わず多数登場しており、そしてアストンマーティンや今 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期アウディR8はない→一転し次期R8はV10エンジンで登場との報道。なぜそうなったのかを考える

| そこには様々な要素が複雑に絡み合っている | 次期アウディR8についてはその情報が交錯しており、「後継はない」「ピュアEVになる」等様々な話が出ています。そして今回はアウディスポーツのマネージングダイレクター、オリバー・ホフマン氏が英国Autocarに対し、「次期アウディR8はV10エンジン継続」と語ったと報じられています。

ReadMore

PHEV

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMW「2025年のエレクトリックカー販売比率は20%がいいとろだろう」。以前の想定に反し悲観的になるもVWは「2025年に50%」の予測。将来は方向性によって明暗が分かれそう

| BMWはエレクトリック化の急先鋒だったが、だからこそ得られた結論 | BMWは自動車業界の中では(かつて)エレクトリック化の急先鋒でもあり、実際に「iブランド」を立ち上げてi3そしてi8を発売して ...

>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェGT部門のボス「ほかラインアップがエレクトリック化しようとも、GT系はそれに従わない。ガソリンエンジンを守り、ピュア、そしてハードであり続ける」

| それでこそ我らがポルシェGT部門 | ポルシェは現在全力で「エレクトリック化」を進めていますが、ポルシェのハードコアモデルを担当するGT部門のボス、アンドレアス・プルニンガー氏が「GTモデルにはエ ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「ヴィジョンMネクスト」発表!600馬力のPHEV、そして”BMW「ターボ””M1”を強く意識したデザインを持つスーパーカー

| 内容を見ると実現可能な要素が多そうだ | BMWが、先日「アートな画像」によって予告した「ヴィジョン M ネクスト(Vision M Next)を正式発表。これは「デザイン」「先進技術」「自動運転 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダはどこへ行く?トヨタとエレクトリック分野では袂を分かち「独自技術のEVを2020年に発売、2021年以降にはPHEV発売」

| マツダにはエレクトリック技術を単独で進めるノウハウも資金も無いはずだ | ますます厳しさを増す欧州の環境規制。報道によればシボレー・カマロ、コルベットはこの規制に対抗できないために「年内に(欧州で ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが「ナシ」と言われた次期i8を登場させる模様。ピュアEVに移行しソリッドステートバッテリー搭載、600馬力を発生か

| 次期i8はそれを取り巻く環境の変化で情報が二転三転している | BMW i8はそのスタイリング、パワートレインともに新時代の到来を告げる画期的なクルマでしたが、最近までは「その後継モデルはない」と ...

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ「次期718ケイマン/ボクスターにはHV、PHEVを投入」。一方、ピュアエレクトリック版の718も検討中

ピュアEV版718はEV専用プラットフォームを採用し、他の718とは異なるクルマに ポルシェがスポーツカーのエントリーシリーズとなる「718(ボクスター/ケイマン)」のモデル構成を根本から見直す、との ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI)

ミニは今後「すべてのモデルにエレクトリックグレード設定」「さらなるピュアEV」。ただし生産地は中国に?

ミニは販売台数減少を受け入れ、生産コストを下げることで利益を確保か ミニは遠くない将来に、初の量産フルエレクトリックモデル(以前に少量にて限定販売している)となる「MINI E」を発売することになり、 ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMW i8が炎上→消火が難しく消防士がやむなく水没させる。構造や動力源が複雑になれば「完全鎮火」が難しくなり、消防士にとっても困難な時代に

2019/4/1    , , , , , , ,

| メーカーがそのクルマに関する勉強会開催、資料配布を行う必要がある | オランダにて、炎上したBMW i8を鎮火させるため、消防署が水を貯めたコンテナにBMW i8を突っ込んだ、というニュース。これ ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継は2020年発表?もちろんPHEV化、EVモードでは最大50km走行可能か

自然吸気V12継続、フロントをモーターで駆動する4WD 英国Autocarによると、2020年にはアヴェンタドールの後継モデルが登場する、とのこと。ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデル(ランボル ...

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ「911ハイブリッドはカイエンやパナメーラとはワケが違う。919直系だ」。PHEVではなく熱/エネルギー回生を備える?

| ポルシェ911ハイブリッドに新説が浮上。レーシングカー同様のハイブリッドシステムに? | ポルシェはロサンゼルス・モーターショーにて992世代の新型ポルシェ911を発売していますが、この992世代 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニCEO「PHEVは我々の未来」。次期V12はハイブリッド化で1172馬力、次期V10モデルは985馬力とのウワサ

| ランボルギーニはエレクトリックにその未来を見る | ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏がカーメディア「The Drive」のインタビューに答える形で「2021年に登場するであろうアヴェ ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ「ウルス購入者の1/3はポルシェとベントレーからの乗り換え。2/3のガレージには2~6台のクルマが入っている」

| ランボルギーニ・ウルスはポルシェとベントレーの天敵だった | ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏がカーメディア、Automotive News Europeに対して語った内容によると、 ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

ハイブリッド版BMW 3シリーズ「330e」発表。モーターはブースト機能付き、走りを意識したPHEV

| BMWはかなり真面目にハイブリッドで走りを追求してきた | 先日新型3シリーズを発表したBMWですが、まずはエントリーグレードを公開したのち、トップレンジのM340i/M340i xDriveを追 ...

>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連

ポルシェ911、ボクスター/ケイマンを「ハイブリッド化」する会社が登場。その費用は830万円、+350馬力

| ポルシェ911をPHEV化する企業が登場 | カリフォルニア拠点のスタートアップ企業、「Vonnen」がポルシェ911をPHEVへとコンバートするプログラムを発表。 これは約830万円ほど(もちろ ...

>アウディ(Audi) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

BMWがEV普及に際し悲観的な意見。「2030年でも、ガソリンエンジンで走るクルマは85%」→一方VWは2030年には100%エレクトリック化の予定

| 自動車業界内でもエレクトリック化に対する予想は異なる |   BMWがEVの普及について悲観的な意見を述べており、それによると「2030年時点で、もっとも悲観的な観測だと、85%のクルマがまだガソ ...

>シトロエン/DS(CITROEN/DS)

驚愕の豪華さを誇るDSのフラッグシップ、「DS7 クロスバック」にPHEV追加。最高出力は300馬力

2018/9/26    , , , , ,

| DS7クロスバックに4輪駆動のPHEV追加 | DSが人気のSUV、「DS7クロスバック」にプラグインハイブリッドを追加。 日本だと、ガソリンエンジンのDS7クロスバックは7月に発表され、すでに試 ...

>プジョー(PEUGEOT)

プジョー3008に待望のPHEV+4WD登場。出力は一気に300馬力へ、EV走行距離は60km

| プジョー3008にハイブリッドモデル登場。充電には7時間、急速充電だと2時間未満 | プジョーが人気のSUV、「3008」にプラグインハイブリッドモデルを追加。 これによって出力は300馬力に向上 ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダが「クラリティPHEV」を発表!このこだわりは「初代インサイト」の再現か

| なんと一回の充電で1114.6キロ走れるハイブリッド | ホンダが先般よりティーザーキャンペーンを行っていた新型プラグインハイブリッドモデル、「CLARITY(クラリティ)PHEV」を発売。 すで ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.