ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど

一体何なのEUのEV盲信。「CO2排出量ゼロ」の合成燃料(eフューエル)を認めず「EVだけが正義。2035年以降はEV以外の販売は不可」という法案を可決の見込み

投稿日:2022/05/22 更新日:

| どう考えてもeフューエルのほうがEVよりも環境に優しいような気がするが |

そこまでの「EV以外はダメ」と頑なな姿勢を貫くところを見ると、なにかウラがあるんじゃないかと勘ぐってしまう

さて、現在世界各国・各地にて「ガソリンエンジン販売禁止」の動きが加速しており、早ければ2030年からガソリン/ディーゼルエンジンを積んだ新車の販売ができなくなる地域が出てくることに。

そして今回、EUの環境委員会にて「2035年までに排出ガスを100%削減し、ガソリン車とディーゼル車の新規販売を事実上禁止する」という法案の支持が得られ、近々可決される可能性が高いとも報じられています。

カナダが2035年までに「ガソリンエンジン搭載車の販売を全面禁止」と発表!現時点で「ガソリン禁止」の国・地域、そしてその時期などをまとめてみた

| ガソリンエンジン禁止の流れは政治的利用もあって、想定よりも遥かに速く進んでいるようだ |この記事のもくじ| ガソリンエンジン禁止の流れは政治的利用もあって、想定よりも遥かに速く進んでいるようだ | ...

続きを見る

e-フューエルは事実上の「排除」

今回の議論において衝撃的なのは「e-フューエルを認めない」という決定。

このe-フューエルとはいわゆる合成燃料であり、石油を原料とせず、しかしガソリンと同じように(既存の)エンジンに注入して走行ができるという画期的な燃料で、このe-フューエルを使用すればCO2排出が事実上ゼロになるとも言われています。

つまり、自動車を買い換える必要もなく、そのまま今乗っているクルマを利用できるので極めて環境に優しい対策だと言えるのですが、EU(および現在の理事会議長国であるフランス)の考えはどうやら「CO2排出ゼロにするよりも、EVへの切り替えを行う」ことであると見え、同じCO2排出量ゼロであってもe-フューエルは認めず、EVはOKだと結論づけたわけですね。

つまりEUは「クルマを全部EVにする」ことを唯一の地球温暖化に対する解決策だと捉えていることになり、しかしこれは多くの人が異論を唱えるように様々な疑問が生じます。

まずEVを作るには様々な希少希土類が必要であり、それらを採掘するには環境負荷がかかること。

そしてそれらを輸送したり、EVを製造する段階でもCO2が排出されますし、EVに買い替えたのち、ガソリン車を廃棄するのにもCO2を排出します。

加えてEVだらけになると充電インフラが追いつかなかったり、充電のための電力の発電にまたCO2を発生させたりすることになり、どう考えてもe-フューエルよりもEV化のほうが環境に悪そうに思えるのですが、そういった意見が議論の場で出なかったのかはちょっと不思議でもありますね。

電気自動車の製造は「ガソリン車の1.7倍のCO2を排出」していた!ボルボの試算だと、EVがガソリン車よりもエコになるには、約11万キロも走らねばならない
電気自動車の製造時には「ガソリン車の1.7倍のCO2を排出」していた!ボルボの試算だと、EVがガソリン車よりもエコになるには、約11万キロも走らねばならない

| ボルボがC40、XC40を用いて調査したというのだから間違いはなさそう |この記事のもくじ| ボルボがC40、XC40を用いて調査したというのだから間違いはなさそう |つまりEVは「距離を走らなけ ...

続きを見る

ちなみにイタリアは「e-フューエルを認めない」という案に反発し、フランスはプラグインハイブリッド車を「禁止」の対象外に加えるようにという意見を出したと報じられるものの、どうやら両方ともこれらは却下されたもよう。

参考までに、イタリアは「(フェラーリやランボルギーニのような)少量生産メーカーは規制対象外に」という道を模索しており、しかしこちらも希望が潰えたとちょっと前に報じられていて、とにかくEUの意向としては「ピュアEV以外は(CO2排出ゼロであっても)認めない(EVのみが正義)」ということになりそう。

ランボルギーニ・ウラカン
ランボルギーニとフェラーリが「2035年以降はガソリンエンジン禁止」規制から特例として除外される可能性があるようだ!認められれば2035年以降もガソリンエンジン車の生産と販売が可能に

| 現在、元フェラーリ役員だったイタリア環境移行担当大臣がEUへと働きかけ中 |この記事のもくじ| 現在、元フェラーリ役員だったイタリア環境移行担当大臣がEUへと働きかけ中 |この「特例」はなんとして ...

続きを見る

さらに言うと、この流れだと「水素」もアウトということになり、今回の決定については自動車業界からの猛反発があるかもしれません。

トヨタとヤマハが「CO2を全く出さない、上方排気の」水素V8エンジンを公開!ガソリンエンジンとほぼ同等のパワーを発生させ、もちろん排気音も
トヨタとヤマハが「CO2を全く出さない、上方排気の」水素V8エンジンを公開!ガソリンエンジンとほぼ同等のパワーを発生させ、もちろん排気音も

| あくまでも削減すべきはCO2であって、内燃機関そのものが問題なのではない |この記事のもくじ| あくまでも削減すべきはCO2であって、内燃機関そのものが問題なのではない |やはりトヨタは「EVのみ ...

続きを見る

ポルシェはすでにe-フューエルに多大な投資済み

なお、現在合成燃料の開発に注力しているのはポルシェがその筆頭であり、すでに生産工場をメキシコにも建設中。

数年内にも実用化を目指しているものの、欧州においてはe-フューエルが認められないため、ポルシェはe-フューエルの市場として欧州を失うことになり、これはけっこう大きな痛手だと思われます。

ポルシェ
ポルシェがガソリンエンジンを存続させることができる合成燃料、「eフューエル」にさらなる投資!2022年中に生産を開始し、まずは自社の施設内で走行するクルマに使用するようだ

| 現時点ではガソリンの倍ほどのコストがかかるそうだが、ここまで原油価格が上がってしまうとその差が一気に縮小しそうだ |この記事のもくじ| 現時点ではガソリンの倍ほどのコストがかかるそうだが、ここまで ...

続きを見る

そのほか、ランボルギーニなど主にフォルクスワーゲングループの一部ブランドもe-フューエルの実用化、それによるガソリンエンジンの存続に一縷の望みをかけていたものの、欧州市場ではもはや(2035年以降は)EV以外の新車販売ができず、中には方針転換を迫られる会社も出てくる可能性がありそうですね。

ランボルギーニ・ウルス
ランボルギーニCEO「2030年以降もガソリンエンジン販売の方法を模索」。合成燃料を一つの解決策とするも、もしかしたら時代が味方をするかもしれない

| 現代においては「一つの方向」に方針を定めることはリスクを増大させることになり、あらゆる可能性を考慮しなければならない |この記事のもくじ| 現代においては「一つの方向」に方針を定めることはリスクを ...

続きを見る

合わせて読みたい、EV関連投稿

ステランティスCEO「現在のEVシフトは、政治家が選んだもので、我々自動車メーカーや消費者が選んだものではない」。なんでもかんでもガソリン車を悪にする風潮に懸念
ステランティスCEO「現在のEVシフトは、政治家が選んだもので、我々自動車メーカーや消費者が選んだものではない」。なんでもかんでもガソリン車を悪にする風潮に懸念

| 消費者が望まない製品に多額を投じて開発し、発売せねばならない自動車メーカーはさぞ辛いだろう |この記事のもくじ| 消費者が望まない製品に多額を投じて開発し、発売せねばならない自動車メーカーはさぞ辛 ...

続きを見る

フォルクスワーゲン
VWは「自動車業界がEVへと完全移行するには時期尚早」、ステランティスは「内燃機関と電動車との事業を分けて考えるのはナンセンス」。いま自動車業界で何が起きているのか

| ここへ来て様々な事情によって電動化にブレーキがかかりそうだ |この記事のもくじ| ここへ来て様々な事情によって電動化にブレーキがかかりそうだ |インフラ拡充不足はある意味で「致命的」だとも考えられ ...

続きを見る

参照:Reuters

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5