ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

クラウン

トヨタが新型クラウン発表までのカウントダウン開始!なぜこれまでトヨタは「流行っているモノ」にしか手を出さなかったのに「まだ流行っていないセグメント」へとクラウンで出てゆくのか

トヨタが新型クラウン発表までのカウントダウン開始!なぜこれまでトヨタは「流行っているモノ」にしか手を出さなかったのに「まだ流行っていないセグメント」へとクラウンで出てゆくのか

| これまでトヨタそのもの、そしてトヨタのマーケットは「レイトマジョリティ」だった | 今回はじめて、しかもクラウンにてイノベーター層へと挑むことに さて、トヨタが7月15日(金)13時30分よりフル ...

フルモデルチェンジ版 新型トヨタ・クラウンはこうなる?ボクが「トヨタが今、クラウンを変革しようと考えた理由」について

フルモデルチェンジ版 新型トヨタ・クラウンはこうなる?ボクが「トヨタが今、クラウンを変革しようと考えた理由」について

| トヨタは単に、旧来のクラウンの顧客と共倒れになることを恐れ、それらを切り捨てて新しい顧客の獲得に乗り出したのだと思う | 前に進むためには、何かを置いてゆかなければならない さて、先日はフルモデル ...

トヨタ・クラウンのSUV版はハイブリッド、2023年夏から日本と米国、中国で販売開始との報道。ただし2022年10月には「別の」クラウンが米国上陸?

トヨタ・クラウンのSUV版はハイブリッド、2023年夏から日本と米国、中国で販売開始との報道。ただし2022年10月には「別の」クラウンが米国上陸?

| トヨタ・クラウンにまつわるウワサはいろいろと尽きないが | SUV版のクラウンを発売するというのはいろいろな面で理にかなっている さて、ちょっと前に話題となった「クラウンがSUVに」という話。その ...

トヨタ・オリジンはあと3年で米「25年ルール」対象に!そのレトロなルックスに注目が集まり、青田買いと海外流出がはじまりそう

トヨタ・オリジンはあと3年で米「25年ルール」対象に!そのレトロなルックスに注目が集まり、青田買いと海外流出がはじまりそう

| たしかにトヨタ・オリジンはそのレトロで品質の高い内外装からして「タイムレス」な輝きを維持しそう | トヨタのプライドを結集させたクルマだけあって投資対象としては最適かも さて、アメリカには「新車当 ...

インプレッサ、ロードスター、ジムニー、スカイライン、クラウン、アコード。日本を代表するロングセラーモデルは初代から今までどう進化したのか?

インプレッサ、ロードスター、ジムニー、スカイライン、クラウン、アコード。日本を代表するロングセラーモデルは初代から今までどう進化したのか?

| 意外と日本には「長寿」モデルが多かった | そしておそらく、これからの電動化社会においても、これらのビッグネームは継続されるに違いない さて、日本には比較的「長寿」モデルが多々あり、その最たる例が ...

ロールスロイスのエンジンを積んだクラウン・ヴィクトリア

【動画】戦車用のロールスロイス製27リッターV12エンジンをファミリーセダンに搭載した男たち!2500馬力のエンジンを始動させることに成功する

| 27リッターV12、2500馬力のエンジンがどういった走りを見せるのか想像もつかない | 一体燃費がどれくらいなのか気になって仕方がない さて、米画像掲示板、レディットにて話題になっていた「27リ ...

まさかの「48リッター、V20」エンジン搭載車が目撃される

まさかの「48リッター、V20」エンジン搭載車が目撃される!ちゃんと走るんかコレ・・・。

| どうやらトライクのように見えるが、ドライバー(ライダー?)はその熱に耐えることができないかもしれない | もはやこういった乗り物自体が「個人の楽しみであっても」許されない時代がやって来ようとしてい ...

トヨタ・クラウン・ヴェルファイア(皇冠 威尔法)が中国現地で正式発表

トヨタ・クラウン・ヴェルファイア(皇冠 威尔法)が中国現地で正式発表に!製造はトヨタと第一汽車との合弁にて、価格は驚愕の1400〜1530万円

| 現地生産なのにここまで高額なクルマも珍しい | さて、トヨタが「クラウン・ヴェルファイア」を正式発表。トヨタは今回の上海モーターショーにて「クラウン・クルーガー」を発表しており、こちらはハイランダ ...

これは「神への冒涜」か?トヨタが中国にて発売する「クラウンクルーガー」の画像が流出

これは「神への冒涜」か?トヨタが中国にて発売する「クラウンクルーガー」の画像が流出。ついにアンタッチャブルなクラウンまでSUVに

| 中国で先に「クラウンSUV」を発売するのは、「イキナリ日本でクラウンのSUVを発売」することでショック死する人を減らそうということなのか | さて、中国のSNSにて突如登場したクラウンのSUV、「 ...

埼玉県警がスバルWRX S4を覆面パトカーとして導入

埼玉県警が300馬力のスバルSTI S4を覆面パトカーとして3台も導入!覆面パトにはどんな種類があり、どうやって見分けるの?

| 実は覆面パトカーには「交通取締用」「捜査用」「警察用」の三種類がある | さて、埼玉県警の交通機動隊に、スバルWRX S4が覆面パトカーとして導入されたとして話題に。ねとらぼにて公開されている画像 ...

トヨタ・クラウンがSUVに

そんなのボクの知ってるクラウンじゃない!トヨタがクラウンを現行限りで販売終了とし、2022年にSUVボディにて発売するとの報道(マジ)

| いつかはクラウンと言われた憧れの高級セダンだったが | さて、トヨタがセダンボディとしてのクラウンを現行かぎりで販売終了とし、2022年にSUVボディを持つクラウンを(追加にて)発売する、との報道 ...

メルセデス・ベンツ

なぜ輸入車に乗っていると「見栄を張っている」「無理している」と言われるのか?しかしボクが国産車のほうが割高だと考えるワケ

| 冷静に考えると、輸入車を選ばない手はない | さて、世の中でよく言われるのが、「輸入車に乗っていると、見栄を張っている、もしくは無理して乗っている」ということ。これについてぼくはちょっと異論があっ ...

1950-1980年代の名車が集う!トヨタ・ヒストリーガレージを見てきた。この博物館級コレクションを無償開放とは太っ腹

| ここまで多彩なヒストリックカーが揃う施設はそうそうない | ちょっと用事がありメガウェブ内のシティショウケースへと出向いたのですが、そのついでに「ヒストリーガレージ」へ。ヒストリーガーレジはシティ ...

え?トヨタが燃える!?プリウス「停止」、クラウン「ショート」にて26.5万台にリコール。クラウンは実際に燃えた車両も

| トヨタで火災に関するリコール、そして実際に燃えたのははじめて見た | さて、トヨタがプリウス、オーリス、クラウン等についてリコールを届け出。プリウスなどハイブリッドモデルについてはやや重い内容で、 ...

トヨタ・クラウンは65周年!高年齢層向けのクルマなのにグレード名は全部「S ”Elagance Style II”」などフル英文字のナゾ。欧米コンプレックスからいつ抜け出せるのか

| どうもトヨタ/レクサスのやり方には消費者不在を感じられて仕方がない | トヨタは「クラウンが65周年」を迎えたこと、そして65周年を記念する特別仕様車を発売するとアナウンスするとともに、一部改良も ...

トヨタ・クラウン/ハイエース、三菱デリカD:5/アウトランダーにリコール。ハイエースは「最悪の場合、走行不能に」

| トヨタにしては珍しく”予見できなかった”問題 | さて、年始からチョコチョコと出てくるリコール情報。今回はトヨタ・クラウン/ハイエース、三菱アウトランダー/デリカD:5のリコールが国土交通省へと届 ...

リコール5連発。トヨタは「アルファード/ヴェルファイア/クラウン」、ほかレンジローバー・イヴォーク、アウディQ3/Q5も対象に

| 中には「ちょっとした間違い」も | 国土交通省のサイトにて、トヨタ、アウディ、レンジローバーのリコール情報が掲示。それぞれ異なる内容ですが、クルマが高度に電子化されるにあたっての問題や、想定を超え ...

2019年9月の国産車販売ランキング。海外不調と言われるマツダの躍進著しく、マツダ3は「売れまくり」。カローラは前月比で販売が「倍」に

| こっそり三菱が販売を増やすなど、”個性派”がランキングの常連に | さて、2019年9月の国内自動車販売。8月には今年始めてトヨタ・シエンタが首位に立ちましたが、今月もやはりシエンタが首位。なお、 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5