ハイパーカー

>中国/香港/台湾の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

あの「アポロIE」第一号車が納車。オーナーは「ドラゴン好き」のこんな人だ

| ボディカラーは”カメレオン・ゴールデンドラゴン” | 「グループCレーシングカーを公道に放つ」というコンセプトのアポロ・インテンサ・エモツィオネーネ(IE)。これはドイツで創業された「グンペルト」 ...

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】「くっ・・・狭い!」トップギアがマクラーレン・エルヴァの独占レビューを公開

| マクラーレン最軽量、そしてもっともパワフルな”エルヴァ”はこういったクルマだ | 英国トップギアが、マクラーレン本社にて新型ハイパーカー「エルヴァ」をチェックしレビューを公開。このエルヴァのボディ ...

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン・スピードテールのテストは最終章へ。最高速403km/hを達成して有終の美を飾り、2020年2月から納車開始

| プロトタイプによる実走テストは1年におよび、すべての開発行程が終了 | マクラーレンはそのハイパーカー「スピードテール」発表後にも(発売に向け)継続してテストを行っていますが、今回ケネディ宇宙セン ...

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ「新型SUVを2021年に発売、新型ハイパーカーは2022年に発表し、パワーよりも軽量性とエアロダイナミクスを追求する」

| フェラーリは2019年には5台の新型車を発表済み、2022年までには10モデルをさらに追加 | Auto Expressによると、フェラーリ初のSUV(FUV=フェラーリ・ユーティリティ・ビークル ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他アメリカ車 ■ニュース

米より「自分で組み立てる」9.5リッターV12、750馬力のスーパースポーツF9R発表!こんなの一般人に販売してええんか・・・。

| この発想は日本にはない | アメリカはマサチューセッツ州にて活動しているコーチビルダー、「ファクトリー・ファイブ・レーシング(Factory Five racing)」。主にはホットロッドやカスタ ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】スゴいなこのテールランプ!市販スペックのロータス・エヴァイヤが走行テストを開始。2000馬力をトラクションコントロールなしで走らせる

| 内外装も市販車同様。エヴァイヤは市販にかなり近い位置にありそうだ | ロータスが新しく発売するハイパーカー「エヴァイヤ」について、そのテストが新たな段階に入った、と発表。今回公開された動画や画像に ...

>その他イギリス車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

本当に扇風機ついていた!車体後部に40cmのファンを装着したハイパーカー、ゴードン・マレー”T.50”の姿と機能が公開

| ロードカーで”ファン”を採用するのはおそらく世界で最初 | マクラーレンF1の設計者、イアン・ゴードン・マレー氏の立ち上げた「ゴードン・マレー・オートモーティブ」。以前より「誰もマクラーレンF1の ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

プジョーがル・マン・ハイパーカークラス参戦用マシンの画像を公開!なお同クラス正式名称は「Le Mans Hypercar=LMH」に決定

| どんどん参加者の情報やレギュレーションが明らかに | プジョーはつい先日、「2022年に、ル・マンのトップカテゴリ、ハイパーカークラスに参戦する」と発表していますが、今回はプジョーの重役であるジャ ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ「F1用エンジンを新型ハイパーカーに積むかもしれん」「え?」「実は今までF1用V6ハイブリッドターボを開発していたのだ」

| ポルシェだけに、本当に市販車へF1用エンジンを積んできそうだ | 英国Autocarによると、ポルシェは新型ハイパーカーに「F1用のエンジンを搭載」する可能性がある、とのこと。ただ、これは現在まだ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニ”ランボV12 ヴィジョングランツーリスモ”発表!V12+ハイブリッド、シングルシーター。これ発売してル・マンの「ハイパーカークラス」に出ようぜ

| そのルックスは予想したよりも遥かにエクストリーム。大気圏外にも出れそうだ | モンテカルロにて開催されたグランツーリスモ・チャンピオンシップのワールドファイナル戦において、ランボルギーニがかねてよ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニも「ヴィジョン・グランツーリスモ」へ参戦!Y字型テールランプにV12自然吸気エンジンの咆哮という「ランボルギーニのDNA」を強調

| ランボルギーニはまだまだエレクトリックへ移行する気はないようだ | ランボルギーニが11月24日に「ヴィジョン・グランツーリスモ」を発表する、と予告。そこで今回Facebookにてティーザー動画が ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >中東の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】ドバイから1200馬力のハイパーカー「ドラクマ」登場!ランボルギーニにインスパイアされたデザインを持ち、99台限定にて市販予定

| 見た目のインパクトがハンパない | 先日、発表が予告されていた、ドバイのアジラニ・モータース(Ajlani Motors)によるハイパーカー「ドラクマ(Drakuma、英語だとドラゴン)」。今回本 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

どうしたプジョー!突如ル・マン「ハイパーカークラス」に参戦すると発表。ベースとなるハイパーカーが無いのにどう戦う?

| ハイパーカークラスに参戦するには、2年以上、20台以上の公道走行可能なハイパーカーを製造する必要がある | 完全に予想外というか、寝耳に水な「プジョーがル・マンのハイパーカークラスに参戦するという ...

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン”ELVA”発表!マクラーレン史上もっとも軽く、もっともパワフル、もっとも「ドライバーと近い関係」にあるスピードスター

| 思っていたよりも過激なルックスで出てきたな | マクラーレンが、先日よりウワサされていた新型ハイパーカー、「ELVA(エルバ/エルヴァ)」を公開。マクラーレンによると、ELVAは「ピュアなドライビ ...

>その他日本車

世界最速の和製ハイパーカー「アウル(OWL)」が3.5億で販売開始!出力なんと2012馬力、0-100km/h加速は1.69秒、最高速は400km/h

| まさか本当に発売にまでこぎつけるとは | 数年前からその開発が公表され、評判となっていた和製ハイパーカー、「アウル(OWL)」。今回ついに発売が開始され、最終スペックとして0-100km/h加速( ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他イタリア車

ピニンファリーナがランボルギーニ・ウルス対抗のエレクトリックSUV発売とのウワサ。「毎年一台、ニューモデルを発売する」

| 価格は3000万円以上、セダンの発売も視野に |  ピニンファリーナは「初」の市販モデルにしてエレクトリックハイパーカー「バッティスタ」を2020年に発売する予定ですが、同じく2020年にエレクト ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ブガッティ(BUGATTI) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

【動画】米富豪「納車待ちのクルマの総額で19億円だ」。ブガッティ・シロン・エルメス、マクラーレン・スピードテールの仕様ほか、納車される面々が公開に

| ブガッティ・シロン・エルメスは「内外装真っ白」 | アメリカの富豪にしてカーコレクター、マニー・コシュビン氏が「納車待ちのクルマの総額が19億円」という動画を公開。動画では今後どういったクルマが納 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

ランボルギーニが「V12、830馬力」の新型ハイパーカーのティーザー開始。アヴェンタドールのカーボン製キャビンにレース用の前後フレームを装備

| ランボルギーニは自らこのクルマを「ハイパーカー」と呼ぶ | ランボルギーニがそのレース部門、「スクアドラ・コルセ」より”ハイパーカー””ウルスST-X”を発表。両方ともスクアドラ・コルセによって開 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >中東の自動車メーカー

【動画】ドバイからまた変なハイパーカーが出るぞ!ドラゴンをモチーフにした「こじらせ系ルックスのクルマ」をアジラニ・モータースが発表予定

| もはや地球人が乗るクルマに見えない | 毎年「規格外の」クルマが発表されるドバイ・モーターショーですが、今年はAjlani Motors(アジラニ・モータース?)から開発に5年の歳月をかけたという ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■映画や音楽、本について

アストンマーティンが007映画最新作に登場する「第5の」クルマがDBSになると発表。今回から007が女性となり、以降はカーチェイスが減りそうな予感

| もしそうなったらアストンマーティンは007映画のスポンサーを続けるのか | アストンマーティンが自身のツイッターにて、007映画の次回作「ボンド25」あらため「NO TIME TO DIE(ノー・ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.