ad-728

「 リコール 」 一覧

マツダとスバルはトヨタ比7倍のリコール率。それでもトヨタが見下され、マツダ/スバル人気の謎

マツダがリコール済み案件に「対策が不十分だった」と再度リコール。CX-5など63,000台

パガーニが2017年に北米で販売したウアイラを全てリコール。バッテリー関連、現在対策は「なし」





フェラーリにリコール発生。488のブレーキローター摩耗警告が正しく動作しない可能性

北米にてトヨタ/レクサス22,000台がリコール。燃料系の不具合でレクサスGS F/RC F/LC500他が発火の可能性

どうしたマツダ!得意のエンジン、しかもディーゼル不具合でデミオ/アクセラ/CX-3合計15万台リコール

マセラティがこの1年で5度目のリコール。ブレーキ、ギアに続き「ガソリン漏れ」。最悪の場合は火災も

ad-itiran



ブガッティ・シロンが納車された全数に対しリコール届出。なおヴェイロンは過去に2度リコールあり

ポルシェ・ジャパンがパナメーラのリコール届出。「シートベルト警告灯が消えないことがある」

同じ問題を起こした日産とスバル。その後日産は「自粛なし」スバルは「自粛」。この差はどこから?

アメリカにてBMW i3が販売停止&全数リコール。なお今月にはi3累計販売10万台突破、日本での中古相場は上昇気味





トヨタがプリウスとC-HRをリコール。「EVヒューズ切れ」「電気式パーキングブレーキ不良」

北米にて、スバルWRXが自主回収。最悪の場合「サブウーファーが炎上する」

BMWがアメリカにてX3の大規模リコール。エアバッグに関連し、販売した「ほぼ全て」が対象に

日産が検査問題にてリコール開始。まずは「GT-R」「ノート」などH29/2/10~生産の30車種38,650台

ポルシェが初代カイエンを北米でリコール。燃料フィルタに不具合、その期間に販売した車両の「ほとんど」が対象

日産が国内全工場で不正。国交相からは行政指導が行われ、日産は新車登録を停止する前代未聞の展開に

アストンマーティンDB11にリコール。ここでリコールの意味と各メーカーの対応を考えてみよう

試乗中にアクセルペダル取れた。中国車を試乗したロシア人が動画を公開

ポルシェが991型911GT3のエンジン保証を延長。10年、もしくは12万キロまで。不具合があれば交換の対応も

ドイツ政府がポルシェに指示。「カイエン・ディーゼルをリコールするように。しかも今すぐ」

非常に珍しい、ランボルギーニ・アヴェンタドールのリコール。燃料タンク内の蒸発ガス関連

スバルがWSX STI、レヴォーグにリコール。今年5回め、「最悪でステアリング操作が不能に」