ル・マン

>フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) ■映画や音楽、本について ■ニュース

アカデミー賞4部門ノミネート!映画「フォードVSフェラーリ」を観てきた。お金で買えない”挑む心、情熱”がいかに大切かがわかる一本

| 近年まれに見るシンプルで気持ちのいい映画 | さて、日本でもついに封切りとなった「フォードVSフェラーリ」。昨日発表された第92回アカデミー賞各賞候補では4部門にノミネートされています(最多は”ジ ...

>ポルシェ911関連

新型ポルシェ911”初”の限定モデル登場。F1で8回、ル・マンでは6回の優勝を獲得したジャッキー・イクスがモチーフの「911カレラ4Sベルジャン・レジェンド・エディション」

| ルマン6回の優勝のうち、4回はポルシェにて。私生活でもポルシェを愛することで知られる | ポルシェが911カレラに「911カレラ4Sベルジャン・レジェンド・エディション」を設定。おそらく992世代 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

2040年のメルセデス・ベンツ製レーシングカー、ヴィジョン・マンティラ・コンセプト。ル・マン参戦を意識したピュアエレクトリックレーサー

| 実際にメルセデス・ベンツがル・マン24時間レースに復帰する可能性はかなり低い | カーデザイナーの考案したメルセデス・ヴィジョン・マンティラ・コンセプト・エレクトリック・ル・マン・レーサー(Mer ...

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレンF1の知られざる秘密7つ!ル・マン優勝車「F1 GTR 上野クリニック(59号車)」、日本人初のル・マン優勝ドライバーはこうして誕生した

| 事実は小説よりも奇なり | マクラーレンF1といえばスーパーカー界のレジェンドでもありますが、今回「マクラーレンF1の知られざる7つの秘密」という動画が公開に。この中ではいくつかの個体にまつわる数 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

レクサスがニュルを走る”レクサスLC”のレーシングカーに新開発のV8ツインターボを搭載!「市販モデルへの投入が前提」

| ついにトヨタも大排気量NAを捨ててツインターボエンジンへ | トヨタのモータースポーツ活動を統括するGazoo racingが「ニュル24時間レース」の体勢を発表し、その中で「新型V8ツインターボ ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

プジョーがル・マン・ハイパーカークラス参戦用マシンの画像を公開!なお同クラス正式名称は「Le Mans Hypercar=LMH」に決定

| どんどん参加者の情報やレギュレーションが明らかに | プジョーはつい先日、「2022年に、ル・マンのトップカテゴリ、ハイパーカークラスに参戦する」と発表していますが、今回はプジョーの重役であるジャ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等

ランボルギーニ”ランボV12 ヴィジョングランツーリスモ”発表!V12+ハイブリッド、シングルシーター。これ発売してル・マンの「ハイパーカークラス」に出ようぜ

| そのルックスは予想したよりも遥かにエクストリーム。大気圏外にも出れそうだ | モンテカルロにて開催されたグランツーリスモ・チャンピオンシップのワールドファイナル戦において、ランボルギーニがかねてよ ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

どうしたプジョー!突如ル・マン「ハイパーカークラス」に参戦すると発表。ベースとなるハイパーカーが無いのにどう戦う?

| ハイパーカークラスに参戦するには、2年以上、20台以上の公道走行可能なハイパーカーを製造する必要がある | 完全に予想外というか、寝耳に水な「プジョーがル・マンのハイパーカークラスに参戦するという ...

>その他イギリス車

ブラバムがレース参戦用「BT62コンペティション」発表。ブラバム直伝サポートつきで標準モデルよりも「5000万円安い、1億円」で販売開始

| なにか間違ってるんじゃないかと疑うほどに価格が安い | ブラバムが「BT62コンペティション」のスペックそして価格を公開。実車は11月9日~10日にブランズハッチにて行われる耐久レースにてデビュー ...

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■ニュース

ルノーの近未来コンセプト3連発。前後どちらにでも走る「バイフェイス」、ロボレース用「ジルコン」、ファン内蔵のトンデモカー「ル・マン・コンセプト」

| ルノーはとんでもないデザインのコンセプトカーを作ることで知られるが、デザインコンペに集まるクルマのデザインも凄かった | ルノーがデザインコンペを開催したようで、数名のデザイナーによるルノーのコン ...

>フェラーリ(Ferrari)

さらに戦闘力を高めたフェラーリ488GT3"EVO"発表!エアロダイナミクスの調整には18,000時間、「24時間耐久パック」もオプション設定

| 488GT3 EVOは488GTEとの互換性が高くなった | フェラーリがそのレーシングカー、488GT3 EVOを発表。これは2020年シーズンのGT選手権に参加するクルマで、4年前に発表され、 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

ランボルギーニが「V12、830馬力」の新型ハイパーカーのティーザー開始。アヴェンタドールのカーボン製キャビンにレース用の前後フレームを装備

| ランボルギーニは自らこのクルマを「ハイパーカー」と呼ぶ | ランボルギーニがそのレース部門、「スクアドラ・コルセ」より”ハイパーカー””ウルスST-X”を発表。両方ともスクアドラ・コルセによって開 ...

>フォード(FORD)

フォードGTがまたしても1億7000万円で落札。近代のクルマとしては異例の高値落札が続く状態に

| ただし今後は売り物が続々登場すると思われ、相場には注視が必要 | 2017年モデルのフォードGT'66ヘリテージ・エディションが邦貨換算1億7000万円程度にて落札された、との報道。これはオークシ ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ランボルギーニが”アヴェンタドールSVR”発表とのウワサ。公道走行不可、ル・マン参戦用の「究極にしてアヴェンタドール最終兵器」

| 色々な情報を総合すると、この話は「かなり信憑性が高い」 | ランボルギーニがアヴェンタドール「SVR」を発表するのでは?というウワサ。これは公道走行ができず、サーキット走行のみが可能なクルマで、ル ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メルセデスAMG「ル・マンの”ハイパーカークラス”に参戦の予定はない。あまりに高価なクルマでレースをすることが正しいとは思えない」

| 加えて、メルセデス・ベンツとル・マンは絶望的に相性が悪い | メルセデスAMGのボス、トビアス・メアース氏が「ル・マン24時間レースに新設するハイパーカークラスに参戦する予定はない」とコメント。こ ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他イギリス車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ル・マン ハイパーカークラスに究極兵器登場?ゴードン・マレー「T.50」参戦が報じられ、これが出てくるともう誰も対抗できないということに

| レースの前からもう結果が見えている | スーパーカー史に残るクルマとしてまず思い浮かべるのは1993年発売の「マクラーレンF1」。そしてそのマクラーレンF1を設計したのは”鬼才”ゴードン・マレー氏 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが「最も高額な英国車」、DBR1にインスパイアされたロードスターを発売とのウワサ。ちょっと乗ってみたい

| アストンマーティンDBR1はフェラーリ250テスタロッサと並び「トリプルクラウン」を達成したクルマ | アストンマーティン内部の者を名乗る人物がカーメディア、Supercar Blogに語ったとこ ...

>その他アメリカ車

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >その他ポルシェ関連/ニュース

トヨタ「TS050はポルシェ919がニュルで記録した最速ラップを更新できる」。GRスーパースポーツ販売促進のため記録に挑戦?

| ル・マンでは実際にポルシェ919ハイブリッドを抑えただけに、この話には信憑性がある | トヨタのLMP1(TS050が参戦するカテゴリ)プログラムのボス、ロブ・ルーペン氏によると、TS050ハイブ ...

>フォード(FORD)

まさかの「ガルフ公認」!フォードのディーラーが内外装ガルフ仕様、800馬力、さらに足回りを強化した”究極の”マスタングを限定販売

| 正規ディーラーもなかなかやるじゃない | テネシー州にてフォードのディーラーも展開する「ブラウン・リー・パフォーマンス」がフォード・マスタングのカスタムモデルを公開。これは見ての通り「ガルフカラー ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.