>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】米ユーチューバーが新型スープラのワイドボディ化を開始!使用するのは日本のパンデム製エアロキット

| アメリカではスープラのカスタム/チューンが一気に加熱 | 自身で新型トヨタ・スープラを購入したユーチューバー、TheStradman氏がワイドボディキットを装着する様子をYoutube上にて公開。現在のところ「仮組み」に止まりますが、パンデム製のフルエアロキット装着を予定しており、その内容を公開。なお、パンデム製のワイドフェンダー含むエアロキットは、お台場を走行した「A90スープラ・ドリフトマシン」に装着されていたものと同じ過激なものですね。 【動画】イベント当日は炎上してしまった「A90スープラ・ド ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「M専用スポーツカーについて明確なアイデアがある」。これまで否定されてきたM製スーパースポーツがついに実現?

| それが「スーパーカー」なのか「ハイパーカー」なのかは今のところ謎 | もう10年以上も前からウワサの出ている「BMW M専売スポーツカー」。もとはというと、この「M専売スポーツカー」は1978年発売の”M1”が元祖だと考えてよく、しかしその後のMモデルはずっと「BMWの既存車種をベースとしたクルマ」。そしてBMWは10年以上も前に「M1オマージュ・コンセプト」を発表し、それが「M1後継モデルの登場、もしくはM専売モデルの発売か」と騒がれたわけですね。 その後も度々M専売スーパースポーツの話が出ており、 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリの新型SUV(コードネーム:175)はV6、V8、V12エンジン搭載、さらにハイブリッドも。「これまでのフェラーリとは異なるチャレンジを行う」

| フェラーリは単に車高を上げただけのクルマではなく、まったく新しいクルマを作ろうとしているようだ | なにかと話題のフェラーリ製SUV、「プロサングエ(サラブレッドという意味で、現在のところ正式な車名ではない)。もちろんフェラーリとしては「初」のSUVとなりますが、おそらくは2022年に登場、と言われます。コードネームは”175”、そしてフェラーリの発表した中期計画に従い、「2023年までに発売するニューモデル15車種のうちの1つ」となりますが、市場ではランボルギーニ・ウルス、アストンマーティンDBXと ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】マツダが初代ロードスターにて「12時間で曲がったヘアピンの数」世界記録達成。これまでの倍近い”2900”をクリア

| 選んだのは初代ロードスター。まだまだNAロードスターも現役だ | ドイツのマツダ法人が公式に「ロードスターにて世界記録に挑戦」。これは改造した初代ロードスターを用い、「12時間でどれだけのヘアピンカーブを曲がれるか」に挑むものです。結果としてはなんと2900ものカーブを曲がり、これまでの「1500」の記録を倍近く更新して見事「記録達成(世の中には、実に様々な記録が存在するものだと思う)」。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

カローラがこんなに恰好良くなるなんて!トヨタが新型カローラ/カローラツーリング発表、カローラスポーツも小変更

| 日本仕様はちょっと顔つきを変えてきた | トヨタがかねてより予告していた「カローラ(セダン)」「カローラツーリング(ワゴン)」をフルモデルチェンジし発売開始。加えてカローラスポーツ(ハッチバック)にも改良を施しています。基本的な顔つきは「カローラ」と「カローラツーリング」が共通で、「カローラスポーツ」には専用バンパーが与えられます。インテリアのデザインや装備についても3車間でほぼ共通となっており、ここでその特徴を見てみましょう。まず、今回のモデルチェンジそして改良の骨子は下記の通り。※トヨタからのプレ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】トヨタの嘘つき!スープラのダクトカバーを外しても実際に機能しないことが判明する

| トヨタは「ダクトカバーを外せばクーリングやエアフローを改善できる」と言っていたが | ハードにチューンしたホンダS2000から新型トヨタ・スープラに乗り換えたユーチューバー、Jackie Ding氏。今回はそのスープラに採用されているエアベント/インテークがどのくらい機能するのかについて解説しています。なお、新型スープラには多くのエアベント/インテークが設けられていますが、それらの殆どには「フタ」が被せられています。これは「現時点では必要ないものの、将来的にパワーアップしてゆくと必要になるエアの取り込 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

フェラーリ「フェラーリとは、手に入らない美女のような存在だ」。需要よりも常に少なく生産し、ブランド価値を高めることに言及

| すでにフェラーリのブランド価値は世界トップクラスにある | フェラーリが「常に供給は需要以下にとどめる」とコメント。これは先日「我が社は台数を追求することに興味はない」と述べたのと同様の意図ですが、やはりフェラーリのマーケティング部門のボス、エンリコ・ガリエッラ氏が語ったもの。なお、フェラーリが”顧客が求めるよりも少なく作る”のはフェラーリの伝統でもあり、というのはフェラーリ創業者であるエンツォ・フェラーリのモットーが「顧客が買いたいと思うよりも一台少なく作る」。フェラーリの限定モデルの生産台数が「2 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニはシアンFKP37に搭載されたハイブリッドシステムをアヴェンタドール、ウラカン後継に採用?いったいどんなシステムなのか

| スーパーキャパシタ採用はスーパーカーにとっては理想的 | ランボルギーニは初の市販ハイブリッドカー、「シアンFKP37」を発表していますが、このハイブリッドシステムは「近い将来のランボルギーニ」に使用されることになる可能性が高そう。そしてこのシアンFKP37の使用されるハイブリッドシステムは、多くのクルマが採用する「リチウムイオンバッテリー」のかわりに「スーパーキャパシタ」を採用していることが特徴です。 これがランボルギーニの未来!63台限定、2億7000万円の「Sián(シアン)」発表。V12+HV ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フェラーリ「V12エンジンは排ガスの他、騒音規制に対応させることが困難」。2018年から導入された騒音規制がネックだと語る

| それでもフェラーリは「V12エンジンのために戦う | 近年のガソリンエンジンに対する締め付けは厳しくなる一方ですが、とくに大排気量V12エンジンを持つメーカーにとっては頭の痛い問題であるのは間違いなさそう。現在V12エンジンを持つメーカーはフェラーリ、ランボルギーニ、パガーニ、メルセデス・ベンツ、BMW、アストンマーティンといったところで、今回Top Gearによれば、フェラーリのエンジニア部門におけるチーフ、マイケル・レイタース氏が「正直キツい」と語った模様。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMWは今後キドニーグリルを光らせるようだ!純正オプションにてまずは5シリーズからアンロックで発光可能に

| 正直、こういった光りモノにボクは弱い | BMWは新型X6にて「光るキドニーグリル」をオプション設定していますが、今回は5シリーズに対しても同様に発光式キドニーグリルを追加設定。これは新車注文時(いわゆるメーカーオプション)であっても後付け(ディーラーオプション)でも対応可能だそうで、その価格は米国だと614ドルから。日本でもこれを投入するかどうかはわからないものの、どのみちebayには大量に出品されることになると思われ、なんらかの手段で購入は可能だと思われます。加えてBMWは「ブラックグリル」を単体 ...

ReadMore

日本

>韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ヒュンダイが米にて「試乗したら50ドルプレゼント」という大胆キャンペーンを実施。なりふり構わぬ戦略に

| そのうち、日本車から乗り換えると高額ボーナスを出す、とか言い出しそうだ | 北米市場にて、ヒュンダイが「試乗すればお金(50ドル!)をもらえる」という異例のキャンペーンを展開中。このキャンペーンは ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

世界に一台!日本限定、アヴェンタドールS記念モデル「地(グリーングラデーション)」が中古市場に登場

| アヴェンタドールSロードスター 50th Japan アニバーサリー・エディションは極度にコレクション価値が高い | ランボルギーニは2017年に日本導入50周年を記念し、「5台のみ」それぞれ個別 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダCX-30はすべてメキシコで生産され、世界中に輸出されるとの報道。日本で販売されるCX-30もメキシコ製に?

| フツウに考えると日本で売るCX-30は日本で生産すべきだが | マツダがその新型車「CX-30」をメキシコにて製造する、との報道。これは現地カーメディア、Autonews Mexicoが報じたもの ...

>アウディ(Audi) ■ニュース

アウディが「市販車史上最強」620馬力エンジンを積む新型R8を日本国内でも発売。あわせて世界限定222台の限定モデルも10台のみ発売

| 新型アウディR8はこれだけの性能アップ、装備充実を考えると実質「値下げ」 | 海の向こうではすでにフェイスリフトを迎えたアウディR8ですが、今回ようやく日本でも新型アウディR8クーペ/スパイダーが ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

1台1.5億、1000馬力、500台限定のアストン・マーティン”ヴァルハラ”の細部はこうなっている!日本での購入者は15人、保証金は4000万円

| その姿はあまりに強烈過ぎた | GQにて、先日日本にて公開されたアストンマーティンのハイパーカー「ヴァルハラ」が紹介。日本へとやってきたのは「モックアップ」ですが、完全に想像を超えているその姿を見 ...

>韓国の自動車メーカー

誰も興味ない?いやボクも興味ないけどヒュンダイ・ソナタに2020年モデルが出たらしいぞ。日本上陸はちょっと気になる

| 日本に再上陸するようなので、一応情報を上げとこうと思って | さて、ほとんどの人が興味などサッパリないと思われるヒュンダイ。10月の東京モーターショーにて「日本再上陸」をアピールすることになると思 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

ランボルギーニは2019年前半に「昨年同期比で倍」の台数を製造したと発表。そのうち60%はウルスが占め、このままだと年間1万台に到達しそう

| ランボルギーニは当初、ウルスの販売を「3000台くらい」と見積もっていた | ランボルギーニが2019年前半(1月から6月)の販売状況を公開し、当然ながら過去最高であったこと、そして4,553台を ...

>アウディ(Audi)

アウディが日本でもフラッグシップSUV「Q8」発表!V6ターボ+ハイブリッド、押し出しの強いルックスを持ち9,920,000円から

2019/7/3    , , , ,

| おそらく実車は強い衝撃を受けるほど格好良いと思う | アウディジャパンが、日本市場において「Q8」を発表。Q8はアウディのSUVにおけるフラッグシップであり、「スポーティーかつラグジュアリー」なク ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M8/M8コンペティションが日本でも発売。8シリーズに比較して「320i一台分」の価格差は納得できるか?その詳細を見てみよう

2019/7/1    , , ,

| 値下がり率もM8のほうが低いと思われ、M8は割高とは言い切れない | BMWジャパンが「M8」「M8コンペティション」を日本国内にて発表。つい先日もX7、新型7シリーズ、X3 M/X4 Mを発売し ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが新型X7(1079万円~、7シリーズ(1090万円~)、X3M/X4M(1268万円~)を発表。7シリーズの最上位モデルは2523万円

2019/6/26    , , , , , , ,

| 最近のBMWは強気の価格設定を行うことが多いようだ | BMWが一気に新型7シリーズ、X7、X3M/X4Mを国内にて発表。これまでの例からすると国内発表のタイミングはかなり早いと思いますが、ここで ...

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >韓国の自動車メーカー

日本に再進出のヒュンダイ。米品質調査ではヒュンダイグループが1-2-3を独占するも、「日本で売るのは難しいだろう」とボクが思うその理由

| たしかに品質は劇的に向上したのかもしれないが | JDパワーが定期的に公開している「自動車メーカーの品質調査」。これによると、信じがたいことに「ジェネシス」「キア」「ヒュンダイ」といった韓国勢が1 ...

>マツダ(MAZDA)

日本では競争率17倍の限定モデル、マツダ・ロードスター30thアニバーサリーエディション。米では4時間で完売し、143台が追加されることに

| なお日本の割当は110台、アメリカは合計で643台 | マツダ・ロードスターは1989年に発表された初代(NA)から数えて30年を数えますが、それを記念して投入されたのが「マツダ・ロードスター 3 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタが北米向けとして86「箱根エディション」を限定発売!日本での「ブリティッシュグリーンエディション」に似ているがちょっと違う

| 基本的には同じだがブレーキはブレンボではない | トヨタの北米法人が86の限定モデル「トヨタ86 Hakone(箱根)エディション」を北米市場向けに投入。北米において「箱根」の名が有名なのかどうか ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

内外装すべて真っ黒!マットブラックに「ナイトパッケージ」装着のメルセデスAMG G63が国内限定発売

5月12日までの期間限定受注。お値段2320万円 メルセデス・ベンツ日本が国内向けに「メルセデスAMG G63」の特別仕様車、「メルセデスAMG G 63 Edition Matt Black(G63 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスが米国にてLC500より高価な「RC Fトラックパック」の価格を発表。なお、レクサスの北米価格を調べてみると、日本国内の価格より全体的に30%くらい安いようだ

日本から輸出しているのに日本国内の価格のほうがずっと高い レクサスはRC Fのハードコアバージョン「RC Fトラックパック(日本ではRC Fパフォーマンスパッケージ)」を発表しており、この発売は日本だ ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

北米仕様のBMW Z4 M40iは「380馬力」、でも日本は「340馬力」。ほかにもある、ボディカラーや仕様の日米差を見てみよう

| そこには規制の差や嗜好、市場規模の差があらわれているようだ | BMWの米国法人がカーコンフィギュレーター上に新型BMW Z4のトップグレード、sDrive M40iを追加。 日本においても先日新 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >フォード(FORD)

米国で謎の「セダン復権」!若者が乗るクルマの上位にはズラリとセダンが並びSUVは壊滅状態

| 踏ん張ったトヨタ、ホンダには春が来た | 現在アメリカを始めとする自動車市場においては「SUVでないと売れない」と言われて久しい状態。よってフォードはアメリカ市場で「セダンとコンパクトカー」市場か ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

アメリカでトヨタC-HR大幅値下げ。市場で急増するSUVへの競争力を維持できず?なぜ日本では値下げされないのかを考える

アメリカ市場と日本市場では規模、そして利益構造が異なる トヨタが北米において、2019年のC-HRを1,505ドル(17万円)値下げ。ただし単純に値下げを行っただけではなく、装備内容を見直したとしてお ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.