台数

BMWのステアリングホイール

BMWが2021年に221万台を販売し過去最高の販売台数を記録!チップ不足のなかでも納車を進め5年ぶりにメルセデス・ベンツを高級車セグメントの王座から追い落とすことに

| なんだかんだ言ってBMWの「巨大キドニーグリル」の評判はけっこういいんじゃないか | 2021年の販売においてはMモデル、とくにM3とM4が伸びる さて、現在ロールスロイス、ランボルギーニ、ベント ...

ロールスロイス

ロールスロイスの2021年における販売台数は「117年の歴史の中で過去最高」!前澤友作「ファントム織部」のようなオーダーメイド車両の製作依頼が急増

| コロナの影響が色濃く残った2020年に比較して伸びるのは当然のこと、過去最高を発表する自動車メーカーが相次ぐ | 台数に加え、「利益」のほうが大きく伸びたんじゃないかと思う さて、現在各自動車メー ...

ポルシェ

ポルシェも2021年に「過去最高の販売台数を記録した」と発表!なおドイツでポルシェを買ったのは2,914人に一人、アメリカでは4,705人に一人、日本では17,948人に一人

| ドイツでの「ポルシェ濃度」は日本とは比較にならないほど高そうだ | 最も売れたのはやはりマカン、次いでカイエン、そしてタイカン さて、フォルクスワーゲングループではベントレーとランボルギーニが「過 ...

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12

ランボルギーニは2021年に8,405台を販売し過去最高の売上を記録!さらに向こう1年の生産はすべて決まっており、2022年には「4つのニューモデル」を発表

| ランボルギーニの勢いはとどまるところを知らない | ただし「ウルス依存」なのはちょっと気になる さて、フォルクスワーゲングループ内のブランドだとベントレーが「歴史上、過去最高の販売台数を記録した」 ...

ブガッティ・シロンの生産枠は残りあと40台!1年以内に後継モデルを内覧し3年以内に発売開始。なお、ほかにも数台のニューモデルが控えているというが

2021年12月/通年での輸入車販売台数が公表!もっとも伸びたのはブガッティ、2位はヒュンダイ!ヒュンダイは日本再参入の準備を開始か

| 各社ともチップ不足に悩まされており、今回の数字は必ずしも需要を正確にあらわしているとはいい難い | 国産車は「コンパクトカーが好調」だが、輸入車でもルノーやプジョー、シトロエンの元気がいい さて、 ...

マスタング

これまで毎年「世界で最も売れたスポーツカー」だったマスタング。2021年には史上最悪の売上を記録しダッジ・チャレンジャーに王座を譲り渡すことに

| 急激に販売が落ちた理由、そしてダッジ・チャレンジャーの販売が伸び続ける理由はわからない | ただ、すぐさまフォードがマスタングを販売終了とすることはないだろう さて、現在飛ぶ鳥を落とすほどの勢いを ...

テスラ・モデル3、モデルS、モデルX

テスラが2021年の米国高級車市場にてレクサス、アウディ、メルセデス・ベンツを抜きBMWに次ぐ2位に浮上!さらには2022年の早い段階でBMWを抜く可能性も

2022/1/9    , , ,

| テスラの快進撃は(今のところ)とどまるところを知らない | テスラはあと2−3年は優位性を保つことができるだろうと考えている さて、世界中のプレミアム/ラグジュアリーカーセグメントにおいては、予想 ...

ロータス

ロータスの2021年は24%増、過去10年間で「最高」に。なお日本は英国に次ぐ2位の市場、アメリカも伸び香港は過去最高を記録

| エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの最終モデルに人気が集まる | これからロータスは「エミーラの時代」へ さて、ロータスが「2021年の世界販売台数が24%増となり、過去10年で最高の販売台数を記録 ...

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンが2021年、「同社史上、英国でもっとも売れたブランド」に!「もっとも売れたEV」は2位に3倍ほどの差をつけてテスラ・モデル3

| 欧州市場の全体的な動向として「SUVよりもコンパクトカー」、そして価格志向が強いようにも思える | EVについては価格、そして航続距離もかなり重視されているもよう さて、フォルクスワーゲンが202 ...

ベントレー

ベントレーが2年連続で販売台数記録を更新!最も売れたのはベンテイガ(40%)、そしてコンチネンタルGTは33%、フライングスパーは27%

| 地域別だともっともベントレーが売れたのはアメリカ、それに次ぐのは中国 | やはり中東でのベントレー人気も根強いようだ さて、現在自動車メーカー各車が2021年のの業績を相次ぎ発表しているところです ...

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツGクラス(ゲレンデ)の販売台数が過去最高を記録!さらにSクラスは前年比+40%、マイバッハは+50%を記録し、2021年は同社にとって「良い年」であったようだ

| ゲレンデ人気はもはや日本だけではなくもはや世界中に拡大 | 高級車を中心に高利益モデルの販売が伸長 さて、メルセデス・ベンツGクラス(ゲレンデ)の販売が伸びている、とのこと。メルセデス・ベンツその ...

ポルシェ

2021年の北米においてタイカンはパナメーラ、718ケイマン/ボクスターの「倍」を売り911に迫る人気を獲得。これによってポルシェのEV比率は13.5%、PHEV含む電動化比率は17%に

| まさかタイカンがここまでヒットするとは思ってもみなかった | おそらくポルシェの「EV比率」「電動化比率」は現時点で(他社に比較して)相当に高い さて、ポルシェが「2021年の米国市場にて、タイカ ...

トヨタ

トヨタが米国市場で「販売No.1」に!同市場で米国自動車メーカー以外が首位を獲得するのは史上初、そしてGMは90年ぶりに王座から陥落

| トヨタはチップ不足の苦しい状況の中でも販売を伸ばし、逆にGMは販売が縮小 | チップの供給が回復した際にトヨタがこのまま首位をキープできるかには注目したい さて、2021年の自動車メーカー各社の納 ...

テスラ

テスラが6四半期連続で過去最高を記録し2021年第4四半期に30万台を販売!通年で93万台を販売し、昨年の50万台の「ほぼ倍」を売ることに

| テスラで問題となるのは「需要」ではなく「需要を満たせるかどうか」 | 大量の納車待ちをどれだけ消化できるかがテスラの最大の課題 さて、ロイターによると、テスラが発表した2021年第4四半期の出荷台 ...

テスラ・モデルX

テスラが昨年1年分の販売台数に相当する50万台をリコール!対象はモデル3とモデルS、とくにモデルSは問題発生率14%に。一方、欧州ではモデル3が「もっとも売れたEV」となる

| 品質問題云々が叫ばれる割にはテスラのリコールはそう多くないようにも思う | 販売面では非常に好調ではあるものの、フォルクスワーゲングループが「脅威」となりそう さて、テスラがフロントトランクとリア ...

アストンマーティン

2021年11月の輸入車登録状況!あまり大きな動きはなく、しかしメルセデス・ベンツは販売が「ほぼ半分」に

| 加えて、多くのメーカーが2021年の終了に向けて軟着陸に入ったようだ | 中には意図的に供給が抑えられているように思えるブランドも さて、2021年11月の輸入車登録状況が公開に。全体としては前年 ...

トヨタGR86

2021年11月の国内ブランド登録状況は波乱含み!マツダがスズキに抜かれ、スバルにも追い上げられる状態に。もっとも伸びた車種は前年比21.5倍のエクリプスクロス

| 12月にCX-5の登録が伸びなければ、マツダはかなりヤバい状態に | 新車の有無も関係していそうだが、やはり大きく販売を左右する要素は「チップを確保できるかできないか」だと思われる さて、2021 ...

ランボルギーニ・ウルスは12月4日でちょうど4歳!すでにランボルギーニ史上2番めに売れたモデルとなり、もっとも多くの利益と新規顧客をもたらしたクルマに

ランボルギーニ・ウルスは12月4日でちょうど4歳!すでにランボルギーニ史上2番めに売れたモデルとなり、もっとも多くの利益と新規顧客をもたらしたクルマに

| ウルスなくして今日のランボルギーニの成功は語れない | もはやSUVはスーパーカーメーカーが生き残るために「欠かせない存在」となっている さて、ランボルギーニがウルスの「4周年」を振り返り、その成 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5