台数

自動車デザインに異変アリ?トヨタの奇天烈なデザインが支持され、ホンダのスマートなデザインが不人気になってしまった現状を考える

| ここまで自動車に「個性」が求められるようなった時代は今までにない | さて、最近の国内自動車登録ランキングを見ていて思うことがあり、それは「アクが強いクルマばかりが売れるようになったな」ということ ...

米高級車市場でレクサスが念願の1位!なお話題のジェネシスは最下位に沈む。メルセデス、BMWは工場が稼働せず「クルマを作れず」販売減

| 全体的に見ると昨対の数字は悪くない | さて、まだまだコロナウイルスの影響が続いている自動車業界ですが、米ブルームバーグによると、2020年第三四半期の米高級車市場における新車販売台数につき、レク ...

偽装最薄のタイカン・スポーツツーリスモが目撃!なお米でもタイカンはポルシェで3番目に売れたモデルとなり「パナメーラのシェアを食う」

| ただしこの現象はポルシェの「想定通り」? | さて、先頃より頻繁に目撃されているポルシェ・タイカン・クロスツーリスモのプロトタイプですが、今回”ほぼカモフラージュなしの”タイカンが目撃されることに ...

2020年9月の輸入車登録。ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ、そしてアメ車が好調。やはり趣味性が高く個性が強いブランドの需要は廃れない

| 一方、英国車の人気は全般的に低かった | さて、2020年9月の輸入車登録台数。輸入車登録合計だと前年比74%という数字となっていて、国産車の約80%よりもやや悪い数字です。諸外国のように大きく落 ...

2020年9月の国内乗用車登録!異変が多く「アルファード爆売れ」「マツダMX-30が投入前なのにランクイン」「ジムニーシエラの供給増」etc.

2020/10/6    , , , , ,

| 自動車においても人気モデルの寡占化が進む | さて、2020年9月の乗用車登録ランキング(TOP50まで)。ちなみに乗用車全体だと前年比80%にとどまっており、依然として厳しい状態にあることもわか ...

ランボルギーニがコロナ禍においても「単月で過去最高」の販売台数を記録したと発表!2020年は過去最高の売り上げになりそうだ

| とにかくここ最近のランボルギーニの勢いは凄まじい | ランボルギーニが2020年9月の販売が「単月で過去最高」であったと発表。その台数は738台となり、第三四半期での販売は2,038台とこれまた好 ...

信じられないが本当だ!欧州ではタイカンがポルシェで最も売れたモデルに。なおパナメーラの客を奪ったようで、こちらは前年比-71%

| たしかに欧州ではタイカンの人気が高く、アウディの工員までもがポルシェでタイカン製造を手伝っているというが | ちょっと信じられないものの、タイカンが「欧州にて、ポルシェでもっとも売れているモデルに ...

どうしてこうなった・・・。マクラーレンがまた限定ハイパーカー「エルヴァ」の生産台数を引き下げ、当初計画の半分以下に

| エルヴァについては様々な要因が重なった「不幸」としかいいようがない | さて、マクラーレンは「もともと399台限定」にて販売を開始したハイパーカー「エルヴァ」の限定台数を249台へと引き下げていま ...

ホンダNSXのページに「現行モデルの販売は終了しました」の記載!これはいったい何事ぞ!?

2020/9/15    , , ,

| 意外に売れているようで、現行モデルイヤーはすでに完売し、来年分を待つ必要があるらしい | さて、先日ふとホンダNSXのページを開いてみて飛び込んできたのが「現行モデルの販売は終了しました」の文字。 ...

ランボルギーニ・アヴェンタドールが9年で1万台の生産を達成!V12モデルの常識を破り、予想の倍近いペースで売れ続ける

| 1万台目のアヴェンタドールは「SVJロードスター」、タイの顧客のもとへ | ランボルギーニが「アヴェンタドールの生産台数が1万台に達した」と発表。これは発売されてから9年目にしての快挙となりますが ...

韓国にてジェネシスがメルセデス、BMWを抑え「最も売れた高級車」に!しかも韓国ではベンツ、BMWともに日本よりずっと多く売れ、ベンツを買っている人は人口比で日本の3.4倍

| 信じられないが、この数字を見ると韓国の高級車市場は日本を圧倒しているようだ | 総合ニュースによると、韓国市場において、ヒュンダイのプレミアムブランド「ジェネシス」が4年ぶりにメルセデス・ベンツを ...

【今日のニュース】ランボルギーニが「工場生産が通常に戻った」と動画で報告、フェラーリは4-6月決算を発表し「売上が半減、利益も95%減った」

| ただしフェラーリのオーダーは好調で、生産が回復すればこれまで以上の成長を記録しそう | さて、今日のニュース、「ランボルギーニとフェラーリ」編。まずはランボルギーニが現状を知らせる動画を公開してい ...

ランボルギーニが早くも1万台目のウルスを生産!2020年はコロナ禍にもかかわらず6000台のウルスを販売する計画を持ち、2019年の4,962台を軽くオーバー

| たしかに最近はウルスをよく見かけるようになった | ランボルギーニが「10,000台目のウルスを製造した」と発表(ランボルギーニのオフィシャルフォトでは、男性が腕組みをするのが通例となっている。今 ...

そんなに売れているのか新型トヨタ・ハリアー!発売1ヶ月で目標の14.5倍、インプレッサの1年分以上の受注を集める

| トヨタはなぜ目標販売台数を少なく見積もっている? | 新型トヨタ・ハリアーはちょうど6月16日の発売から1ヶ月が経過していますが、ここでトヨタ自動車が「7月16日時点で約45000台の受注を受けた ...

日米でポルシェの販売好調!コロナ禍にもかかわらず米国では前年比130%、日本では116%の成長。”ポルシェは不況に強い”と覚えおいてよさそう

| フェラーリ、ランボルギーニもコロナウイルスの影響下でも成長を見せる | さて、世界は徐々にコロナウイルスの影響から立ち直りつつありますが、自動車メーカーについては「悲喜こもごも」。いくつかの自動車 ...

ランボルギーニのハイパーカー「シアンFKP37」「シアン・ロードスター」の限定台数はなぜ63台と19台?なお「SCV12」のパテント画像が一般公開に

| シアン・ロードスターの「19」は1963年の「19」だった | さて、ランボルギーニはつい先日、少量限定モデル「シアン・ロードスター」を発表しましたが、これは「19台のみ」の限定モデル。そしてクー ...

マツダの販売台数が12ヶ月連続前年割れ、一方スバルは91ヶ月連続プラス。マツダはもう「デザインそのまま」で安いクルマを作るしか生き残る道がない?

| 値段を下げれば売れることはCX-3の1.5リッターモデルが証明した | 2016年以降、アメリカでは自動車販売台数が徐々に減少しているそうですが、そんな中でも「全てのメーカー/ブランドが」縮小して ...

ホンダNSXが米にて過去最大の値引き(215万円相当)を実施!なぜNSXは「納車待ち」の人気車から不人気車へと転落してしまったのか

| やはり重量が重く、ハイブリッド搭載の割にパフォーマンスが高くない | どうやらアメリカでは建国記念日に向けて自動車を大幅ディスカウントして販売するという習慣があるようですが、CarsDirect報 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5