ad-728

「 カウンタック 」 一覧

さすがモナコ!フェラーリF40、ブガッティEB110がミーティングに登場。ブガッティEB110って?

2003年に「最後の一台」が日本へ来て終了と思われたチゼータV16T。実は今でも受注生産可能

こんなコンセプトカーもあった。ストラトス・ゼロの現代版、ベルトーネ「ヌッチオ」





ウラカンの生産が1万台を突破。過去のランボルギーニ各モデルはどれくらい売れていたのかを見てみよう

ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。展示されるミウラ、カウンタック、ディアブロを画像にて

ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場オープニングパーティーへ行ってきた。世界に一台のレアカーも登場

ランボルギーニはクラシックモデルを続々レストア中。今回はイエローのカウンタックを公開

ad-itiran



徐々に価値を上げてきているブガッティEB110が競売に。実質的には「カウンタック」後継といえる車を見てみよう

カウンタックの現代版。デザイナーの考えた「ランボルギーニ・カウンタック・スピリット・コンセプト」が登場

こんなコンセプトカーもあった。カウンタックのエンジンとガルウイングドアを持つミニバン「ベルトーネ・ジェネシス・ランボルギーニ」

もし現代にカウンタックが発売されたら?ロータス、アルファロメオなど「リバイバル」CGが公開に





自宅地下にて、ランボルギーニ・カウンタックのレプリカを17年かけて「手作り」した男の物語

都内でパレードランも。今年も開催、「ランボルギーニ・デイ」がいよいよ開催

ランボルギーニ・セールスレディがカウンタックを紹介。シート調整、給油方法など驚愕の連続

ウラカンオーナーがカウンタックを試乗レビュー。ホワイト外装、レッド内装の美しい個体

エンツォフェラーリのレプリカでスーパーカーミーティングへ→本物のスーパーカーより人気者に

エンジンの「縦置き」「横置き」って何?それぞれのメリットやデメリットを説明してみる

前ランボルギーニのテストドライバー、バルボーニ氏。かつての社長が乗っていたカウンタックに乗る

よく名前の出て来るベルトーネ。そのデザインや「なぜ消滅したのか」を考えてみる

ホワイト内外装+金メッキのランボルギーニ・カウンタックが競売に。予想では7000万円

ほぼオリジナルコンディションのランボルギーニ・カウンタックが競売に。比較的新しい5000QV

ドバイのスーパーカーディーラーに行ってきた。ここだけでポルシェ918スパイダー3台

ランボルギーニ・ミュージアムにて、ミウラ、カウンタック他クラシックモデルを画像にて