>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

スピンドルグリルが巨大に?レクサス「GX」がフェイスリフトし、押し出しの強いアグレッシブな顔つきに

| 変更内容はさほど大きくなく、しかし一気に”レクサス顔”に | レクサスがGX初のフェイスリフト(マイナーチェンジ)を行い、スピンドルグルルが巨大化した新型GXを発表。レクサスGXはランドクルーザープラドのレクサス版ということになりますが、日本には未導入。なお、日本でのレクサスSUVは下から「UX」「NX」「RX」「LX」という構成ですが、もし「GX」が発売されることになれば、RXとLXとの中間ということになりますね。

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

カーレックスがマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。3D技術を使用した立体的な仕上がりに

| この内装が手に入るのであれば数百万の支出も悪くない | ポーランド拠点の内装スペシャリスト、カーレックス・デザイン(Carlex Design)がマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。例によって「内装総張替え」ですが、、単に素材を置き換えるだけではなくダッシュボードやシート、ステアリングホイールはオリジナルデザインによってドレスアップされることに。なお、先日公開した日産GT-R同様、そのカラーはブラックとレッド。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMW M5コンペティションがニュルにて「セダン歴代2位」「BMW歴代2位」の7:35.90を記録。そしてBMWは「Vision M Next」の発表を予告

| ヴィジョンMネクスト・コンセプトはテクノロジーとドライビングプレジャーとを融合 | BMW M5コンペティションがニュルブルクリンクにて7:35.90というタイムを記録。これはニュルブルクリンクのランキングだとだいたい68位あたりに位置するタイムで、ポルシェ・パナメーラ・ターボの7:38.00よりも速いタイム。ただ、残念なことにセダン最速のアルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオの7:32.00にはおよばず、「セダンでは2位」。なお、4ドア「クーペ」だとメルセデスAMG GT63 S 4MATICが ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレン・スピードテールを注文した富豪が仕様決定のためマクラーレン本社へ。「最終的に2つに絞ったが決めきれない。どちらがいいと思う?」

| マクラーレンからもらったお土産もあわせて披露 | 先日、自身のガレージを紹介し、新しくフォードGT、マクラーレン・スピードテール、ケーニグセグ・ジェスコ、ブガッティ・シロン・エルメス、メルセデスAMG ONEが納車されることを明かしたアメリカ在住の富豪、マニー・コシュビン氏。今回はマクラーレン・スピードテールの仕様を決定するためにマクラーレン本社を訪問した際の様子を紹介しています。 富豪が自身のガレージを紹介。「エルメス仕様のシロンがもうすぐ納車だ。スピードテール、AMG ONE、ポルシェ935、フォ ...

ReadMore

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・バッティスタがアートカーに!ダ・ヴィンチ没後500年を記念しロズベルグ、ハイドフェルドという二名の元F1ドライバーがアンヴェール

| この二名が揃うのはなかなかレア | ピニンファリーナの新型ハイパーカー「バッティスタ」がアートカーに変身。これはレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念したもので、大英図書館にて開催される「A Mind in Motion」と題された催しにて展示される、とのこと。そしてこのピニンファリーナ・バッティスタをアンヴェールしたのはなんとニコ・ロズベルグとニック・ハイドフェルドという二名の「元F1ドライバー」。 加えてピニンファリーナ・バッティスタを公に見ることができる機会はまだなく、非常にレアな展示だと ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】ル・マン優勝を飾ったトヨタが早速来季に向けて始動!GRスーパースポーツを豊田章男社長自らがステアリングを握りテスト開始

| 来年のル・マン24時間レースには待望の「ハイパーカークラス」が設立される | トヨタは「来年のル・マンにはGRスーパースポーツをベースにしたクルマで参戦する」と発表していますが、間を置かずにその「GRスーパースポーツ」をサーキットにてテストする様子を動画にて公開しています。そしてそのステアリングホイールを握るのはトヨタ自動車社長、豊田章男氏。なお、同氏はモータースポーツ活動を行う際には「モリゾウ」名義を使用しているので、この場合「ドライバーはモリゾウ」と表現したほうが正しいのかもしれませんね。

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

新型ポルシェ・ケイマンGT4発表!911GT3の「4リッター自然吸気」を手に入れ、先代モデル比でニュルのタイムを10秒短縮

| おそらくはガソリンエンジン搭載の「718ケイマン」完成形 | ポルシェが718ボクスター・スパイダーの発表と同時に「718ケイマンGT4」を発表。搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。先代981世代の「ケイマンGT4」の出力が385馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。 なお、981世代では「ケイマンのほうが(標準モデル含め全般的に)ケイマンよりパフォーマンスが強調される」設定であったため、981ボ ...

ReadMore

■このサイトについて >ポルシェ・ボクスター関連 ■ニュース

新型ポルシェ「718ボクスター・スパイダー」発表!出力はケイマンGT4と並ぶ420馬力、エンジンは4リッター自然吸気

| おそらく今後、これ以上ハードなモデルは登場しない | 先週に「718ボクスター・スパイダー」のティーザー動画が公開されたところですが、間を置かずしてポルシェが「新型718ボクスター・スパイダー」を発表(718ケイマンGT4も同時発表)。搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。先代981世代の「ボクスター・スパイダー」の出力が375馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。 なお、981世代では「ボクスター ...

ReadMore

>パガーニ(PAGANI) ■ニュース

【動画】年一回、パガーニの祭典にて。レアなパガーニ、サーキット専用パガーニなどが集合し、豪快なサウンドと共にサーキットを走る

| 限定5台のゾンダ・レボルチオンのうち2台が集合 | 毎年開催されているパガーニのイベント、「パガーニ・ラッドゥーノ(Pagani Raduno)」。もちろんパガーニの本拠地であるイタリアで開催され、サーキット走行やツーリングを経て、最終目的地としてサルデーニャ島へと向かうという内容だそうです。今回公開されたのは、そのイベントの一部、「モンツァ・サーキットでの走行風景」。一部のパガーニは「サーキット走行専用」なのでツーリングには参加できず、ここが晴れ舞台ということになりますが、その様子を見てみましょう。

ReadMore

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ルノーF1チームとベル&ロス(Bell&Ross)とのコラボ腕時計が今年も発表。R.S.シリーズは4年目に突入

| 今年も「F1のステアリングホイールをイメージ」したカラーは健在 | 腕時計メーカー、ベル&ロス(Bell & Ross)とルノーR.S.とはこれまで4年に渡るパートナーシップ契約を結んでいますが、毎年恒例の「コラボレーション腕時計」を今年も発表。ベル&ロスは航空機の計器盤にインスパイアされた「読みやすい」ダイアルが特徴で、もっとも有名な「BR01」や「BR03」に比較するとルノーR.S.とのコラボモデルはやや異色と言える存在かも。ただ、ほかのベル&ロスの腕時計にはない独特のデザインを持つことも ...

ReadMore

コンチネンタル

>ベントレー(Bentley) ■ニュース

新型ベントレー・フライングスパー登場。見た目の変わらなさに騙されてはならない、”世界で最も先進的、かつ高級な”スポーツセダンへと進化

| ベントレーは新型フライングスパーに対し、異常なほどの自信を持っている | ベントレーが新型フライングスパーを発表。フライングスパーの歴史は1957年まで遡ることができますが、この「初代」が1966 ...

>ベントレー(Bentley)

【動画】ベントレーがコンチネンタルGTにて「パイクスピーク市販車最速記録」を狙うと宣言。重量2,320キロの車体でどこまで戦えるか

| この不利な車体で記録に挑戦するのはベントレーにとって大きなチャレンジ | ベントレーが6月30日に開催されるレース、「パイクスピーク・ヒルクライム」に向け、このレースのためにカスタムされたコンチネ ...

>ベントレー(Bentley)

【動画】ここまで改造したヤツは今までにいなかったな。ベントレー・コンチネンタルGTを戦車に改造した(しかも完成度高い)猛者が現る

| まだまだ未完成、テストを重ねて高速走行を目指す | これまでジェットエンジンをクルマに装着したりとやりたい放題が報じられたロシアのユーチューバーたちですが、今回も”さすがはロシア”といった魔改造が ...

>ベントレー(Bentley)

ポルシェ製V8ツインターボ装着の「ベントレー・コンチネンタルGT V8」登場。0-100km/h加速は4秒、最高速は318km/h

W12モデルにも見劣りしない装備が自慢 ベントレーが4リッター・ツインターボV8エンジンを積む新型「コンチネンタルGT」と「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表。コンチネンタルGTは第3世代へとス ...

>ベントレー(Bentley)

ベントレー史上もっとも特別、そして豪華な限定モデル!ベントレー・コンチネンタルGT ナンバー9エディション・バイ・マリナーが100台限定にて登場

ベントレー100周年記念、そして1930年にル・マンを走ったレーシングカーへのオマージュ ベントレーが創立100周年を記念し、「ベントレー・コンチネンタルGT ナンバー9エディション・バイ・マリナー( ...

>ベントレー(Bentley) ■ニュース

ベントレー・コンチネンタルGT「コンバーチブル」発表。これまでにない快適さ、豪華さを追求し「ツイード調」トップも用意

| ソフトトップのカラーは7色、これまでにないようなカラーコーディネートも可能に | ベントレーがロサンゼルス・モーターショーに向け、3世代目となる新型コンチネンタルGTコンバーチブルを発表。 すでに ...

>ベントレー(Bentley) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

【試乗:ベントレー・コンチネンタルGT】これが12気筒635馬力!怒涛の加速を体験してきた

| コンチネンタルGTは世界最高のGTカーの一台だ | bentley continental GT さて、ベントレー・コンチネンタルGTに試乗。 ぼくはスポーツカー、スーパーカーが大好きですが、一方 ...

>ベントレー(Bentley) ■近況について ■ニュース

新型ベントレー・コンチネンタルGTを見てきた!変わっていないようで大きく変わった内外装を見てみよう

| 新型ベントレー・コンチネンタルGTはけっこう進化していた | bentley continental さて、昨年末に発表された新型ベントレー・コンチネンタルGT。 その試乗車がついに配備され、さっ ...

>ベントレー(Bentley) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ベントレーはグッドウッドにニューモデル3台を持ち込み。目玉はコンチネンタルGT3?

| 地元イギリスだけに気合十分 | ランボルギーニがフルラインアップでのぞみ、トヨタは新型スープラを持ち込むと宣言した今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(FOS)ですが、ベントレーは「 ...

>ベントレー(Bentley)

ベントレーはベンテイガにスポーツグレード”スピード”を設定の意向、608馬力からさらにパワーアップ?

| ベントレーはベンテイガにも「スピード」グレードを設定 | Autocar報じたところによると、ベントレーはベンテイガに「スピード」を設定する模様。 「スピード」はベントレーにおけるスポーツグレード ...

>ベントレー(Bentley)

ベントレーはイキナリ「エコ」ブランドに。「内装は非レザー」「次期コンチネンタルGTはEV」

| ベントレーは「エコ」ブランドへと路線変更? | ベントレーの新CEO、エイドリアン・ホールマーク氏が「我々の顧客に関し、環境意識が急速に高まっている」とコメント。 これは同氏がBloombergに ...

>ベントレー(Bentley)

また出たベントレー・コンチネンタルGT魔改造。ベンテイガもびっくりのオフローダーに

| ベントレー・コンチネンタルをオフローダーに魔改造 | ベントレー・コンチネンタルGTをオフローダーに魔改造してしまった車両(ベンテイガではない!)がオランダにて販売中。 以前にアメリカで販売されて ...

>ベントレー(Bentley) ■服や小物、時計、雑貨など

限定300台、ヘルメットとブライトリングの腕時計が付属する「ベントレー・コンチネンタルGT3-R」が中古市場に

| 限定300台のレアなベントレー・コンチネンタルGTが中古にて | ベントレー・コンチネンタルGT3-Rが中古市場に登場。 その価格2400万円ほどですが、限定台数300台というレアカーとしてはまだ ...

>ベントレー(Bentley)

ベントレーが新型コンチネンタルGT[ファースト・エディション」発表。オイルキャップは宝石仕上げ

ベンテイガにも設定された、「発売記念モデル」 ベントレーが新型コンチネンタルGTの発売を記念し、「最初の限定車」となる”ファースト・エディション”を発表。 その内容として、主なものは22インチホイール ...

>ベントレー(Bentley)

ベントレー・コンチネンタルGT3発表。ノーマル比-944キロ、カーボンボディで戦闘準備完了

★ベントレー・コンチネンタルGTのレーシングバージョンが登場★ ベントレーが新型コンチネンタルGT3を発表。 これは今年8月に発表された新型コンチネンタルをベースにした競技用車両ですが、フロントの巨大 ...

>ベントレー(Bentley)

ベントレー・ミュルザンヌを「クーペ化」するチューナー。コンチネンタルに顔面スワップではダメ?

ベントレー・ミュルザンヌをクーペに改造するチューナー登場。一体なぜ? ドイツのチューナー、Mcchip-DKRがベントレーミュルザンヌをワンオフにてクーペ化し、「ミュルザンヌ・クーペ」を製作中。 「ミ ...

>ベントレー(Bentley)

あの魔改造ベントレー・コンチネンタルGT”ラリーエディション”が競売に。現在入札バトル中

以前にもお伝えしたベントレー・コンチネンタルのオフローダー風カスタム車。 フォード・マスタングベースのレプリカと伝えられていたものの、今回e-bayにて販売されている内容を見ると、どうやらレプリカでは ...

>ベントレー(Bentley)

ベントレーが新型コンチネンタルGTのコンフィギュレーター公開。とりあえず自分仕様を作ってみた

ベントレーが早速新型カーコンフィギュレーターを公開。 早速試してみると、ボディカラーについてベントレー推薦カラーが17色、オプションが13色。 先代では人気のあった「ツートンカラー(フロントフード中央 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.