>ロールスロイス(Rolls-Royce)

2020年8月の輸入車登録台数。全体では前年比84.3%まで戻し、国産車の80.5%に比較し回復が鮮明に

さて、2020年8月の輸入車登録台数。輸入車全体では前年比84.3%となっており、国産車の80.5%に比較すると「回復基調が強い」とも考えられます。なお、今月についてはとくに「大きく伸びた」ブランドも ...

新型ロールスロイス・ゴースト発表!「グリルはLED内蔵で光る」「室内は静かすぎてエアコンの送風音すら気になるほど」

| すべてにおいて新型ゴーストは大きな進化を遂げている | ロールスロイスが予告通り、フルモデルチェンジ版となる新型ゴーストを発表。プラットフォームはファントムそしてカリナンと同じフレキシブル・アルミ ...

お騒がせなロールスロイスのワゴンはコーチビルダーによるワンオフモデルだった!「レイス・シルバースペクター」

| 1台だけではなく合計7台が製造される模様 | さて、先週から今週にわたりネット上を騒がせた「ロールスロイスの謎ワゴン」。まずは全身をカモフラージュで覆われたプロトタイプがスクープされ、その次にそれ ...

【今日のニュース:英国車編】ベントレー・フライングスパーにカーボンパーツ装着の特別仕様車設定、ロールスロイスのワンオフワゴンが目撃に

| これでようやく「世界最速のセダン」っぽいルックスに | さて、今日のニュース、英国車編。まずは昨年6月に発売されたばかりのベントレー・フライングスパーに追加となった「スタイリング・スペシフィケーシ ...

ロールスロイスがエンブレムを変更!スピリット・オブ・エクスタシーは二次元化、ブランドカラーはパープルに

| ロールスロイスがパープル?だが聞けばその理由にも納得 | さて、自らのクルマをして「人類が作りうる最高の自動車」と表現するロールスロイス。その思想の源流にあるのは、副創業者であるサー・ヘンリー・ロ ...

アウディ、ベントレーがリコール発表。いずれも日本国内での問題が原因、やはり欧州車は日本の道路環境にマッチしにくい?

| 日本には何といっても他の国よりもひどい「渋滞」がある | アウディ、そしてベントレーが日本国内においてリコールを届出。アウディはトランスミッション(Sトロニック)、ベントレーはパーキングランプ(ス ...

ロールスロイスの謎ワゴン試作車目撃→職人が早速予想CG製作。本家ロールスからは9/1に新型ゴーストを発表とアナウンス

| このまま発売されてもおかしくないほどの秀逸なレンダリング | つい昨日、「ワゴンボディを持つ謎のロールスロイスのプロトタイプ」のスパイ動画が公開されたところですが、早速アーティストによる「予想レン ...

ホンダやフェラーリで経験を積んだデザイナーの描く「NSXコンセプト」!そのほかマツダ、日産等の秀逸なレンダリングも

| いずれも劣らぬ素晴らしいデザイン | ホンダやジャガー・ランドローバー、BMWでエクステリアデザイナーを努め、フェラーリではエクステリアデザインチームのインターンシップも経験したデザイナー、ジュリ ...

【今日のニュース:英国車編】ベントレーが限定コンチネンタルGT生産開始、ロールスロイスも限定ドーン発表、そしてEVコンバート企業がクラシックファントム等をEV化し販売

| クラシックカーのEV化は今後、なかなかいいビジネスになるかもしれない | さて、今日のニュース、英国車編。まずはベントレー・コンチネンタルGTの限定モデル「ベントレー・コンチネンタルGTリミテッド ...

知ってた?ブレーキキャリパーの位置は車種によって異なるようだ。クロカン4WDは「上」、スポーツカーは「中央」、サルーンは「外」

| ただしそれは一般論であって例外も少なくはない | さて、クルマのブレーキキャリパー位置はメーカーや車種によって様々ですが、WEBカートップにて、その取り付け位置について述べた記事が公開されています ...

2020年7月の国内輸入車登録!入荷がなく在庫を持たないフェラーリ/ランボルギーニは売るべき車がなく苦しそう。なおスマートが7月に売ったのはわずか「1台」

| ビジネススタイルの差が7月の明暗を分けたが、まだ勝負はわからない | さて、2020年7月の輸入車登録。全体としては18,338台を登録し、これは前年比で82.1%という数字です。メルセデス・ベン ...

これが中国人の、中国人による、中国人のための上級国民専用高級車、「紅旗E-HS9」だ!ちょっとロールスロイスっぽいけど

| これが中国人の「好み」を端的に表しているとすれば、欧米自動車メーカーはなかなかここまで行けない | 中国にてもっとも高級なクルマを作っているブランド、紅旗(Hongqi=ほんちー)。今回はそのフラ ...

【今日のニュース:新型車編】メルセデス・ベンツのミニバン「Tクラス」予告、新型プジョー3008がリーク、マセラティが「トロフェオ」グレード拡大etc.

| ロールスロイスは新型ゴーストのティーザー第二弾を公開 | さて、今日のニュース新型車編。まずはメルセデス・ベンツがブランニューモデル「Tクラス」を発売するというものですが、これはVクラスの下に位置 ...

【今日のニュース:英国車編】ロールスロイスが新型ゴーストのティーザー投下、元アストンマーティンのデザイナーが個人的にヴァンキッシュをリメイクし25台のみ限定発売etc.

| ロールスロイス・ゴーストのライフサイクルは10年 | さて、今日のニュース「英国車編」。 まずはロールスロイスについてですが、新型ゴーストのティーザーキャンペーンを開始し、一枚の画像をリリース。現 ...

ロールスロイスが新たなるワンオフモデルのデザインを出願!車体後半はまんまボート、ウワサされる「ボートテイル」か

| 欧米では富豪とボートは切り離せない | さて、ロールスロイスは「ワンオフビジネスを強化する」と発表していますが、今回はその「新たなワンオフモデル」のパテント画像が(特許庁に相当する機関によって)公 ...

ロールスロイスが「暗号」モチーフの限定レイス「クリプトス」を発表!CIA本部に設置される暗号碑文をイメージ

| ルーフ内張には暗号を模した光が前から後ろに流れる | ロールスロイスは他の自動車メーカーには無いほどの幅広いカスタムができることで知られますが、今回は自社にてカスタマイゼーションを施した特別仕様車 ...

低反発マット販売で財を成した富豪の新しい一台は「イスパノ・スイザ・カルメン」!ボディカラーは自身専用の”フックス・フクシア”

| これまではロールスロイスやマクラーレンなどメジャーメーカーのクルマを好んでいたが | これまでにも数々のカスタムされたエキゾチックカーの購入が報じられた米富豪、マイケル・フックス氏。低反発マットの ...

これが8歳の子供が考えたロールスロイス?子供を対象にしたデザインコンペ応募作のレベルがあまりに高すぎ。今すぐロールスは子供たちを雇うべき

| 子どもの発想は大人の常識を超える | ロールスロイスが「ヤングデザイナー・コンペティション」と題して開催したイベントにて、最優秀作品が公開に。これは8歳のメーガンさんが考えた「蝶にインスパイアされ ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5