>その他アメリカ車

キャデラックのデザイナーが魅力的な「4シータースポーツ」コンセプトを公開

キャデラックのデザイナーが魅力的な「4シータースポーツ」コンセプトを公開!ボクとしてはぜひ2002年の「シエン」をエレクトリック時代に復活させてほしい

| キャデラック「シエン」は記憶に残る名作だった | さて、GMのデザイナー、ジョウ・ファン(Zhou Fang)氏がキャデラックの美しいクーペのスケッチをインスタグラム上にて公開。現時点ではその名も ...

ジープ

ジムニー対抗?ウワサされていたジープのエントリーモデルがついに発売決定との報道。フィアット、アルファロメオからも兄弟車が登場するようだ

| 欧州では「コンパクトクロスオーバー」がもっともアツい | さて、かねてよりウワサされていた「ベイビージープ」。これはレネゲードの下に位置するエントリーモデルということになりますが、この登場がどうや ...

あのヴァイパーが復活したらこうなる!毒蛇の王、「ヴァイパー・バジリスク・コンセプト」が学生によって考案される

あのヴァイパーが復活したらこうなる!毒蛇の王、「ヴァイパー・バジリスク・コンセプト」が学生によって考案される

| 実際に復活するにしても、数年先に「ピュアエレクトリックとして」の可能性しか考えることができない | さて、ヴァイパーは2017年に生産を終了したままの状態となっていますが、今回カーデザインを学ぶ学 ...

やはりいつ見てもインパクト大!ルイ・ヴィトン×シュプリーム柄のダッジ・チャレンジャーが目撃される

やはりいつ見てもインパクト大!ルイ・ヴィトン×シュプリーム柄のダッジ・チャレンジャーが目撃される。そのほか「え・・・」なカスタムカー15選

| 未だに「ルイ・ヴィトンとシュプリーム」を超えるレベルのコラボレーションは存在しないようだ | ちょっと前にルイ・ヴィトンとシュプリームとのコラボレーションが行われた際に人気化した「LV X Sup ...

またまた「いいところを見せようとした」イベント帰りのダッジ・チャレンジャーが盛大にクラッシュ

【動画】またまた「いいところを見せようとした」イベント帰りのダッジ・チャレンジャーが盛大にクラッシュ!もはや事故に慣れたのかギャラリーの視線が冷たすぎる件

| ギャラリーの「またか・・・」感がハンパない | さて、アメリカにて開催された「カーズ&コーヒー」イベントにて、またまたクラッシュが発生。その様子が動画にて収められていますが、コメント欄を見ると「ク ...

世界初「ソーラー充電EV」、ハンブル・ワン登場

世界初「ソーラー充電EV」、ハンブル・ワン登場!1日あたり97km走行分を充電でき航続距離は800km。ルックスもなかなかで価格は1160万円から

| これだけの価格を出して新興EVメーカーのクルマを買うにはちょっと勇気が要求されそうだ | さて、現在は拡大するEV市場の恩恵にあずかろうと様々な新興EVメーカーが登場していますが、ここで紹介する「 ...

めったに売り物が出ない米スーパーカーメーカー「サリーン」のハードコアモデル、S7 LM

めったに売り物が出ない米スーパーカーメーカー「サリーン」のハードコアモデル、S7 LMが競売に。生産わずか7台のみ、予想落札価格は1.4億円

| サリーンS7 LMの細部をよく見てみると、予想価格も納得の素晴らしい出来を持っているようだ | さて、その名はよく耳にするものの、なかなか売り物が出てこない「サリーン」。もともとはレーシングドライ ...

ジープ・ラングラーが世界で二番目に売れているのは日本

え?そうなの?なんとジープ・ラングラーが世界で二番目に売れているのは日本!ジープの国内販売台数がこの10年で13倍に増加した謎に迫る

| むしろ他の国でジープがそんなに売れていなかったことが驚きだ | さて、驚くべきことではありますが、日本はジープ・ラングラーが「世界で二番目に(アメリカに次いで)売れている」国なのだそう。さらには「 ...

ダッジ・チャレンジャーがドリフト失敗

【動画】まさに間一髪!ドリフトに失敗したチャレンジャーに轢かれそうになるもののスーパーヒーローばりの回避能力にて事なきをえた男

| 一歩間違えば大惨事に | さて、アメリカはロサンゼルスにて開催されたカーミーティングにて、ダッジ・チャレンジャーが盛大にクラッシュ。状況としてはドリフト時にコントロールを失い街灯に突っ込むというも ...

あのリバティー・ウォークがジープ・ラングラーを鬼カスタム

あのリバティー・ウォークがジープ・ラングラーを鬼カスタム!やはりリベットつきカーボン製オーバーフェンダーは外せない

| ときどき、ジープ・ラングラーを買ってカスタムしまくりたい衝動に駆られる | さて、スーパーカー向けのワイドボディキットをリリースすることで知られるリバティーウォークですが、今回はなんとジープ・ラン ...

GMCハマーEVに「SUVボディ」追加!ハードな中にもスタイリッシュさが光る

GMCハマーEVに「SUVボディ」追加!ハードな中にもスタイリッシュさが光る!実際に目にするとその迫力に圧倒されそうだ

2021/4/4    , , ,

| 日本にも並行輸入で入ってきそうだが、EVだけに充電規格やメンテが心配 | さて、GMはハマーのリブート版として「GMCハマーEV」を発表していますが、今回はSUVボディを持つ「GMAハマーEV S ...

日産フェアレディZ

米2021年第1四半期において、フェアレディZはなんと28台しか売れていなかった!なおGT-Rは50台、カマロは7,889台、マスタングは17,274台、登場から13年のチャレンジャーは15,096台

| この状況で日産はよくフェアレディZを終了させずにモデルチェンジしようと考えたな | さて、アメリカにおける2021年第1四半期、つまり1月から3月のスポーツカー市場において興味深い現象が発生してい ...

ハマーEV

いったいなぜ?高額落札相次ぐ「生産第一号車」の競売!ハマーEVは2.7億、フォード・ブロンコは1.2億、ラム1500は4400万円

| アメリカの富豪は「チャリティ」経由で人々や社会に貢献しようという意志が強いようだ | さて、アメリカにて比較的人気があるのが、その車種の「生産第一号車」。そしてこれをチャリティオークションへかけ、 ...

ル・マン・ハイパーカークラスに一番乗りで参戦を表明したSCG。そのSCG007の公道走行版を発売し、「市販車でのニュル6分切り」を狙っているようだ

ル・マン・ハイパーカークラスに一番乗りで参戦を表明したSCG。そのSCG007の公道走行版を発売し、「市販車でのニュル6分切り」を狙っているようだ

| ただしスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス 007S(ストリート)の価格は2億5000万円 | さて、ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス=LMH」にさっそうと名乗りを上げたアメリカの ...

6輪ジープカスタム、「アポカリプス」

これで世界の終末も乗り越えられる!ジープの6輪カスタム「アポカリプス・ヘルファイア」が2000万円オーバーで販売中

| 意外と世界中では6輪オフローダーの需要が高かったようだ | さて、メルセデス・ベンツG63 AMG 6X6に端を発する6輪ブーム。その後は米チューナー、ヘネシーがフォードF-150を6輪化したり、 ...

ミリタリースペックのハマーH1

その価格4500万円!ウルトラハードなカスタムが施され「かつてないほどラグジュアリー」にトランスフォームされたハマーH1 M1-Rが登場

| さすがにここまでハードなハマーは見たことがない | さて、アメリカを拠点にハマーH1のカスタムを行っているミルペックオートモーティブ。ボルト1本にいたるまでこだわり抜いたカスタムハマーをリリースす ...

ブルネイ王室が発注した米スーパーカー「ベクターM-12」が競売

【動画】ブルネイ王室が発注した米スーパーカー「ベクターM-12」が競売に!一時はランボルギーニと関連会社だったことからディアブロのV12エンジンを搭載

| ベクターM-12は今見ても本当に美しいクルマだと思う | さて、アメリカのスーパーカーメーカー、「ベクター・モータース」が発売したスーパーカー、M-12(1999年製)がオークションに登場予定。こ ...

創業1年で上場し「10万台の受注を集めた」ことで株価が高騰したローズタウンの受注がウソだった

米でバブル化しつつある新興EVメーカーの株式公開。創業1年で上場し「10万台の受注を集めた」ことで株価が高騰したローズタウンの受注がウソだった模様。今後こういった例が多数出そうだ

| 上場直後の値上がりだけを目的に会社を作り、上場させるEV関連企業がいっぱい出てきそう | さて、現在アメリカにて盛んなのが特別買収目的会社上場によるEV(電気自動車)関連会社の株式公開。これによっ ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f