>その他アメリカ車

レッドのデロリアン

世界に1台!レッドにペイントされたデロリアンが420万円で販売中。なお当時はイエロー、ブラックの個体も一台づつ生産されたようだ

2021/9/28    , ,

| デロリアンというと無塗装のステンレス製ボディで知られるが | これらのほかに「ゴールド」に加工された個体も4−5台存在する さて、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズに登場したことで一躍 ...

倒産したデロリアン・モーター・カンパニーを買い取って今でもデロリアンDMC-12を生産・レストアする新生DMC!そのCEOがはじめて工場を動画で紹介

【動画】倒産したデロリアン・モーター・カンパニーを買い取って今でもデロリアンDMC-12を生産・レストアする新生DMC!そのCEOがはじめて工場を動画で紹介

| 工場内に保管しているパーツはなんと4万点 | デロリアンの新車製造に必要なパーツの80%を保有 さて、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場したことにより、ある意味では世界で最も有名なクルマ ...

ブライトリングが「シェルビー コブラ」「コルベット」「マスタング」をフィーチャーした腕時計シリーズ「クラシックカースクワッド」発売

ブライトリングが「シェルビー コブラ」「コルベット」「マスタング」をフィーチャーした腕時計シリーズ「クラシックカースクワッド」発売!1960年代のアメリカンマッスルへのオマージュ

| ブライトリングは矢継ぎ早に「次の手」を打ってきた | 現在のブライトリングは比較的「過去にインスピレーションを求める」ケースが多いようだ さて、先日「ベントレーとの、長きにわたるパートナーシップ」 ...

マスタングの事故

高速の出口にクルマが3台「詰まって」しまう事故。3台とも我先にと出口に殺到した結果こうなった?

| もしそうだとするとクルマを止めた後に殴り合いの喧嘩になってそう | ただしマスタングのドライバーはドアが開かず降りることができなかったのかも さて、アメリカはジョージア州サンディスプリングスにて奇 ...

1250馬力、0-100km/h加速1.9秒、最高速432km/hの3Dプリンター製ハイパーカー「ジンガー21C」はこんなクルマ!あの大富豪が紹介してくれるぞ

【動画】1250馬力、0-100km/h加速1.9秒、最高速432km/hの3Dプリンター製ハイパーカー「ジンガー21C」はこんなクルマ!あの大富豪が紹介してくれるぞ

| これだけ思い切った構造、特異なコンセプトを持つハイパーカーも珍しい | ジンガー21Cは数ある新興ハイパーカーの中では飛び抜けた存在だと考えていい さて、昨今は新興ハイパーカーが次々と登場していて ...

まさかのピンク!ジープが11月までの限定にてラングラーに「タスカデロ・ピンク」を設定

まさかのピンク!ジープが11月までの限定にてラングラーに「タスカデロ・ピンク」を設定

| アメリカではけっこう「ピンク」のクルマが好まれるようだ | たしかに発売されるというウワサはあったが さて、ジープが「まさか」のピンクをオプション設定。このピンクは「タスカデロ・ピンク」と名付けら ...

スタンフォード大学(カリフォルニア)へ行ってきた!構内には「スタンフォード・シェリフ」仕様のダッジ・チャージャーが走っていた・・・

スタンフォード大学(カリフォルニア)へ行ってきた!構内には「スタンフォード・シェリフ」仕様のダッジ・チャージャーが走っていた・・・

| その雰囲気はとても大学とは思えない | 一般人が紛れ込んで授業を聞いていても絶対にバレることはなさそうだ さて、こちらもしばし前の話ですが、Google本社に行ったついでにスタンフォード大学へ。こ ...

【動画】米で人気沸騰、EVスタートアップ「アルファ」による電動トラック、ウルフが正式発表。レトロモダンなデザインに手頃な価格

【動画】米で人気沸騰、EVスタートアップ「アルファ」による電動トラック、ウルフが正式発表。レトロモダンなデザインに手頃な価格

| シルエットはレトロ、しかしディティールを見ると現代風 | ただし手に入れるには2023年まで待たねばならない さて、アメリカの新興EVメーカー、アルファ・モーター・コーポレーションが(いくつかのレ ...

キャデラックがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」参戦表明!LMDh規定を利用する5番目のメーカーに。もう少し参戦メーカーが増えると楽しくなりそうだ

キャデラックがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」参戦表明!LMDh規定を利用する5番目のメーカーに。もう少し参戦メーカーが増えると楽しくなりそうだ

| やはりランボルギーニの参戦希望。メルセデス・ベンツはル・マンと相性が悪く、参戦はないかもしれない | キャデラックだけに、実際に2023年に参戦するマシンは独特のデザインを持つことになりそうだ 以 ...

ヘネシー・ヴェノムF5

ヘネシーが「2.3億円、最高速512km/h」のハイパーカー、ヴェノムF5の「最後の3台」が売れたと発表。これでめでたく限定24台を完売

| おそらくは、どこかで加速やラップタイムの「世界最速」記録に挑んでくるだろう | 注文者の60%は米国からだが、アジアや中等、欧州からのオーダーも さて、米チューナー、ヘネシーは「自社オリジナル設計 ...

ランボルギーニ・アヴェンタドールのレプリカ

アメリカンマッスルベースのランボルギーニ・アヴェンタドール「レプリカ」販売中。エンジンは6リッターV8 / 500馬力、しかしベース車がフロントエンジンなのでちょっと変

| このアヴェンタドールのレプリカの販売価格は510万円ほどだが、今のところ買い手がつかないようだ | 製作には相当なコストが掛かっただろうことは理解できるが さて、ランボルギーニ・アヴェンタドールの ...

リンカーンが2040年モデル、そして「クルマよりもストーリー」を重視した「アニバーサリー」を発表

ボクはこういった未来派コンセプトカーが大好きだ!リンカーンが2040年モデル、そして「クルマよりもストーリー」を重視した「アニバーサリー」を発表

| 自動車が完全に電動化へと移行すると「キャラクター」が薄くなり、各メーカーはそれを補うための方法を模索中 | 2040年の自動車がどういった人に、どういった基準で選ばれるのか想像もつかない さて、キ ...

え?このランボルギーニが紙製?パガーニ、ケーニグセグ、ブガッティなど全長80cm級のペーパークラフトが10ドル前後でダウンロード可能に!

え?このランボルギーニが紙製?パガーニ、ケーニグセグ、ブガッティなど全長80cm級のペーパークラフトが10ドル前後でダウンロード可能に!

| 紙製で軽量なため「壁掛け」などミニカーとは異なる楽しみ方も可能 | 価格も安く、複数台購入しても面白そう さて、先日は「ダンボールでランボルギーニ・アヴェンタドールを作ったユーチューバー」を紹介し ...

新興ハイパーカーメーカー、ジンガーが「C21」にて米サーキットでのコースレコード更新!最高出力1250馬力、100キロまでの加速1.9秒、最高速は452km/h

新興ハイパーカーメーカー、ジンガーが「C21」にて米サーキットでのコースレコード更新!最高出力1250馬力、100キロまでの加速1.9秒、最高速は452km/h

| マクラーレン・セナの持つ記録を2秒も短縮 | これまでの経緯を見るに、実際に発売してくる可能性が高そうだ さて、しばらく前に発表されたロサンゼルス拠点の新興ハイパーカーメーカーによる市販車「ジンガ ...

チエルシー・トラックカンパニーのジープ・ラングラー

ジープ・ラングラーの「セレブカスタム」登場!なんとコンプリートだと新車価格の「倍」、1200万円以上

| ジープ・ラングラーはボクにとっても「欲しいクルマ」のひとつだが、なかなか手を出すことができない | ジープ・ラングラーを購入すると間違いなくカスタム地獄にハマるだろう さて、英国カーン・デザインの ...

新作映画「ゴーストバスターズ アフターライフ」予告編公開!ボクが「映画に登場するカッコいいクルマTOP3」にあげるECTO-1がバージョンアップして大活躍!

【動画】新作映画「ゴーストバスターズ アフターライフ」予告編公開!ボクが「映画に登場するカッコいいクルマTOP3」にあげるECTO-1がバージョンアップして大活躍!

| 「ゴーストバスターズ」は単なるギャグ映画ではなく、深遠なテーマを持っている | 「ゴーストバスターズ アフターライフ」ではECTO-1が縦横無尽に駆け抜けることになりそうだ さて、ゴーストバスター ...

SSCノースアメリカが正式に「当初公開した世界最速記録は誤りだった。301マイルすら突破していない」と謝罪。なお現在の世界最速TOP10はこんな面々

SSCノースアメリカが正式に「当初公開した世界最速記録は誤りだった。301マイルすら突破していない」と謝罪。なお現在の世界最速TOP10はこんな面々

| SSCノースアメリカは「計測器に不備があり、我々は表示された記録を信じていた」とコメント | しかも数週間以内にもう一度挑戦を行うようだ さて、2020年10月に「時速532キロを突破し、トゥアタ ...

ヘネシーがヴェノムGTの「顧客スペック」を公開!ついに生産が開始されるようだが「アメリカでは合法に登録できない」ようだ

ヘネシーがヴェノムF5の「顧客スペック」を公開!ついに生産が開始されるようだが「アメリカでは合法に登録できない」模様

| そのためヘネシー・ヴェノムF5は「ショーもしくは展示用」として限られた走行距離のみしか走行できない | 現時点ではヴェノムF5の性能について立証されたわけではない さて、ケーニグセグはその最強最速 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5