>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

え?ホンダeはどうなるの?ホンダが中国にて新しいEVシリーズ「e:N」を展開すると発表し、これまでと全く違うサイバートラックみたいなデザインを公開

投稿日:

え?ホンダeはどうなるの?ホンダが中国にて新しいEVシリーズ「e:N」を展開すると発表し、これまでと全く違うサイバートラックみたいなデザインを公開

この記事のもくじ

| ホンダは地域や国ごとに別々の展開を行っており、それが「儲からない」原因だと言われている |

このままだとホンダeは一代限りで終了しそうだ

さて、現在「最大」の電気自動車市場となった中国のマーケットに対し、ホンダは今後5年以内に10台の電気自動車を導入すると発表。

これらのEVは「e:Nシリーズ」と呼ばれ、最初の2モデルは来春に発売される予定です。

なお、一部は輸出も視野に入れているものの、輸出国など詳細は現時点では明かされておらず、こちらについては今後の発表を期待したいところ。

そして今回ホンダが発表した「10台の電気自動車(EV)」はe:Nシリーズと命名されており、このコンセプトは「Dynamic, Intelligence and Beauty」なのだそう。

加えて、2030年以降に中国国内において発売する車両については全て電動化(ハイブリッド含む)されるということもアナウンスされています。

9

そのバリエーションは多種多様

今回の発表によると、まず第一弾として登場するのは「e:NS1」と「e:NP1」と呼ばれ、新型HR-V(日本だとヴェゼル)をベースにしたクルマ。

なお、e:NS1について、昨日中国工業情報化省に画像が掲載されたばかりです。

こちらについては、一回の満充電あたり航続可能距離が500キロ、0-100km/h加速が8秒程度ということが追加にてアナウンスされています。

4

ホンダ・ヴェゼル「EV」、e:NS1のスペックとデザインが公開!201馬力、シングルモーター、そして残念ながら中国専売
ホンダ・ヴェゼル「EV」、e:NS1のスペックとデザインが公開!201馬力、シングルモーター、そして残念ながら中国専売

この記事のもくじ| ホンダは中国にてガソリンエンジン版ヴェゼルを「ヴェゼル」のほか「XR-V」の名称でも販売中 |ガソリン版ヴェゼルよりもフルエレクトリック版ヴェゼルのデザインのほうが自然に見えるヴェ ...

続きを見る

そしてその後のモデルについては、いずれも専用のe:Nアーキテクチャーを採用し、前輪駆動、後輪駆動、全輪駆動の3つのバージョンが用意され、独自のデザインフィロソフィーがその外観に反映されることになる模様。

6

e:Nシリーズはこんなクルマ

そしてこれらe:Nシリーズ第二弾として発売されるのは「e:N Coupe、e:N GT、e:N SUV」の3台。

現時点ではいずれも「コンセプト」だとされるものの、実際に市販モデルを示唆しているといい、シャープなライン、細身のランプ、シャープなラインを持つことが特徴。

1

なお、ホンダは主に欧州と日本にて「Honda e」を発売しており、その前には同様の「丸っこいデザイン」を使用した「スポーツEVコンセプト」や「TOMO」を発表していますが、中国においては全く逆とも言えるデザインをEVシリーズに与える、ということになりそうです。

S800のEV版?ホンダがスポーツEVコンセプトを公開。「スポーツマインドはいつでもホンダのアイデンテティ」

「EVスポーツコンセプト」発表。コンパクトなピュアEV、発売に期待 ホンダが東京モーターショーにて、「スポーツEVコンセプト」発表。 これはジュネーブ・モーターショーにてホンダが発表した「アーバンEV ...

続きを見る

ホンダはやっぱり構造的に変わっていない

そこで気になるのが、将来的にホンダはEVのデザインをどうするのか?ということ。

グローバルではホンダeのようなレトロフューチャーでクリーンなデザインを採用し、しかし中国では正反対のシャープで直線的なデザインを採用するのか、もしくはホンダe路線は「なかったこと」にしてグローバルモデルをe:N路線にあわせるのか(後者だと、ホンダeは一台限りで終わる悲運のモデルとなりそうだ)。

11

いずれにしても全く「無駄」な行動をしているように見え、地域ごとに「本来不要な」コストを投じることで収益を圧迫し、もしくは(アシモのように)それまで投じたコストがほぼ回収できないことになりそうです。

ホンダは地域ごとに独自の製品を投入することで知られますが、これが「儲からない」体質を生み出しているとも言われ、この反省から「効率のいいグローバル展開を進める」という方針を採用したと聞くものの、今回の発表を見る限りでは、「以前とまったく変わっていない」ようにも思えますね。

なんでこんなことに・・・。ホンダ社長「車種、グレード、オプションを減らす」。営業利益率はトヨタの1/4へと転落し、”儲からない会社”へと没落

この記事のもくじ| ホンダは純血主義をやめ、地域別展開をやめてグローバル化を目指すべき |ホンダの操業コストはかなり高いなぜホンダは儲からないのかこんな記事も読まれています | ホンダは純血主義をやめ ...

続きを見る

ちなみに北米ではGMとの協業にてまた別のEVを展開すると報じられているので、ホンダのEVは世界的に「統一されたイメージを持たない」ということにもなりそうです。

ついにホンダが純血主義を捨て他社とEVを共同開発!GMの電池と車体を使用し、上モノだけをホンダがデザイン。なお製造はGMにて

この記事のもくじ| ついにホンダは危機感を感じたか |現代は自動車メーカーにとって「コストばかりがかかる時代」ホンダとGMは2018年から提携関係にあるこんな記事も読まれています | ついにホンダは危 ...

続きを見る

e:Nシリーズにはこんなバリエーションも

そしてe:Nシリーズに話を戻すと、こちらはe:N GTコンセプト。

3

e:N SUVコンセプト。

2

こちらはe:N クーペコンセプト。

いずれも同様のデザインテイストを持っていますが、中国で大人気と言われるテスラ・サイバートラックの面影もチラホラ。

正直なところ、ホンダのEV戦略についてはその方向性がさっぱり見えず、迷走している感が拭えない、とも考えています。

91

ホンダが中国にて行った衝撃のプレゼンテーション動画はこちら

合わせて読みたい、ホンダ関連投稿

やっぱり誰も興味なさそうなEVをホンダがジュネーブにて展示予定。「友達」をあらわす「TOMO」コンセプトを公開

見た目よりはずいぶん大きなクルマでリアは「トラック」のような荷台を装備 ホンダが先般予告した、「TOMOコンセプト」のレンダリングを公開。これはホンダとIED(Istituto Europeo di ...

続きを見る

なかなかいいぞ!ホンダのカーシェアリングサービス「EveryGo」を利用してHONDA eを借りてみた

この記事のもくじ| 対人での手続き不要、24時間使えて満タン返しもしなくていい |EveryGoにはこんな特徴があるEveryGoはこうやって入会するEveryGoはこうやって予約するEveryGoは ...

続きを見る

ホンダが「宇宙を目指す」と発表!再利用可能なロケット、アバターロボット、月面でのエネルギー再生システム、さらに地球では「空飛ぶクルマ」の開発も
ホンダが「宇宙を目指す」と発表!再利用可能なロケット、アバターロボット、月面でのエネルギー再生システム、さらに地球では「空飛ぶクルマ」の開発も

この記事のもくじ| いずれのジャンルも「新しい挑戦」ではあるものの、ホンダの「コア技術」を活かせることが共通しているようだ |「HONDA」ロゴ入りのロケットが打ち上げられる姿を見てみたいものだコア技 ...

続きを見る

参照:Honda Global

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5