カウンタック

イタリアにて54台のランボルギーニが集まるイベントが開催!船にて水上を移動し、道中では「V12バトル」でサウンドを競う

【動画】イタリアにて54台のランボルギーニが集まるイベントが開催!船にて水上を移動し、道中では「V12バトル」でサウンドを競う

| 意外とイタリアのランボルギーニたちは「保守的な」カラーが多かった | 日本でも早く様々なイベントが開催できるようになってほしいものだ さて、欧州の多くの年では「アフターコロナ」へと生活が移り、徐々 ...

50年ぶりに復刻された「ランボルギーニLP500プロトタイプ」初公開!外装ディティール、インテリア、そしてエンジンサウンドも

【動画】50年ぶりに復刻された「ランボルギーニLP500プロトタイプ」初公開!外装ディティール、インテリア、そしてエンジンサウンドも

| 思ったよりも、市販モデルとのLP400との差異が大きかった | 復刻版カウンタックLP500プロトタイプの価格は約2億9000万円とも言われるが さて、ランボルギーニは先日、「カウンタックの始祖で ...

映画「キャノンボール」に登場したランボルギーニ・カウンタックが米国「国家歴史車両登録簿」に登録!歴史的に重要なクルマ30台のうち1台に認定

映画「キャノンボール」に登場したランボルギーニ・カウンタックが米国「国家歴史車両」に登録!歴史的に重要なクルマ30台のうち1台に認定

| このランボルギーニ・カウンタックLP400Sにマフラーが12本もあったとは知らなかった | カウンタックはテスラロッサと並び、「時代の象徴」でもある さて、1979年の映画「キャノンボール」に登場 ...

ランボルギーニが「カウンタックの元祖」、LP500プロトタイプを現代に再現!当時の実車はすでに失われており、記録と記憶を頼りにゼロから作り上げる

ランボルギーニが「カウンタックの元祖」、LP500プロトタイプを現代に再現!当時の実車はすでに失われており、記録と記憶を頼りにゼロから1台のみを作り上げる

| まさかランボルギーニがカウンタックLP500の再現を行うとは | おそらくこのカウンタックLP500は公道を走行することができないと思われる さて、ランボルギーニ・カウンタックは今年で50周年を迎 ...

「ランボルギーニ・ウラカン・カウンタック・オマージュ」?ウラカンにカウンタックLP400プロトティーポっぽいディティールを反映させたらこうなった

「ランボルギーニ・ウラカン・カウンタック・オマージュ」?ウラカンにカウンタックLP400プロトティーポっぽいディティールを反映させたらこうなった

| 相変わらずこのデザイナーは「ツボをうまく抑えた」作品を作るのがウマい | できればリアバンパーはもうちょっと跳ね上げてほしかった さて、これまでにも「本当のようなウソのクルマ」をCGにて再現してき ...

え?このフェラーリがレプリカ?イギリスにて、「心からクルマを愛する」人々の作ったレプリカのみのスーパーカーイベントが開催。どうみても本物にしか見えない・・・

【動画】え?このフェラーリがレプリカ?イギリスにて、「心からクルマを愛する」人々の作ったレプリカのみのスーパーカーイベントが開催。どうみても本物にしか見えない・・・

| 通常レプリカというと嫌悪の対象ではあるが、この人達はプラモデル感覚でその「出来栄え」を競っているようだ | 自分がレプリカを購入したり作ることはまずないが、見ているぶんにはとても楽しい さて、世の ...

ちょっと待ってぇぇ!ランボルギーニが「重要なニュースがある」と投稿。動画を見るとあの「ストラトスHFゼロ」と関係がありそうだぞ・・・

ちょっと待ってぇぇ!ランボルギーニが「重要なニュースがある」と投稿。動画を見るとあの「ストラトスHFゼロ」と関係がありそうだぞ・・・

| ストラトスHFゼロはスーパーカーの歴史を語る上では絶対に避けて通れない | ただし、ストラトスHFゼロは「ランチア」のエンブレムをつけたクルマでもある さて、ランボルギーニがツイッターに「秘密を守 ...

現在、もっとも安く買えるランボルギーニ・カウンタック?2008年にレストアのために解体されて以来、レストア業者が倒産し「そのまま」になっていた個体が競売に

現在、もっとも安く買えるランボルギーニ・カウンタック?2008年にレストアのために解体されて以来、レストア業者が倒産し「そのまま」になっていた個体が競売に

| しかもこのカウンタックは稀少な右ハンドル仕様 | 完成までにかかるコストを考慮しても「投資」としては有効か さて、レストア途中のランボルギーニ・カウンタックが今月末に英国にて開催されるオークション ...

ランボルギーニが欧州にてカウンタックLPI800-4初公開!そのデザインDNAを強調し、壁面に自動でデザインを描く発明「スクリビット」も登場

ランボルギーニが欧州にてカウンタックLPI800-4初公開!そのデザインDNAを強調し、壁面に自動でデザインを描く発明「スクリビット」も登場

| 日本でもぜひカウンタックLPI800-4を公開してほしいものだが | それにしても、改めてカウンタックの偉大さを思い知らされる さて、ランボルギーニが「ミラノデザインウィーク」にて、欧州初となるカ ...

ランボルギーニ・カウンタック

まだ収まらぬランボルギーニ・カウンタックLPI800-4発表の余波!今度は「LP5000S風」など様々な作品をCGデザイナーが一挙公開

| それだけランボルギーニ・カウンタックは初代、LPI800-4ともにデザイナーのインスピレーションを掻き立てるということか | さすがに現実世界でこのクルマをカスタムする例は無いものと思われ、想像の ...

元フェラーリ、マクラーレンのデザイナーがランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を斬る!「未来への繋がりが足りないな。オレだったらこうする」

【動画】元フェラーリ、マクラーレンのデザイナーがランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を斬る!「未来への繋がりが足りないな。オレだったらこうする」

| 実際に自身でデザインを作成、たしかに「未来」が見えてくるようだ | どちらのカウンタックも甲乙つけがたい さて、ピニンファリーナではフェラーリを、そしてマクラーレンやBMWといった自動車メーカーで ...

ランボルギーニ

ランボルギーニの知られざる事実5選。「ミウラは自動車市場もっとも車高の低い量産車」「マルツァルはもっとも広いガラス面積を持つクルマ」etc.

| まさかミウラがロータス・ヨーロッパよりも車高が低かったとは | まだまだランボルギーニには知られていない事実がたくさんありそうだ さて、ランボルギーニが「自社にまつわる”知られざる事実”5つ」を公 ...

ランボルギーニ・カウンタック

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の「限定112台」が当然のごとく完売!1台2.56億円、ランボルギーニは287億円を確保することに

| ランボルギーニの限定モデルはその価格、台数とも増加傾向にあり、つまりそのぶんブランド価値が高くなっていると考えられる | 数億円の限定スーパーカーはそう簡単に売れるものではない さて、ランボルギー ...

こんな過激なカウンタック見たことない!「ランボルギーニ・カウンタックGT1」をCGで実現

こんな過激なカウンタック見たことない!「ランボルギーニ・カウンタックGT1」をCGで実現。そのほか「カウンタック・コンバーチブルなど異色のレンダリングを見てみよう

| デジタルワールドだと、様々な縛りがなく「自由」にクルマをカスタムできる | ランボルギーニ・カウンタックはレンダリング界においても大人気 さて、ランボルギーニは「カウンタックLPI800-4を発表 ...

新型ランボルギーニ・カウンタックで唯一批判される「リアウイングがない」をバーチャルにて解決した男!LP400S」風のウイングやホイールが装着されたCGが公開

【動画】新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4で唯一批判される「リアウイングがない」をバーチャルにて解決した男!LP400S」風のウイングやホイールが装着されたCGが公開

| おそらくは実際に「ランボルギーニに対し、ウイング装着を希望する」オーナーが出てきそう | やはり多くの人がカウンタックと聞いて思い浮かべるのはLP400S以降の姿かもしれない さて、ランボルギーニ ...

新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4に用意されるカラーは最低でも33色!ヘリテージカラーから現代風のカラーまで勢揃い

新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4に用意されるカラーは最低でも33色!ヘリテージカラーから現代風のカラーまで勢揃い

| カウンタックあLPI800-4はどのボディカラーを選んでも間違いはないようだ | ただしボクなら伝統を重視してホワイト外装にレッド内装 さて、ランボルギーニがカウンタックLPI800-4のボディカ ...

世界初!新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4のエンジンスタート、走行風景が収められた動画公開。やっぱりどこからどう見てもカウンタックだった

【動画】世界初!新型ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4のエンジンスタート、走行風景が収められた動画公開。やっぱりどこからどう見てもカウンタックだった

| よく現代における厳しい規制の中で、これほどまでに「カウンタックらしい」カウンタックができたものだと思う | おそらくカウンタックLPI800-4の実車には、お目にかかることすらできないだろう さて ...

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4

現代版ランボルギーニ・カウンタック「LPI800-4」発表!思っていたよりも「カウンタック」、しかし回顧モデルではなくれっきとした「カウンタック後継モデル」だった

| カウンタックLPI800-4はこれまでの歴代カウンタックのデザインをさらに発展させた「新型」カウンタックだった | ランボルギーニの歴史の第一幕”閉幕”を飾るのにこれほどふさわしいクルマはない さ ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5