復活

ポルシェ928が復活したらこうなる?元VWのデザイナーにして928ファンが「928コンセプト」をリリース

ポルシェ928が復活したらこうなる?元VWのデザイナーにして928ファンが「928コンセプト」をリリース

| これまでにもポルシェ928が蘇るという話はなんどか出ているが | ポルシェがこれだけのビッグネームを眠らせておくとは考えられない 911を超えるべく、そして911の後継として企画された名車、ポルシ ...

ランチア・デルタ

ついにあのランチア・デルタが蘇る?ランチアが「3つのニューモデル」を計画中との報道、そのうちのひとつが「デルタ」だとも

| ランチア・デルタが蘇るとしても2027年、そしてEV | どう考えても、ブランド再生を考えたときに「デルタ」を活用しない手はない さて、このところ何かと周辺が騒がしいランチア、そしてステランティス ...

アルファロメオ

いったんは話が消えたアルファロメオ「GTV」復活のウワサ!ピュアEV、そしてBMW i4のライバルになるという話だが

| GTV復活の話は定期的に出ては消えるようだ | ただしアルファロメオは公的にGTV復活をアナウンスしたことも さて、これまでにも様々なウワサが出てきたアルファロメオGTV。今回はオールエレクトリッ ...

ランチア・ストラトス

ステランティスが「傘下の14ブランドにつき、ブランド確立のために10年の猶予と、必要な予算を与える」。これはもうランチア・ストラトス、デルタの復活を期待するしかない

| ステランティスは「太っ腹」ではあるが資金はちょっと心配だ | さて、PSA(プジョー・シトロエン)とFCA(フィアット・クライスラー)とが合併してステランティスが誕生していますが、ステランティス下 ...

三菱がラリーアートの復活を正式発表

三菱がラリーアートの復活を正式発表!パーツ販売に加えモータースポーツへの復帰にも触れる。WRCやダカールラリーへの参戦を期待

| ただし三菱は「ハイブリッド」を活用したい意向のようだ | さて、三菱が同社の決算発表会にて、ラリーアート(RALLIART)の復活をこっそりと発表。ラリーアートは三菱の子会社として1984年に設立 ...

あのヴァイパーが復活したらこうなる!毒蛇の王、「ヴァイパー・バジリスク・コンセプト」が学生によって考案される

あのヴァイパーが復活したらこうなる!毒蛇の王、「ヴァイパー・バジリスク・コンセプト」が学生によって考案される

| 実際に復活するにしても、数年先に「ピュアエレクトリックとして」の可能性しか考えることができない | さて、ヴァイパーは2017年に生産を終了したままの状態となっていますが、今回カーデザインを学ぶ学 ...

新型三菱ランサーのレンダリング

三菱ランサーが復活したらこうなる?ダイナミックシールドが与えられ、なかなかにアグレッシブなスタイルへ

| ただし、新再建プランの中には「三菱のセダン」は入ってない | 日本ではさほど人気がなかった三菱「ランサー」ですが、海の向こう(ただし一部地域)では比較的人気が高く、販売終了となった今でも「後継モデ ...

ルノー4がEVとなって復活?

ルノー5(サンク)に続き4(キャトル)も復活?5との車体共有にて、EVとして2025年に発売とのウワサ

| 過去にも同様のウワサが出ており、可能性として「ルノー4の復活」は低くはないだろう | さて、ルノーは先日公式に「5(サンク)を復活させる」と発表したところですが、今回は4(キャトル)復活のウワサ。 ...

トヨタ・セリカ(WRC)

トヨタが「セリカ」の商標権を延長!現在の自動車業界の流れを反映し、「SUVとして」新型セリカが登場という予測も登場

2021/1/25    , , , , ,

| もともとWRCイメージが強いだけに、クーペSUVとして発売すれば販売に貢献できそう | さて、トヨタが北米において、「セリカ(CELICA)」の商標を更新した、との報道。以前にも「商標再登録」が報 ...

ルノー5プロトタイプ

ルノーが「5(サンク)」をEVとして復活させると発表しプロトタイプを公開!過去の資産をリバイバルし革命を起こす「Renaulution」計画も公表

| この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい | さて、つい先日「ルノーは”5”をEVとして復活させる計画がある」と報じられたばかりですが、イキナリその「ルノー5プロトタイプ」の画像そして実車 ...

新型トヨタMR2の予想レンダリング

【動画】新型トヨタMR2が発売されたらこうなる?デザイナーがGRスープラのテイストを取り入れた予想CGを作成

| 新型MR2は過去にもなんどか実際に発売の話が出ている | さて、これまでにも「自分の考えた新型スープラ」「ランボルギーニ・ディアブロの現代版」など様々なレンダリングを公開し、さらには発表されたばか ...

新型ホンダS2000が登場?

米経済誌がホンダS2000の2024年復活を報じる!「シビック・タイプRのエンジン搭載、外観は初代風、アルミとカーボンを使用して重量1360kgに収まる」

| まだまだ開発にGOサインは出ていないものの、発売に向けてなんらかの動きはあるようだ | ホンダが2024年にS2000を復活させる可能性がある、との報道。これは「ホンダに近い関係筋」がForbes ...

なんかちょっと違う!「ホンダ・インテグラ・タイプR」の未来予想図がボクの考えるインテグラじゃない件

| 魅力的なレンダリングではあるが | さて、レンダリングアーティスト、Jordan Rubinstein-Towler氏が「新型ホンダ・インテグラ・タイプR」のレンダリングを作成して公開。インテグラ ...

スパイカー(Spyker)

経営破綻したスパイカーに救いの手。新たなる提携によって「粘り強くやり通せば必ず道は開ける」の社是のとおり不死鳥のように蘇る

2020/9/11    , ,

| これまでに生産したクルマは265台、すべてマニュアル・トランスミッション | オランダのハイパフォーマンスカーメーカー、「スパイカー」が復活するようだと話題に。スパイカーというと2014年に経営破 ...

不朽の名車、三菱ギャラン!ダイナミックシールドを身に纏い復活すればこんなクルマに?

| ギャランはまさに「一世を風靡した」という表現がぴったりのクルマだった | さて、いつも様々な「もしも」系レンダリングにてぼくらを楽しませてくれるロシアのカーメディア、Kolesa。今回は、「三菱ギ ...

「プジョー史上もっともスタイリッシュ」といわれたRCZ!2015年に販売終了なるも”新型”をイメージしたレンダリングが登場

| ただし実際に復活を望むのは難しいだろう | かなり珍しい、「次期プジョーRCZ」を想定したレンダリングが公開に。これはグラフィックデザイナー、Czyzewski Design氏によるもので、もちろ ...

ホンダ・プリュードが復活?「ポルシェ並みのボディ剛性」「フェラーリより低いボンネット」「世界初の4WS装着車」としての矜持を見せるか

| ただし今回の「新型プレリュード」はデザイナーの世界においてのみ存在 | コンセプトデザイナー、Georgi Bozhkov氏が「ホンダ・プレリュード・ビジョン・コンセプト」を公開。このホンダ・プレ ...

ランエボが復活したらこうなる!デザイナーがダイナミックシールド顔、ボルテックスジェネレーター付きの「ランエボ11」を公開

| このデザイナーはよく分かっている | プロダクトデザイナー、アダン・ロペス氏が「新型ランサーエボリューションが登場したら」という設定のレンダリング「ランサーエボ11(XI)」を公開。ランサーエボリ ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5