>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >韓国の自動車メーカー

米にて自動車ブランド別満足度調査結果。レクサスは安定の1位、韓国勢は下位に沈む。一方で欧州勢がランキングを上げ、日本車を脅かす位置にまで上昇

| 日本のメーカーはモバイルアプリ系に弱く、アメリカ人の求める基準に達していないようだ | アメリカン・カスタマー・サティスファクション・インデックス(ACSI)による、自動車メーカーの満足度調査が公表され、予想通りレクサスがトップに。なお、他社の調査ではヒュンダイやキアが上位に来るケースが見られますがlACSIの調査結果だとけっこう下に位置しており、この内容のほうが「自分の感覚に近い」と考えています。ここで、今回の内容についてその詳細を見てみましょう。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】マットオレンジにグロスブラック!カラーを絞り「光沢」のコントラストで勝負したランボルギーニ・アヴェンタドール

| このカラーのアヴェンタドールSVJはじはじめて見た | 様々なボディカラーが存在するランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。ネット上を見る限り、アクセント等も含めて「二台として同じボディカラーの個体はないんじゃないか」というほどですが、今回もまた、これまでに見たことがないカラーリングのアヴェンタドールSVJが登場。紹介するのはおなじみカナダのランボルギーニディーラーにてセールスパーソンを務めるヘザー・ボーレンタインさん。

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

1台売って900万円の利益?ランボルギーニは大きく成長し、会社の評価額は今や2015年のフェラーリと同じ。上場すれば1兆2000億円の株式総額となり、上場検討中と報じられる

| ちょっと前までアウディから「売り飛ばすぞ」と言われていたのがウソのようだ | ランボルギーニはウルス発売以降、その販売台数を異常なまでに伸ばしていますが、ブルームバーグによると、そのおかげで企業の評価額が1兆2000億円相当にまで上昇した、とのこと。加えて今後ハイブリッドカー等の新型車が追加されれば、その利益率は30%程度まで改善され、フェラーリに並ぶ超高収益体制になる、とも指摘されています。ちなみにランボルギーニはちょっと前まで、フォルクスワーゲングループにとって「売却対象」のブランドであったと言わ ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスが米富豪向けに「フロリダのオレンジ」をイメージしたカリナンを発表。外装オレンジ、内装ホワイト

| 気軽には乗れない、「カーペットまでホワイト」 | ロールスロイスが、ワンオフにてカスタムされたカリナンを公開。これはペブルビーチにてお披露目されたもので、カーコレクターであるマイケル・フックス氏へと納車されるクルマだそう。ボディカラーはマイケル・フックス氏の指定による「フックス・オレンジ」で、会場ではロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトヴェシュ氏ミ自らがアンヴェールしたと伝えられており、それだけマイケル・フックス氏が重要な人物であることがわかります。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

発売されれば大ヒット?トヨタTjクルーザーが12月より予約開始、2020年に発売とのウワサ

| 一方、先行発売されると言われる北米のトヨタディーラー「何も聞いてない」 | ベストカーによれば、「Tjクルーザーの発売が確実」とのこと。記事では「当面は北米専用」「エンジンは2リッターと1.8リッターハイブリッド」「12月から予約開始」としており、国内投入はC-HRの販売がもう少し落ちた後に行うのでは、と見ています。なお、既報の通りC-HRの販売は下落傾向にあり、数ヶ月前にホンダ・ヴェゼルに逆転されることに。この理由はいくつかあると思われますが、ひとつは「デザインが斬新だったので飽きられやすかった」。 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型Cクラスの内装スパイフォト。メルセデス・ベンツはインフォテイメントシステムの普及で従来の「重厚で優雅な」デザインを維持できなくなる?

| これはボクの求めるメルセデス・ベンツじゃない | 新型メルセデス・ベンツCクラスのプロトタイプが目撃に。これまでも新型メルセデス・ベンツCクラスは何度かそのテスト風景が捉えられていますが、今回のトピックは「インテリア」の克明な画像が撮影されたこと。これを見るに、そのインテリアは大きく変わり、デジタル式のメインメーターに加え、センターコンソールには巨大な液晶パネルも確認できますね。なお、現行Cクラスは2014年に登場しており、現行メルセデス・ベンツのラインナップとしては「比較的古い」部類。設計自体も旧世 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

カーボン✕チタン!軽量で視認性に優れる腕時計、G-SHOCK GWR-B1000(グラビティマスター)を買ってみた

| 見た目の「カーボン柄」、チタン製プッシュボタンが満足感を加速させる | さて、かねてより購入を考えていたカシオの腕時計、G-SHOCK”GWR-B1000-1A1JF”を購入。これはベゼルにエクスポーズドカーボン、本体ケースにカーボン混入樹脂、ボタン類にチタンを使用したという、クルマ好きになんとも受けそうな一本。さらには「タフソーラー」「電波(マルチバンド6)」採用ということでバッテリー交換や時刻合わせが不要なのもいいですね。

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】なんとランボルギーニ・ウラカンを「MT化」した連中があらわれた!廃車のウラカンを購入してきて「理想のウラカン」を作り上げる

| これだけの技術、設備があれば「思い通りの」クルマができそうだ | なんとランボルギーニ・ウラカンのトランスミッションを「マニュアル」へとコンバートしたショップが登場。これはアメリカのB is for Buildで、以前にも「廃車となった日産GT-Rを格安で購入してきて再生した」ショップ。そして今回のウラカンも「ジャンク」を格安で仕込み、それに「自分たちが思ったようなカスタムを盛り込んで」仕上げよう、ということでプロジェクトが進行中。 【動画】ユーチューバー、アメリカで最も安い日産R35 GT-Rを買う ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲンが70万台に及ぶ”超”大規模リコールを北米で実施、「駐車状態でなくともキーが抜け、勝手にクルマが動くことがある」

| 70万台のリコールは相当に規模が大きい | フォルクスワーゲンが、米国にてなんと679,027台という、70万台に迫る規模のリコールを発表。日本ではつい最近、年間販売台数の3.6倍に当たる17万台のリコールを実施していますが、この数が霞んでしまうほどの「超大規模リコール」だと言えそうです。 VWが3.6年分の販売台数に相当する17万台規模のリコール実施。ゴルフは5.7万台、ポロは5万台が対象となり「最悪の場合は走行不能」

ReadMore

■このサイトについて >シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) >その他アメリカ車

止まらぬカマロの販売減少にGMが喝!なんと「マスタングから買い換えるなら27万円値引きする」というプロモーションを大々的に展開

| そこまで苦しいのかシボレー・カマロ | とにかく下げ止まらないシボレー・カマロの販売低下ですが、シボレーは値下げしたり、フェイスリフトを行ったり、という手段を講じています。それでもフォード・マスタングやダッジ・チャレンジャーといったライバルに差をつけられることになり、今回シボレーが打ち出したのが「マスタングからの乗り換えなら、2500ドル(約27万円)を値引きする」という政策。これは全米規模で展開され、その期間は2019年9月3日まで。期間としては短いようにも思えるものの、おそらくですが、まずは「お試 ...

ReadMore

復活

>日産/インフィニティ(Infinity) >三菱(MITSUBISHI)

三菱「ランサーエボリューション」復活のウワサ。ニュルFF最速たるメガーヌR.S.のエンジンを搭載し、セダンボディ、4WD、341HPで登場か

| 三菱が日産に吸収された今、十分にその話はありうる | 三菱は「ランサーエボリューション」は2015年の”ファイナルエディション”をもって消滅していますが、その後ミツビシは「ランエボの復活はない」と ...

>その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ハマーがEVブランドとして再登場の可能性。エレクトリックトラック/SUVブームに乗って華麗なる復活劇を見せるか?

2019/6/24    , , , , ,

| ハマーブランドは2010年に消滅。現在はGMのもとで再建案を模索中 | ハマーが「エレクトリック」SUVとトラックブランドとして復活する、との報道。ハマー(HUMMER)はご存知の通り一世を風靡し ...

>その他イタリア車

伝説の「デ・トマソ」復活!アポロの母体が経営権を獲得し7月にコンセプトカーを発表予定。デ・トマソって何よ?

2019/5/17    , , ,

| デ・トマソはかなり評価の分かれるブランドそして人物だ | デ・トマソが復活する、との報道。これは「新生」デ・トマソが公開したもので、7月4日に「プロジェクトP」と呼ばれるニューモデルを(グッドウッ ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >日産/インフィニティ(Infinity) >フォード(FORD)

米国で謎の「セダン復権」!若者が乗るクルマの上位にはズラリとセダンが並びSUVは壊滅状態

| 踏ん張ったトヨタ、ホンダには春が来た | 現在アメリカを始めとする自動車市場においては「SUVでないと売れない」と言われて久しい状態。よってフォードはアメリカ市場で「セダンとコンパクトカー」市場か ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲンがEVにて”あの”ビーチバギーを復活、「バギーはクルマ以上を象徴する乗り物だ」。ジュネーブ・モーターショーにて展示へ

VWは「EVは楽しいものだ」とアピールしたい? フォルクスワーゲンが、3月に開催されるジュネーブ・モーターショーにて、1960年代に人気を博した「ビーチバギー(サンドバギー)」を出展する模様。これは今 ...

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産シルビア復活?いやそれはない、とボクが考える理由

| ついに日産シルビアが復活?いやそれはない? | 「日産シルビアがアルピーヌA110ベースで復活か」という噂が表面化。 なぜアルピーヌ?ということですが、現在日産とルノーは同じアライアンス下にあり( ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

トヨタMR2復活の可否は近日中に決定?登場するとなると2025年あたり、ピュアエレクトリックの可能性も

2018/10/28    , , ,

| トヨタはMR2復活を検討中。その可否は近日中に決定? | トヨタがMR2を復活させるというウワサが本格化。 これはしばしば前より出ている話ではあるものの、今回英国Autocarが欧州トヨタのセール ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

トヨタがセリカ、MR2復活の可能性を示唆。「第三のスポーツカー計画はすでに始まっている」

| 豊田章男社長の指揮のもと、トヨタはスポーツ色を強める | トヨタが「MR2」「セリカ」を復活させる、というウワサが浮上。 これは新型トヨタ・スープラのアシスタントチーフエンジニア、甲斐将行氏がカー ...

>マツダ(MAZDA)

マツダ「RX-9」はこうなる?RXヴィジョン・コンセプトをベースに現実的な装備を追加

| RXヴィジョン・コンセプトが発売されたらこうなる? | CGアーティスト、Sean Sweeney氏が「マツダRX-9」のレンダリングを作成。 これはマツダが2015年10月に発表した「RXヴィジ ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWビートルがEV、しかも4ドアで復活?「RR→FF→EV」と内容を変えながらも存続する珍しいクルマに

| フォルクスワーゲン・ビートルの復活がVW幹部の口から言及される | フォルクスワーゲンはビートルの生産終了を明言しており、日本でも「See you Beetle」なるさよならキャンペーンを展開中。 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他アメリカ車

ヴァイパーが「30周年」の2019年に復活?V8/550馬力、価格は1000万円以下、超ハードコアとの報道

| 新型ヴァイパーはマニア向けのハードコアモデルに? | ダッジ・ヴァイパーが復活か?というウワサ。 ヴァイパーは2017年に生産が終了し、それまでヴァイパーが生産されていた工場やパーツを保管していた ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

あのBMW M1に10台だけワイドボディが存在。そのうちの1台が1億円オーバーで販売中

| あのBMW M1にワイドボディバージョンが存在した | BMW M1は生産期間わずか3年(1978-1981)、その間に477台のみが製造された希少車であり、「ミドシップレイアウト」を持つスーパー ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニがウルスに次ぐニューモデルに言及。V12の4座?エストーケ?ミウラ復活?

| ランボルギーニが「第四のランボルギーニ」に言及 | ランボルギーニは新型SUV「ウルス」を発表したばかりですが、早くも新モデル追加のウワサ。 現在ランボルギーニはスーパースポーツとして「アヴェンタ ...

>その他アメリカ車 >中国/香港/台湾の自動車メーカー

ハマーH1のベース、「ハンヴィー」をアメリカ政府が世界中に輸出。なお価格は1台2200万円

ハマーは消滅すれどの「ハンヴィー」好調。11,560台もの受注 ハマー(HUMMER)の原型となった「ハンヴィー(HAMVEE)」が11,560台もの大量受注を獲得し、世界中へと輸出される、という報道 ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

復活を遂げるBMW 8シリーズ。初代(E31)はどんな車だったのか復習してみよう

2017/5/19    , , , ,

Motor1にて(オリジナルの)BMW 8シリーズの特集記事が。 BMWは先日「8シリーズの復活」を明言しましたが、8シリーズというと1990年代におけるビッグネーム。 オリジナルの8シリーズに関して ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.