>その他イギリス車

発表からもう4年。TVRグリフィスは未だ生産が開始されず、このまま消滅もしくは規制に対応するためにEVもしくはPHEVになるんじゃないかというウワサ

発表からもう4年。TVRグリフィスは未だ生産が開始されず、このまま消滅もしくは規制に対応するためにEVもしくはPHEVになるんじゃないかというウワサ

| TVRはすでに予約金を受け取り受注を開始しているが、このままだとその返還要求を迫られそう | このまま生産できなかれば「今までの投資と苦労」が水の泡になるため、TVRとしてはなんとか生産を行いたい ...

新興スーパーカー、ウェルズ

英国より新興スーパーカー「ウェルズ・ヴェルティージュ」登場!重量わずか850kg、サイズはマツダ・ロードスターとほぼ同等

| 創業者「自分が欲しいクルマが無かったから自分で作った | なお開発開始から市販するまでに要した機関は約7年 さて、近年は新興スーパーカー/ハイパーカーメーカーが続々登場していますが、今回は英国から ...

フェラーリ250GTOの再解釈「スクアーロ」のインテリアスケッチが公開

フェラーリ250GTOの再解釈「スクアーロ」のインテリアスケッチが公開!外装同様にレトロフューチャー、これは期待が持てそうだ

| 車体やエンジンは完全自社設計、そのため走行できない国も多そうだ | 企画・製造を行うのはクラシックフェラーリのスペシャリスト さて、先般よりフェラーリ250GTOにインスパイアされた独自設計のスポ ...

ゴードン・マレー

ゴードン・マレーがT.50の「次」なるV12エンジン搭載スーパーカー計画を公表!あわせてEVへの参入も正式発表

| T.50の「次」、仮称”Project Two”はやや安価なクルマとなりそうだ | さて、ゴードン・マレー・オートモーティブは衝撃的な「T.50」を発表し、現在開発を進めている段階ですが、その納車 ...

英国から1,100馬力の新興ハイパーカー、ヴィリテック・アプリケール登場

英国から1,100馬力の新興ハイパーカー、ヴィリテック・アプリケール登場!「電気自動車は2つの問題がある。だから我々は代わりに水素電池を使う」

さて、英国のエンジニアリング企業、ヴィンテック社が「水素燃料電池搭載の」ハイパーカー、”アプリケール”を発表。これは同社の水素燃料電池技術力を示すショーケースとして企画されたもので、およそ2億円を支払 ...

マクラーレンF1設計者、ゴードン・マレーのコレクションが公開

【動画】マクラーレンF1設計者、ゴードン・マレーのコレクションが公開!T.50そして所有するクルマについて語る

| 所有するクルマの3/4が重量800kg以下 | さて、トップギアが「ゴードン・マレーのガレージ」を動画にて公開。ゴードン・マレーというとかのマクラーレンF1の設計者として知られ、ここ最近だとT50 ...

MG「サイバースターコンセプト」実車公開

MG「サイバースターコンセプト」実車公開!CGで見るより実車のほうがずっと「サイバー」。市販すればけっこう話題を呼びそう

| MGはこれから「未来」へ向かう? | さて、先日MGが発表を予告した「サイバースポーツコンセプト」。今回は上海モーターショー(4月23日〜4月28日)での実車発表に先駆け、その画像をオンラインにて ...

あのケーターハムが日本の会社に!これまで輸入代理店だったVTホールデングスがケータハムの株式を取得し100%子会社化

あのケーターハムが日本の会社に!これまで輸入代理店だったVTホールデングスがケータハムの株式を取得し100%子会社化

| 「セブン」はこれまでにも経営者を変えつつ、現代まで変わらない姿で生き延びてきた | さて、「7(セブン)」シリーズの生産で知られるケーターハムですが、今回は日本を拠点に自動車ディーラーを多数運営す ...

MGサイバースターコンセプト

英国の名門、しかし現在は中国資本のMGがピュアエレクトリックスポーツ「サイバースターコンセプト」発表!0−100km/h加速3秒以下、航続距離は800km

| MGサイバーコンセプトは現実には発売されず、おそらくはゲームの中だけの存在となりそうだ | さて、MGが予告通り「サイバースターコンセプト」を発表。実車(というかモック?)は上海モーターショーにて ...

中国版ヴィジョン・グランツーリスモ?中国資本となった英国MGが「サイバースター・コンセプト」の発表を予告

中国版ヴィジョン・グランツーリスモ?中国資本となった英国MGが「サイバースター・コンセプト」の発表を予告。850馬力のスーパーEVか

| そのルックスはなかなかに刺激的だが、おそらく実際に発売されることはなさそうだ | さて、現在中国は上海汽車(SAIC)が所有する英国の名門ブランド「MG」。正確に言うならば、南京汽車がMGを買収し ...

ゴードン・マレーT.50がはじめてサーキットを走る

【動画】ゴードン・マレーT.50がはじめてサーキットを走る!動画で見るとその姿は驚くほどマクラーレンF1にそっくり

| エンジン回転数は3000回転に制限されるも、そのサウンドからは精密さを感じることに | さて、マクラーレンF1の設計者、ゴードン・マレー。現在は自身の主宰する自動車メーカー「ゴードン・マレー・オー ...

ゴードン・マレーT.50のサーキット専用モデル「ニキ・ラウダ」発表

ゴードン・マレーT.50のサーキット専用モデル「ニキ・ラウダ」発表!限定25台、価格4.5億ながらも「地球上でもっとも強力なサーキットウェポン」

| レギュレーションの影響を受けなければ「やれること」はたくさんあるようだ | ゴードン・マレー・オートモーティブ(GMA)がそのハイパーカー「T.50」の”さらに過激な”サーキット走行専用、そして台 ...

世界にはこんな過激なパトカーが存在する

【動画】世界にはこんな過激なパトカーが存在する!1台3.5億、一人乗り、中身がフォーミュラーカetc・・・。シビック・タイプRやランエボも

| 無駄のようにも思えるが、導入したのにはちゃんとした理由もあるようだ | さて、世の中には様々なパトカーが存在しますが、今回Carwowが「世界の驚くべきパトカーたち」という動画を公開。これまでに広 ...

超レア車、コンノートGT

【動画】ジャガーのエンジニアが興した「コンノート」。画期的な2リッターV10+ハイブリッドスポーツを目指すも倒産→最近買い手が見つかり計画が再開されるとの報道

| 2リッターV10というのは聞いたことがない | さて、世の中には様々な新興スポーツカーメーカーがありますが、とくにイギリスには様々なコーチビルダーやバックヤードビルダーが存在し、独自のクルマを製造 ...

モーガン3輪車最終モデル

【動画】見た目は「エンジンが走っている」かのようだ!モーガンが3輪車の製造終了前に最後の記念モデル、P101(620万円)を発売

| スリーホイーラーはいったいどういった走りをするんだろうな | モーガンが「3ホイーラー(3輪車)生産終了」を記念し、その最終モデル”P101”を33台限定にて発売。このP101はすでにモーガンの正 ...

ボクが一番イケてると考えるスーパーカー、ブラバムBT62の公道仕様「BT62R」発表!このご時世に自然吸気V8エンジン搭載のハードコアマシン

2020/9/4    , ,

| ここまでピュアなクルマもほかにない | さて、現段階ではラフェラーリよりもマクラーレン・セナよりも、ランボルギーニ・シアンFKP37よりもイケてるとぼくが考えるスーパーカー、ブラバムBT62。今回 ...

イギリスの名門「MG」は中国メーカー傘下となりこんなクルマを作っていた!北京MSで新型車2種を発表

| けっこう独特のデザインへと進化していたようだ | さて、英国の名門、「MG」。そのルーツとなるモーリスガレージは1910年頃、そして会社としてのMGは1924年に設立されています。これまでにもMG ...

【動画】マクラーレンF1とゴードン・マレーT.50はこれくらい似ている!F1は27年前の時点ですでに「完成されたスーパーカー」だった

| 改めてマクラーレンF1の完成度には驚かされる | さて、先日発表された、ゴードン・マレー・オートモーティブ(GMA)T.50。マクラーレンF1設計者自らの手による「F1の後継モデル」となりますが、 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5