ランチア

まさかの「ランチア・デルタ」がラリーに復帰!671馬力の電動パワートレーン搭載、0-100km/h加速2秒以内というスペックを引っさげ2022年のラリークロスへ

まさかの「ランチア・デルタ」がラリーに復帰!671馬力の電動パワートレーン搭載、0-100km/h加速2秒以内というスペックを引っさげ2022年のラリークロスへ

| ランチアの「ワークス」ではないが、ランチアの名を名乗るという意味は大きい | 2022年のラリークロスは面白いことになりそうだ さて、ランチアより公式に復活が明言された「デルタ」ですが、なんと(か ...

ランチア・ベータ・モンテカルロが現代に復活するとこうなる?ピニンファリーナデザインのミドシップスポーツがSUVへと変身

ランチア・ベータ・モンテカルロが現代に復活するとこうなる?ピニンファリーナデザインのミドシップスポーツがSUVへと変身

| モンテカルロらしさをしっかり残し、SUVへと大胆に変身 | マスタング・マッハEなどクロスオーバー化で成功したスポーツカーの例も さて、先日「デルタの復活」を明言したランチアですが、今後はステラン ...

【動画】コレ絶対に通報されるレベル。公道にてランチアのレーシングカー、「LC2」に乗ってみた

【動画】コレ絶対に通報されるレベル。公道にてランチアのレーシングカー、「LC2」に乗ってみた

| 普通の人だったらそもそも走らせることすらできないクルマ | このレーシングカーをよくもこれだけ普通に走らせることができるものだ さて、ポルシェはじめヒストリックレーシングカーのスペシャリストとして ...

次世代ランチア・デルタHFインテグラーレのレンダリング

ランチアがつに「デルタ」の復活を115周年の折に明言!「誰もが待ち望むデルタの復活を行わないわけにはゆかない。エキサイティングなクルマで、EVとして蘇る」

2021/10/16    , ,

| もちろん、誰もが望むのは初代デルタであって、2代目や3代目ではないはずだ | 問題は「新型デルタは、いつ、どんなスペックで登場するか」 さて、かねてより復活のウワサが絶えなかったランチア・デルタで ...

ランチア・ストラトスHFゼロの現代版!デザイナーが独自に考えた「ランチア・スタイル」がカッコいい

ランチア・ストラトスHFゼロの現代版!デザイナーが独自に考えた「ランチア・スタイル」がカッコいい

CGアーティスト、Paweł Breshke Czyżewskiによる「ランチア・スタイル」と題されたレンダリングが公開に。これは「ストラトス」と名がつくものの、実際には(市販モデルのストラトスではな ...

ストラトス・ゼロ

あの「ストラトス・ゼロ」が現代に蘇ったら!新進気鋭のデザイナーによる「ストラトス・ゼロ・レストモッド」がカッコいい

| 今なおストラトス・ゼロは多くのデザイナーにインスピレーションを与え続ける | 現代のストラトス・ゼロは初代とは異なり、「ドア」があるようだ CGデザイナーによる「ランチア・ストラトス・ゼロ・レスト ...

ちょっと待ってぇぇ!ランボルギーニが「重要なニュースがある」と投稿。動画を見るとあの「ストラトスHFゼロ」と関係がありそうだぞ・・・

ちょっと待ってぇぇ!ランボルギーニが「重要なニュースがある」と投稿。動画を見るとあの「ストラトスHFゼロ」と関係がありそうだぞ・・・

| ストラトスHFゼロはスーパーカーの歴史を語る上では絶対に避けて通れない | ただし、ストラトスHFゼロは「ランチア」のエンブレムをつけたクルマでもある さて、ランボルギーニがツイッターに「秘密を守 ...

ランチア037ラリー復刻版「EVO37」が走る!そのサウンドは獰猛そのもの、走りをみるとかなりのじゃじゃ馬のようだ

【動画】ランチア037ラリー復刻版「EVO37」が走る!そのサウンドは獰猛そのもの、走りをみるとかなりのじゃじゃ馬のようだ

| まさかもうキメラ・アウトモビリEVO37の「2台目」が存在するとは | 細部を見れば見るほどよくできている さて、「キメラ・アウトモビリ」が発表したランチア037ラリー「復刻」プロジェクト。キメラ ...

次世代ランチア・デルタHFインテグラーレのレンダリング

日に日に強まる「ランチア・デルタ」復活のウワサ!現在役員がその可能性を論じており、2027年にピュアエレクトリック・ホットハッチとして蘇る可能性があるようだ

| ランチアは3世代に渡り生産されているが、初代以外は「プレミアム」路線 | しかしルノーが「5(サンク)」を復活させようとしている今、ランチアも初代デルタのイメージを活用しない手はない さて、ここ最 ...

ルノー5ターボがエレクトリックモデルとして復活

ルノー5ターボがエレクトリックモデルとして復活!ただしルノー本家ではなくサードパーティから間もなく登場

| 現時点では価格や生産台数については公表されていない | 新規製造ではなく、ベースとなるルノー5が必要となるようだ さて、最近はランチア037、アウディスポーツ・クワトロS1の「再解釈」モデルがいく ...

ランチア・デルタ

ついにあのランチア・デルタが蘇る?ランチアが「3つのニューモデル」を計画中との報道、そのうちのひとつが「デルタ」だとも

| ランチア・デルタが蘇るとしても2027年、そしてEV | どう考えても、ブランド再生を考えたときに「デルタ」を活用しない手はない さて、このところ何かと周辺が騒がしいランチア、そしてステランティス ...

ランチアが新デザイナー任命にて「かつての地位を取り戻す」と発表

ランチアが新デザイナー任命にて「かつての地位を取り戻す」と発表!やはりデルタ、ストラトスの復活を期待したいところだが、まずは一番売れそうな「エレクトリックSUV」からの展開となるのかも

| ステランティスはランチア含む傘下のブランドに10年の猶予と復活のための予算を供与 | どうやらアルファロメオ、DSと新型車の共同開発を行なうようだ さて、ランチアが新しくフランス人デザイナー、ジャ ...

伝説のランチア「037ラリー」ここに復活!キメラ・アウトモビリが37台限定の037EVO全容を公開

伝説のランチア「037ラリー」ここに復活!キメラ・アウトモビリが37台限定の037EVO全容を公開。とんでもなくスパルタンなクルマになりそうだ

| ランチア本家が動かずとも、第三者によって「ストラトス」「デルタ」「037ラリー」が蘇る | ただしランチアそのものが今後なんらかの動きを見せる可能性も さて、キメラ・オートモーティブは「ランチア0 ...

ランチア・ストラトス

ステランティスが「傘下のブランドにつき、ブランド確立のために10年の猶予と、必要な予算を与える」。これはもうランチア・ストラトス、デルタの復活を期待するしかない

| ステランティスは「太っ腹」ではあるが資金はちょっと心配だ | さて、PSA(プジョー・シトロエン)とFCA(フィアット・クライスラー)とが合併してステランティスが誕生していますが、ステランティス下 ...

ランチア・ラリー037の現代版!イタリアのコチビルダーが1台6500万円、37台限定にて「キメラEVO37」を発売すると予告

ランチア・ラリー037の現代版!イタリアのコチビルダーが1台6500万円、37台限定にて「キメラEVO37」を発売すると予告

| ニューストラストス、デルタの復刻に続き、ランチア・ラリー037までも | さて、ランチア・ストラトスやデルタ等、ヒストリックラリーカーのレストアを得意とする「キメラ・アウトモビリ」社。今回はなんと ...

ランチア・デルタのWRC仕様

もし新型ランチア・デルタがWRCに参戦したら!ぜひ実現して欲しいと切に願う秀逸なレンダリングが登場

| もはやランチア・デルタの復活もWRC参戦もなさそうだ | さて、先日レンダリングアーティストSebastiano Ciarcia氏が発表した「新型デルタ」。さらに同氏は今回WRC参戦をイメージした ...

ランチア・フルビア

デ・トマソ・パンテーラの元祖?ワンオフモデル「ランチア・フルヴィア1600HFコンペティツィオーネ」が1500万円で販売中。その誕生のウラにはデ・トマソの暗躍があった

| こんなクルマが存在していたとはまったく知らなかった | 1969年に製造されたワンオフモデル、ランチア・フルヴィア1600HFコンペティツィオーネが中古市場に登場。ランチアは1963年から1976 ...

次世代ランチア・デルタHFインテグラーレのレンダリング

ルノー5に続け!ランチア・デルタHFインテグラーレが蘇ったらこうなる?というレンダリング

| なぜランチアは「ストラトス」「デルタ」を蘇らせないのか | さて、ルノーは先日「5(サンク)」の復活をアナウンスしていますが、今回はスウェーデン在住のデザイナー、Sebastiano Ciarci ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5