●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

今日のポルシェ718ケイマン。リコール(ボディ強度不足)の案内が届き、7−8月に対応してもらうことに

| この不具合は事故を起こした場合のみに影響 | さて、ぼくのポルシェ718ケイマンがリコール対象に。これは先日国土交通省へとポルシェジャパンが届け出たもので、「ボディ強度不足」。その内容としては「車体製作時の溶接行程において、公差の設定が不適切なため、車体前部の強度が担保できていないものがあります。そのため、前面衝突時に衝撃が吸収できず、燃料が漏れるおそれがあります。」というものです。 ポルシェ718ケイマン/ボクスター(ボディ強度不足)、マクラーレン650/675/540/570にリコール。マクラーレ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA) ■近況について ■ニュース

新型「マツダ3」を見てきた!内外装は一気にプレミアム感が増して「ちょっとした高級車」。デザイン面でも現在「世界の最先端」を走っている

| マツダのデザインにかける意気込みは凄まじい | さて、マツダ3ファストバックを見にマツダ・ブランドスペース大阪へ。ディーラーにクルマを見に行っても良かったのですが、発売されたばかりのニューモデルということで来場者も多く、ゆっくりクルマを見るのが難しそうだということもあってブランドスペース大阪を選ぶことに。加えてブランドスペースのスタッフは異常にマツダのクルマに詳しく、ちょっと話を聞いてみよう、と考えたこともブランドスペース大阪を選んだ理由のひとつです。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

さよならメルセデスAMG SL63。SL65に続いて今月で生産が終了し、AMGモデルのSLが消滅することに

| 残るSLは「SL400」と「SL500」の2モデル。環境規制によって多くのスポーツカーが死の淵に | Mercedes-AMG SL, R 231, 2015 メルセデス・ベンツは次々そのV12モデルを生産終了とし、すでにV12エンジン搭載のSL65の生産を終わらせていますが、なんと今月でV8エンジンを積む「メルセデスAMG SL63」もその生産が打ち切られることに。これは正式にメルセデス・ベンツが認めているため、どうやら「間違いない」ということになりそうです。なお、生産終了の理由は「売れない」という ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】ホンダNSXとはいったい何だったのか?メルセデスAMG E63、BMW M5との勝負にどうしようもなく負けてしまう

| やはりホンダNSXは「軽さ」を追求すべきであった | トップギアがホンダNSX、BMW M5コンペティション、メルセデスAMG E63 Sとをゼロヨンにて競争させた動画を公開。一瞬「え?なんでこの組み合わせ?」と思うものの、スペックを見ると納得で、というのもこの3台は馬力や重量、公称加速タイムが近く、駆動方式も「4WD」。でもスーパースポーツたるNSXのほうが圧倒的に有利なんじゃないの?と考えてしまいますが、実際はそうではなかったという動画を見てみましょう。

ReadMore

>アウディ(Audi) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

次期アウディR8はこうなる?ただし実際にはR8の寿命が尽き、後継モデルはナシとの報道。アウディはどこへ向かうのか

| グループ内にて振り分けられた”プレミアムEV”に特化するしか道は残されていないのか | レンダリング・アーティスト、Rain Prisk氏が「もしアウディR8の新型が登場したら」というCGを公開。「もし」というのは、現在アウディはエレクトリックブランドにシフトしようとしており、その中でアウディR8を「現行モデル限りで販売終了」にするという話が出ているため。そして「次期アウディR8はない」という説が有力だとされています。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

米調査会社が各メーカーのインフォテイメントシステム満足度ランキング公開。他調査ではいつも上位の日本勢が揃って下位、しかもレクサスはなんと最下位に

| 日本の会社はもともとインターフェースには強くない | 米国コンシューマーレポートが6万台の車両とそのオーナーとを対象に「どの車のインフォテイメントシステムが最も使い勝手がいいか」という調査を行い、その結果を公表。これによるとテスラのインフォテイメントシステムの満足度が86%という最も高い数字を示しており、平均値の「56%」を大きく上回ってレクサス(リモートタッチパッド)の「46%」を大きく引き離す結果に。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

なんとパープル!今度はアフリカにて新型BMW M8コンペティションの画像がリーク。BMWは追加でティーザー動画も公開し、「発表間近」?

| ただしスペックは未だ謎。驚きの次元に達していそうだ | BMWは「新型M8コンペティション」を発表する直前といったところですが、展示発表会に向けて用意された車体の画像がまたしてもリークされることに。これまでにリークされたのは「ブルー」「レッド」も個体であったものの、なんと今回は「パープル」。リークされた地域はそれぞれ別ではあるものの、ひとつのニューモデルに対して(イメージカラーで統一せず)これだけ多くのボディカラーを用意するというのは珍しい例であるようにも思います。

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティ「そろそろ第二のモデルを手がける時期に来たようだ。それはフルエレクトリック、そして日常性を持ち、価格は1億円を超える」

| ブガッティは本当に”エレクトリック化”を目指したいのか? | かねてよりウワサされている「ブガッティの新モデル」。つまりはシロンに加えての「第二のラインナップ」ということになりますが、これについてはブガッティ内でも多くの議論がなされていることがかねてより報じられ、しかしやっとその方向性についてまとまったようですね。そして今回、ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏が語ったところでは「我々にも”第二のラインアップ”を登場させるべき時が来た。我々の歴史を鑑みるに、それは非常に速いクルマであり、しか ...

ReadMore

>ジャガー(Jaguar) ■近況について ■ニュース

シビれるジャガー!ブランド初のEV、「I-PACE」を見てきた。ジャガーの伝統と未来、そしてSUVの利便性とスポーツカーの走りを併せ持つ新しい乗り物だった

| 正直、これは期待以上だ | ジャガー初のフルエレクトリックモデル、「I-PACE(I-ペイス)」。さっそく展示試乗会へと行ってきましたが、まずはその内外装のインプレッションからお届けしたいと思います(のちに試乗編をアップ)。初見にて感じるのは「SUVよりもスポーツカーに近い」というもの。車高は意外に低く、フロントウインドウの傾斜が緩い(寝ている)ためにそう感じるのでしょうね。

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】これが「スーパーカー」と「ハイパーカー」との差だ!マクラーレン・セナと600LTとの加速競争を見てみよう

| 正直、ここまで差があるとは思わなかった | マクラーレン600LTは「(超限定モデルを覗くと)マクラーレン史上もっともスパルタン」とも言える市販車ですが、その600LTがセナと加速競争を行う動画が公開に。単純に1000メートルの加速を競うだけの動画ですが、その差は意外と大きく、「これがスーパーカーとハイパーカーとの差なのか・・・」と驚かされます。

ReadMore

ウルス

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・テストドライブ・プラス最終章。ウラカン・ペルフォルマンテ、ウルスの二台でワインディングを走る

| ランボルギーニ・ウルス、ウラカンはゆっくり走っても楽しい | さて、ランボルギーニの試乗イベント「Lamborghini Test Drive Plus」での最後のプログラム、「公道走行」。これま ...

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・ウルスを悪路でドリフト走行!起伏や波状路、30度以上のバンクに挑戦してきた

| ランボルギーニ・テストドライブ・プラスに行ってきた(2) | さて、ランボルギーニ・ウルスの豪華試乗イベント「ランボルギーニ・ドライブ・プラス」第二弾(第三弾までを予定)。前回は元F1ドライバーで ...

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く(1)

| これまでに無く中身の濃いイベントで、まさに感謝しかない | さて、ランボルギーニ・ウルスをサーキットや特設オフロードコースで試乗するという豪華なイベント、「Lamborghini TEST DIV ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ本社筋「ウルスのハードコアモデルを開発中」。2年以内に登場するとされるも、その詳細は全く不明

| まさか2シーター化されるようなことはないと思うが | カーメディア「Motor Trend」のライター、ジョニー・リバーマン氏が自身のインスタグラムにて語ったところでは、「ランボルギーニ・ウルスの ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連

ポルシェ・カイエン・クーペにランボルギーニ・ウルスのエンジンを積んだ「カイエンGT5」発売?というウワサ

| ポルシェの現在の方向性を考えると「ありそう」 | ポルシェはカイエン・クーペを発表したばかりですが、早くもそのハードコアバージョン登場のウワサ。日本でも「カイエン・クーペ(11,150,000円) ...

>ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・ウルスがホッケンハイムで911GT3 RS、コルベットZ06を超えるタイムを記録。なぜそんなにウルスは速い?

ランボルギーニ自身も「ウルスはウラカンより速く走れる」と明言 sport autoがランボルギーニ・ウルスをホッケンハイム・サーキットに持ち込んでテストを行い、ラップタイムとして1:57.1を記録。お ...

>ポルシェ・カイエン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連

【動画】ランボルギーニ・ウルス、ポルシェ・カイエン・ターボとの加速勝負。車体とエンジンを共有する血縁対決の行方は?

プラットフォーム、エンジンほかドライブトレーン、電装系も共有 ロシアにて開催されたドラッグレースイベントにて、ポルシェ・カイエン・ターボとランボルギーニ・ウルスとの対決。この二車には共通点があり、ひと ...

>ランボルギーニ・ウルス関連

「ピンク」に加えて「パープル」?カーン・デザインがカラーはファンシー、形状はハードなウルスのカスタムプランを公開

| カーン・デザインはどこまで本気なのかはわからない | さて、先日ランボルギーニ・ウルスのカスタムプランをちょっとだけ公開したカーン・デザイン。カーン・デザインはイギリス拠点のチューナーであり、同じ ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニがウルスと別に「タフでワイルドなLM002直接の後継」オフローダー発売とのウワサ。実際に社内では検討中らしい

ウルスのヒットがランボルギーニの考え方を変えた? lamborghini-lm002-urus ランボルギーニがなんと「LM002」の直接の後継とも言える、タフ&ワイルドなニューモデルを発売するのでは ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニ「第四のモデルを開発する。2+2のグランドツアラーだ。これによって年間1万台の販売を目指す」

ウルスが軌道に乗りつつある今、ついに「第四のランボルギーニ」が始動 ランボルギーニがさらなる成長を確実にするため、すでにニューモデルの開発に取り掛かっている、とのこと。ランボルギーニは2018年におい ...

>ランボルギーニ・ウルス関連

【動画】ランボルギーニ・ウルスをアートカーに!アートイベントにてポップアート調にライブ描画される様子を見てみよう

こういったカスタムもけっこういいかもしれない マイアミにて開催されたイベント「アートバーゼル」にランボルギーニ・ウルスのアートカーが登場。アートバーゼルはもともとスイス発祥のイベントで世界最大のアート ...

>ランボルギーニ・ウルス関連

アディダスとのコラボで知られるカニエ・ウェストがランボルギーニ・ウルスを早速カスタム!フルラッピングに自身のデザインしたホイールを装着

ブラックパーツを「残すところは残し」「隠すところは隠した」のはさすが ランボルギーニ・ウルスは発表直後から大きな注目を集め、すでに納車2年待ち(納期を短縮しようとランボルギーニは工場をフル稼働)とも言 ...

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

【試乗:ランボルギーニ・ウルス】現役GTドライバーとの同乗体験にてウルスの性能をとことん味わってきた!

ウルスはアヴェンタドールやウラカンにはできないことができる、「新しいランボルギーニ」 さて、ランボルギーニ神戸さんにて開催されたウルスの試乗イベント「URUS DRIVE EXPERIENCE wit ...

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスがトラックになればこんな感じ?実際に富裕層向けチューナーがカスタムしそう

ランボルギーニ・ウルス”トラック”の後ろ半分は意外と普通 おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏がランボルギーニ・ウルスの「ピックアップトラック」をレンダリングにて作成。ウルスは登場 ...

>ベントレー(Bentley)

ベントレーが「世界最速SUV」の座をランボルギーニより奪還。最高速305km/h、635馬力の「ベンテイガ・スピード」を発表

ランボルギーニ・ウルスより0.8km/hだけ速い ベントレーが「ベンテイガ最速」となるトップレンジ、”ベンテイガ・スピード”を発表。ベントレーいわく、最高速度は305km/hを誇り、これによって「世界 ...

>ランボルギーニ・ウルス関連

ドイツのチューナー「マンハート」がランボルギーニ・ウルスをチューン。出力はアヴェンタドールSVJ超えの812馬力

デリバリーの本格化とともにウルスのチューニングも本格化 ドイツのチューナー、マンハートがランボルギーニ・ウルスのチューニングプログラムを公開。マンハートというとBMWそしてメルセデス・ベンツ、アウディ ...

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスのオフロードレビュー続々。バレンチノ・バルボーニ氏やEVOマガジン創設者など「ウルスはSUVの基準を引き上げた」

今後、ウルスは世界中でその走行性能を披露してくれそう ランボルギーニの生ける伝説、そして元チーフテストドライバー、バレンチノ・バルボーニ氏がランボルギーニ・ウルスをオフロードにてテスト。同氏はランボル ...

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルス向けになんと「アクラポヴィッチ製」チタンエキゾーストが純正オプションとして登場!その価格143万円

今後はアヴェンタドール、ウラカン用としてもアクラポヴィッチ製エキゾーストシステムが登場するかも ランボルギーニ・ウルス向けの純正オプションとして、なんと「アクラポヴィッチ製」のエキゾーストシステムが追 ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.