>アウディ(Audi) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲン・ゴルフR、アウディTT、A3にリコール。「燃料パイプの接続に不具合があり、最悪の場合は燃料が漏れて発火」

フォルクスワーゲングループにしては珍しい内容でのリコール golf アメリカにて、フォルクスワーゲン・ゴルフR、アウディA3セダン、アウディA3カブリオレ、アウディTTクーペ、アウディTTロードスターが「発火の恐れがある」としてリコールに。現時点では北米のみの対応ということですが、フォルクスワーゲンがアメリカの(国土交通省に相当する)運輸省、NHTSA( National Highway Traffic Safety Administration )に届け出た内容だと「フューエルホースのクイックコネクター ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】有名ユーチューバー、納車されたマクラーレン・セナの詳細を解説。各種イベントにも出没し車両を披露

SHmee150氏はマクラーレン・セナをたいそう気に入った様子 先日マクラーレン本社(マクラーレン・テクノロジーセンター)にて自身のマクラーレン・セナと対面し、実際にドライブしたユーチューバー、Shmee150氏ですが、そのセナはいったんマクラーレン・マンチェスターに移されて仕上げが行われ、「晴れて納車」に。なお、スーパーカーではこういった「まず乗ってみてから納車」というケースがあり、これは主に「ファクトリーコレクション」というオプションを選択した場合が該当します。 【動画】人気ユーチューバー、無事にフォ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

例の「1350万円で販売された」80スープラが今度は5500万円で転売。スープラの価格高騰は天井知らずに?

いくらなんでもランボルギーニ・アヴェンタドールSと同じ価格は高すぎる つい先日、80スープラが1350万円で売却されたという話をお届けしたところですが、今回なんとそのスープラが間をおかず5500万円で売りに出されることに。1350万円でも「異常」な額ではあるものの、この5500万円はまさに「常軌を逸している」ともいえる額だと思います。そして、さらに驚かされるのはトヨタの正規ディーラー(シカゴ・ノースサイド・トヨタ)がこれを行っているということ。 アメリカにて80スープラが1350万円で取引される。GT-R ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ「新型GRスープラはニュルを7:40で走れる」←7:40はレクサスLFA、ブガッティ・ヴェイロンと同じタイムだが・・・

本当に実現できれば一大事 トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏によると、GRスープラはニュルブルクリンクを7分40秒程度で走行できる、とのこと。ただし現在のところはニュルブルクリンクのタイムアタックを行っていないので「想像」の範囲に留まりそうですが、新型スープラは幾度となくニュルブルクリンクを走り込むことで熟成を重ねており、そこから得た感触であれば実際にこのタイムを出すことは難しくないのかもしれません。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

新型BMW 7シリーズ発表!「キドニーグリルは40%大きくなり、5cm高くなった」。なおBMWエンブレムもあわせて巨大化

これでBMWも「脱金太郎飴」デザインへとシフト 直前にオフィシャルフォトがリークされてしまった新型BMW 7シリーズが公式に公開。今回は「新型」とはいえどもフェイスリフト(マイナーチェンジ)に該当する改良となります。ただ、内外装において「見える部分」は大幅にアップデートされており、アッパーマーケットにおいて影響力を強めようというBMWの強い意思を見て取れる内容となっているようですね。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタGRスープラにはMT追加の可能性も。「無視できないほどの要望があればMT搭載も考えねばならない」

過去にはMTを実際にテスト済み、その上でATのみとした経緯も GRスープラが発表されてから数日が経ちましたが、市場の反応は概ね良好。おそらくは最大の市場となる北米からもとくにネガティブな意見は出ていないようで、そのほとんどは好意的、いや熱狂的とも言えるものばかり。新型GRスープラはBMW Z4との共同開発ではありますが、目に入る部分でZ4との共通点は(ドアミラーを除くと)見当たらず、トヨタのデザイナーは本当にいい仕事をした、と考えています。 なお、新型GRスープラは非常に複雑な面構成を持っていて、それはお ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン600LTスパイダー参上。グローブボックスなし、カーペットもなし。リトラクタブルルーフは「布よりも軽い」

完全に妥協を廃したピュアスポーツ マクラーレンが先般よりティーザーキャンペーンを展開していた「600LTスパイダー」を公開。「600LT」は570Sをベースにしたマクラーレンきってのハードコアモデルですが、そのオープンモデルが「600LTスパイダー」となります。 ”マクラーレンオレンジ”の600LTが公開。加えて本国価格は185500ポンド(2750万円)と発表

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スバル(SUBARU) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港では日本車人気が加速中!GT-Rやシビック・タイプR、スバルBRZのほかミニバンのカスタムも大人気

香港で人気の日本社ははスポーツモデルかミニバンだ さて、香港で見かけた日本車たちを紹介。香港は日本やイギリスと同じ「右ハンドル」国ということで古くから日本車が輸出されており、そのため日本車の人気がもともと高い地域でもあります。そして現在人気の日本車というと「スポーツカー」「ミニバン」。そのほかだとコンパクトカーは時々見かけるものの、セダンは欧州勢(特にジャーマンスリー)に押されて日本車はあまり走っていないようですね。※せいぜいレクサスのセダンくらい

ReadMore

>フォード(FORD) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フォルクスワーゲンとフォードが提携!電気自動車や自動運転関連技術を共有しコスト削減に動く

フォルクスワーゲン版「フォードF-150」、フォード版「ワーゲンバス」が登場するかも ロイターによると、フォルクスワーゲンとフォードとが提携を行うと発表した、とのこと。両社とも非常に大きな規模を誇る自動車メーカーですが、電気自動車や自動運転関連技術、トラックやバンといった商用車部門での共同開発を行ってゆくことが目的だと伝えられています。※2017年の売上高だと、フォルクスワーゲンは1位、フォードは6位

ReadMore

■このサイトについて >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWは新型Z4の加速タイムを”スープラ超え”に上方修正。新型スープラのスペックよりも劣るのが我慢できなかった模様

BMW Z4の0-60マイル加速タイムが4.4秒から3.9秒に修正される トヨタは先日デトロイト・モーターショーにて新型スープラを発表しましたが、その際に公表したのが「0-100km/h加速4.3秒」という数字。アメリカだとキロではなく「マイル」が使用されるため、「時速0-60マイル(時速96キロ)」が「0-100キロ」の代わりに用いられるのが一般的ですが、この「0-60マイル」だと新型トヨタ・スープラは4.1秒という数字を誇ることになります。

ReadMore

NSX

ホンダもオートサロン2019の布陣を公開。出展の目玉は「NSX GT3」、そして「S660ネオクラシックレーサー」

ホンダは純正カスタムカーを多数公開。ピュアエレクトリックモデルの展示は無い模様 さて、各社とも情報を公開しつつある2019年オートサロン出展車。今回はホンダがその概要を公開していますが、結構多彩な布陣 ...

【動画】ホンダがクルマのぬいぐるみにNSXやS2000のサウンドを仕込み、「泣く子も黙る」秘密兵器、”サウンドシッター”を開発

ときどき奇っ怪な製品やコンテンツを発表するホンダですが、今回「Sound Sitter(サウンドシッター)」なる製品を発表(非売品)。これはサウンドをもってベビーシッターの代りにするという意図のネーミ ...

【競売】スープラ、RX-7、NSXなど90年代のドリームカー、そしてバブルの象徴「AMGワイドボディ」も!個人コレクション140台が出品予定

| 世界中の希少なコレクターズカーが一気に140台も競売へ | 1980-1990年代のクルマを中心とした「ネオクラシックカー」140台のコレクションが一斉にオークションへと登場予定。 これはRMサザ ...

【動画】ホンダNSXはこうやって製造される!人とロボットが補完しあい、完成後には一台づつパワーチェック

| ホンダNSXはこうやって製造される | ホンダ(アキュラ)NSX製造風景が動画にて公開。 これはユーチューバー、Michael Gauthier氏がアップロードしたもので、NSX製造や、出荷前のテ ...

ホンダが日本でも改良型NSX発売。「受注は予定の2倍」「開発拠点を日本に移す」→今後何らかの動きがある?

2018/10/27    , , , ,

| ホンダはNSXにテコ入れを行う?開発拠点を日本へ移管 | ホンダはアメリカで2019年モデルのNSXを発表済みですが、今回日本でも2019年モデルとしてNSXの改良モデルを発表(注文受付はすでに開 ...

ホンダ「レースで勝つのにベストなマシンを提供する」。NSX GT3 Evoを発表

|NSX GT3が空力、冷却性能、ドライバビリティを向上させNSX GT3 Evoへとバージョンアップ | ホンダがNSXのレーシングバージョン、「NSX GT3」を2019年モデルとしてアップデート ...

【動画】ホンダNSX市販モデル発表の1年前にすでにレプリカを製作した男がいた!

| インドネシアからホンダNSXのレプリカ登場 | インドネシアのチューニングショップ、ダブルセブン(Double Seven)が4年前に公開した「ホンダNSXのレプリカ」が話題に。 ベースはホンダ・ ...

【動画】日本の誇るスーパーカー頂上対決。ホンダNSX、日産GT-R NISMOのどちらが速い?

| ラスベガスのサーキットにて両雄が相まみえる | ドラッグレース系ユーチューバー、Dragtimes氏が「ホンダNSXと、日産R35 GT-R Nismo」という日本が誇るスーパーカー対決を動画にて ...

ホンダS2000が現代に登場したら?NSXのフロントデザインを持つ新型S2000のレンダリング

| 誰がどう見ても、紛うかたなきS2000 | CGアーティスト、Jon Sibal氏が「もしもホンダS2000が復活したら」というレンダリングを作成。 説明がなくとも「これはホンダS2000」だとわ ...

ホンダがNSXにリコールを二件発表。一件は燃料タンクから燃料漏れの可能性、最悪は火災も

| ホンダがNSXに対しリコールを二件発表 | HONDA NSX DETAIL ホンダが北米にて、NSXに対し「燃料タンク」「ハイマウントストップランプ」2つのリコールを届出。 幸いにもこれに起因す ...

【動画】みんな大好きホンダNSX。1990-2019年までの変遷、開発秘話も見てみよう

2018/9/5    , , , ,

| ホンダNSXはこう進化してきた | 「ホンダNSXの進化(変遷)」が動画にて公開。 1990年の登場(発表は1989年)から最新の2019年モデルに至るまでが紹介されています。 加えて、それぞれの ...

ホンダNSXに2019年モデル登場。ニューカラー追加、足回りの強化で鈴鹿のタイムは「2秒速くなった」

2018/8/27    , ,

| NSX Type Rじゃなかった | ホンダが2019年モデルのNSXを公開。 事前の予想では「ついにタイプR登場か」と言われたものの実際にタイプRは発表されず、2019年として新ボディカラーの追 ...

夏の欧州はスーパーカー密度高し。カスタムされたNSX、フェニア・スーパースポーツ、アストンマーティン・ヴァンキッシュ

スペインはマルベリヤにて、ホンダNSXのクロームラッピング車両が目撃。 ナンバープレートは「TOO S6XY」で、これは「TOO SEXY(セクシー過ぎる)」と読め、相当に思い切った語呂合わせですね。 ...

現在中古市場に出ているホンダNSXで唯一のブラック。リバイズさんで細部を見てきた

2018/7/7    , , ,

| 現在、国内で売りに出ている唯一の”ブラックの”ホンダNSX | さて、リバイズさんへとホンダNSXを見に。 ぼくは以前に一度、東京にて展示されていたNSXを見た後は実車を見たことがなく、直接目にす ...

【動画】このサウンドは必聴!初代ホンダNSXを415馬力にチューンしてサーキットを爆走

| まさか初代ホンダNSXをここまでチューンしたオーナーがいるとは | バリバリに改造したホンダNSXがサーキットを走る動画。 ユーチューバー、NM2255氏が公開したもので、このホンダNSXは3.5 ...

販売が下がり続けるアキュラ「レクサスやインフィニティをベンチマークしたのは間違っていた」

| アキュラは暗黒時代を抜け出せる? | Automotive Newsが開催したイベント「マーケティング360」にて、アキュラのマネージャー、ジョン・イケダ氏が「しばらくの間、アキュラはそのルーツを ...

【動画】ホンダNSX VS メルセデスAMG GT R。駆動方式、レイアウト、パワートレーンが全く異なる二台の加速勝負は?

| 全くといっていいほど考え方の異なる二台だが? | メルセデスAMG GT RとホンダNSXとの加速勝負。 この両者にはかなりな違いがあり、駆動方式だとRWDと4WD、パワートレーンもガソリンエンジ ...

除雪車みたいなスポイラーを装着したNSXでホンダがパイクスピークへ。参加車両4台を公開

| ラッセル車みたいなフロントスポイラーを装着 | 6月24日に開催される「パイクスピーク」に参戦する車両をホンダが披露。 今回はNSXはじめRDX、RDX Aスペック、TLXの4台構成となっています ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.