>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダは2025年までにスポーツカー含む複数のEV発売とのウワサ。初代シビック、S800モチーフのクルマが発売されるならS2000のEV版も登場する?

| ホンダがトヨタに対抗するにはS2000復活しかない | honda sport EV ホンダは市販モデル初のEV「ホンダe」を発表したところですが、その後すぐ、スポーツカーと思われるボディ形状を持ったEVらしきクルマのパテントが出願されたことも明らかに。このスポーツカーらしきEVの詳細は不明ではあるものの、おそらくはホンダeとプラットフォームを共有するものと思われます。 ホンダがミドシップスポーツカーっぽい新型車のパテントを申請。エレクトリックスーパースポーツか?

ReadMore

>ミニ(MINI)

アルピナは過去に「高級なミニ」を作ろうとしていた!ちなみにミニは自身で「ロールスロイス仕様」を限定販売したことも

| ロールスロイス仕様のミニは当時570万円で販売されていた | 先日、アルピナが「i8ベースのハイパフォーマンスハイブリッドカーを発売しようとしていた」という記事をお届けしましたが、今回は「アルピナが、ミニの高級バージョンを作ろうとしていた」というもの。アルピナはBMWに認められて公式にBMW2シリーズからボディやパーツの供給を受け、これに自社開発のパーツを組み込んで完成車を製造する「自動車メーカー」。BMWとは緊密な関係にあり、これまでにも「BMWが生産を終了する”M1”の生産を引き取り、アルピナにて ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:ポルシェ911(992)】 ポルシェはいつも、ボクらの期待の「ずっと上」を行く。これだけバランスの取れたスポーツカーは他にない

| ポルシェはもともと「小型で効率性の高いスポーツカー」を標榜していた。その精神は今も新型911に受け継がれる | さて、待望の新型ポルシェ911(992)カレラSに試乗。ぼくは「もう911を購入することはないだろう」と考えていましたが、それはRRならではの不安定な挙動のため。ただ、ぼくがそう判断したのは997世代の911に乗っていた頃で、それ以降の919、991.2を運転してみると徐々にそういった(不安定な)印象が薄れてきていることにも気付かされます。 最新の992世代ではその傾向がさらに強くなっている ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがロンドンにて「ラピードE」「ラゴンダ」を展示。両方ともアストンマーティンの未来を示すクルマだが、先行きは不透明

| とくにラピードEはポルシェ・タイカンの影に隠れてしまいそうだ | アストンマーティンが、ロンドンにあるフラッグシップショールームにて「ラピードE」そして「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を展示。いずれも「ピュアエレクトリックモデル」となりアストンマーティンの未来を表すクルマでもありますね。ラピードEのほうはすでに販売が開始されており、限定155台とアナウンスされるも「まだ売れ残っている」と報じられています。 アストンマーティンが「ニュルを一周走るのが限界」なピュアEV、ラピードEを発表!限定155台 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターとマクラーレン720Sスパイダーの加速対決!フラッグシップオープンモデル同士の対決の行方は?

| 想像していたよりもアヴェンタドールSロードスターはずっと速かった | CARWOWが「マクラーレン720Sスパイダー」そして「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」、つまりオープンスーパースポーツ同士の加速対決動画を公開。両者とも、それぞれのブランドにおいて「カタログモデル(限定ではない)では最強最速のオープンモデル」ということになりますね。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】米大学教授が3Dプリンタを駆使してランボルギーニ・アヴェンタドールのレプリカを作成!その驚きのクオリティを見よ

| 作成動画も公開中。クルマに関する知識や技術も相当なものだ | コロラド州立大学の教授、スターリング・バックス氏がランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターのレプリカを作成中。今回のレプリカについては「3Dプリンタ」を使用していることが特徴で、これによって作業が容易かつ効率的となり、かつ正確なモデリングが可能となっているようですね。なお、単なるアヴェンタドールではなくリアウイングつき(マンソリーかDMCあたりを思わせる)。リアバンパー内にはエンジン放熱用のファンまでが組み込まれています。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

まさかの未登録!「ベンツがベンツらしかった」時代の名車、190Eの新車が発掘される。なお日本ではバブル期に「小ベンツ」と言われたあのクルマ

| 33年間も空調のきいたガレージにて保管されていた新車 | 「メルセデス・ベンツは過剰なほどの品質を持っている」かつてそう言われた時代があったわけですね。そして今回、そういった時代に生産されたW201世代のメルセデス・ベンツ190が中古市場に登場。なお、190シリーズは全世界で180万台以上が販売されたので「中古車」としては珍しくなく、しかし今回これが話題になるのは「このメルセデス・ベンツ190の走行距離が新車同然、わずか499キロ、そして未登録だから」。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】イギリスより、新型スープラ用社外マフラー第一号(ミルテック)が登場!その本気サウンドを聞いてみよう

| ミルテックはハイパフォーマンスカーに特化した本気のエキゾースト専門メーカー | 現時点ではおそらく「最初」となる新型トヨタ・スープラの社外品エキゾーストシステムのサウンドを収めた動画が公開に。トヨタ・スープラは「チューニング推奨」の姿勢を大きく押し出しているため、今後多くのチューナーがそのカスタムパーツをリリースすることになると思われますが、今回先陣を切ってマフラーをリリースしたのはミルテック・スポーツ(Milltek Sport)。

ReadMore

>ポルシェ911関連

米新興チューナーがまたやった。あの「ポルシェ908」をモチーフにした”サーキットウェポン”カスタム911を公開

| 今回はとことん軽量、そして運動性能にこだわった | これまでも「964の足回りを移植した356」「4WD化した356」など想像を遥かに超えたポルシェのカスタムを見せてくれたエモリー・モータースポーツ(Emory Motorsports)ですが、今回もまた独自カスタムをふんだんに乗り込んだポルシェ911を公開。 なお、エモリー・モータースポーツはこれまで356のカスタムを専門としており、実は911のカスタムは「はじめて」だそう。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

エヴァイヤ発表のロータス。2021年に新型スポーツカー発表、今後の価格レンジは680-1400万円となること、フェラーリと同じ生産規模を目指すことを公表

| 現在の生産台数は1,700台。1万台を目指すというのはかなり野心的だ | ロータスは数日前に「英国初のエレクトリックハイパーカー」、EVJIA(エヴァイヤ)を発表していますが、その会場は画像の通り「限定されたVIPしか入れない限定空間」。ロータスのVIP顧客や各メディを招いてのイベントであったそうですが、そこでプレゼンテーションを行ったロータスCEO、フィル・ポプハム氏に飛んだのが「エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの後継はいつ出るのか」という質問。

ReadMore

エンジン

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダCX-30欧州スペックの画像、そしてエンジンラインアップが公開。その美しい姿を見てみよう

| 価格は公開されていないが、おそらくはCX-5に近い値付けになりそう | マツダが欧州仕様のCX-30についてスペック、そして画像を公開。CX-30はマツダ3に続く新世代商品第二弾という位置づけとな ...

>マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

マクラーレンF1のV12エンジンを載せたBMW M5ワゴンが存在していた!おそらくは世界で最も高額なエンジンスワップ

| 想像通り、一瞬でクラッシュし今は存在してない | 驚くべきことに、かつてBMWは「マクラーレンF1のV12エンジンを積んだM5エステート(ワゴン)」を試作していた、という事実が明らかに(画像のM5 ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ・スープラにBMWがM3用エンジンを供給?500馬力スープラ誕生にBMWは「ないとは言えないな」

2019/7/13    , , , , ,

| BMWは結局トヨタとの共同開発で損をしたのか得をしたのかわからない | トヨタ・スープラは登場前から大きな話題となっていて、その話題の中でもとくに多くの人が気にしていたのが「ハイパフォーマンスバー ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

メルセデスAMG「A45」「CLA45」発表!”ドリフトモード”を備え、量産4気筒エンジン史上最高の421PSを発生するスーパーカーキラー

| FFベースでも高い戦闘力を発揮する時代がやってきた | メルセデス・ベンツがグッドウッドにて新型「メルセデス・ベンツAMG A45」「メルセデス・ベンツAMG A45 S」 「メルセデス・ベンツA ...

>スウェーデンの自動車メーカー >スバル(SUBARU)

【動画】ケーニグセグはもともとスバル製F1用エンジンにあわせて設計されていた!スバルがF1参戦していたという事実、そしてなぜその後採用されなかったのか

| ケーニグセグは実際にスバル製の水平対向12気筒F1エンジンの使用権を購入していた | ケーニグセグは現在自社製のV8ターボエンジンを使用しているものの、創業初期にはフォードのV8エンジンを改造して ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダはこっそりロータリーエンジンとその搭載車を開発していた!特許が公開され、その存在が明らかに。2020年1月30日の”マツダ100周年”に発表あるか

| ターボ装着を前提に給排気系を効率化。特許では「ロータリーエンジン搭載車」にも触れる | マツダが新型ロータリーエンジン関連特許を2件申請していたことが判明。申請自体は2017年に行われたものですが ...

>パガーニ(PAGANI)

走行わずか1,126kmのパガーニ・ウアイラが中古市場に登場。その美しい内外装、エンジンルームを見てみよう

| ウアイラ以上に美しく芸術的なエンジンルームを持つクルマはほかにない | ときどき出てくるパガーニ・ウアイラの中古売物件。今回は2014年製のウアイラに、サーキット走行志向へとエアロパッケージ/設定 ...

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG「45」系に搭載されるエンジンは「リッターあたり自動車史上最高出力」、421馬力。このためにエンジンを前後逆に搭載するなど苦労を語る

| あまり話題にされないが、メルセデスAMGのエンジンは比類ない | メルセデスAMGは「A35」「CLA35」「CLA35シューティングブレーク」を発表していますが、まだ登場していないのが「A45」 ...

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

アルピーヌA110”S”発表!+40馬力、スタビライザー強度はなんと2倍へ。その内容を見てみよう

| アルピーヌは今ひとつ日本に対しての本気度が感じられない | 先日より「ニューモデル」のティーザーキャンペーンを開始していたアルピーヌですが、ついにのニューモデル、”A110S”を公開。現在アルピー ...

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >マツダ(MAZDA)

マツダ社長「ロータリースポーツ実現はマツダ全員の夢だが、今は余力がない」。マツダの利益は43%減、営業利益率も4.2%から2.3%と業界最低レベルへ

| マツダはこの”負のスパイラル”から抜け出せるのか | オートモーティブニュース・ヨーロッパがマツダの丸本明社長へインタビューを行ったところによると、「(最後のロータリーエンジン搭載車である)マツダ ...

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスが「世界で初めて大西洋無着陸横断飛行」を成功させた自社のエンジンにちなんだレイスの限定モデル、「イーグルVIII」を発表

| 1919年の無着陸飛行において、唯一壊れなかったのはロールスロイスのエンジンだけだったという | ロールスロイスが「レイス」に50台のみの限定モデル”イーグル8(Eagle VIII)”を追加。実 ...

>シボレー(CHEVROLET) >マツダ(MAZDA)

【動画】コルベットにマツダRX-7のロータリーエンジンを積むクルマが現れた!イベントに合わせて48時間で製作→案の定イベントではクラッシュ

| それでもボクらはその勇敢な行為を永遠に忘れない | アメリカのチューニング市場においてはエンジンスワップが盛んですが、同一メーカーのエンジンだけではなく、異なるメーカーのエンジンを載せる例も多数。 ...

>スウェーデンの自動車メーカー

【動画】ケーニグセグ・ジェスコの細部はこうなっている!内外装、そしてエンジンやサスペンションなど細部を見てみよう

| フロリダのディーラーにケーニグセグ・ジェスコが登場 | いつもドラッグレースの様子を公開するユーチューバー”Drag Times”ですが、今回はいつもと変わり、ケーニグセグの最新モデル「ジェスコ」 ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >マセラティ(Maserati)

フェラーリがマセラティ向けに「今後はエンジンを供給しない」と発表。なおマセラティがフェラーリエンジンを断った模様

| マセラティは今後エンジンをどこから手に入れる? | フェラーリは5月7日に株主向けの収支報告を行っていますが、その中でもっとも衝撃的であったのは「もうマセラティにエンジンを供給しない」というもの。 ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダが「直6エンジン」開発を公表。FRプレミアムカーに搭載すると報じられ、ついに「ヴィジョン・クーペ」の市販化か?

| トヨタにエンジンを供給する可能性も捨てきれない | マツダが「将来のプレミアムモデルに向け」直6スカイアクティブXエンジン(ガソリン、ディーゼル両方)を開発中、との報道。これはマツダが投資家向けの ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連

ポルシェ・カイエン・クーペにランボルギーニ・ウルスのエンジンを積んだ「カイエンGT5」発売?というウワサ

| ポルシェの現在の方向性を考えると「ありそう」 | ポルシェはカイエン・クーペを発表したばかりですが、早くもそのハードコアバージョン登場のウワサ。日本でも「カイエン・クーペ(11,150,000円) ...

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

トヨタ「もし新型スープラをBMWと共同ではなく単独で開発していたら、1000万を軽く超えていただろう」。この価格でこの性能のクルマに乗れることに感謝

| スープラ開発担当は直6エンジンサウンドを高く評価 | トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏が語ったところによると、「新型スープラをもしBMWと共同開発しなかったならば、その価格は軽く100 ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン「我々はV12エンジンを見捨てない。それが禁止されるまではなんとしても生き残らせる」

しかしながら「規制」によってパワーダウンしたV12エンジンだと誰も欲しがらないというジレンマ アストンマーティンCCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)、マレク・ライヒマン氏が英国TopGearに ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.