>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】謎のポルシェ718ケイマンが目撃。現行718への追加モデル?それとも718のフェイスリフトモデル?

| フェイスリフトモデルにしてはあまりに変更点が少なすぎる | 今後様々なニューモデルが登場しそうなポルシェ718シリーズ。直近で確定しているのは「718ケイマンGT4」「718ボクスター・スパイダー」ですが、このところ頻繁に目撃されているのが上の画像の「謎モデル」。どこが謎なのかということについて、通常は「センター」となるテールパイプが「左右」に別れていること。そしてこの位置はターボ化されたポルシェ911のテールパイプと同じだということで、これが「718ケイマン/ボクスターに(ポルシェ911に積まれる) ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メルセデスAMG ONEは「市販車最初のハイブリッド電動ターボ」搭載車に?そもそも電動ターボってどんな種類があるの?

| ターボチャージャーも昔と違って多様化してきた | 強化される排ガス規制のために開発が遅れていると言われるメルセデスAMG ONEですが、AMGのボス、トビアス・メアース氏が「AMG ONEには電動ターボを使用する。そしてAMG ONEは電動ターボを使用する世界ではじめてのガソリン車になる」と語っています。ちなみに「電動ターボ」はディーゼルだとアウディQ7 TDIに採用され、ガソリン車でもメルセデス・ベンツS450やAMG 53系に採用済み。 となるとAMG ONEは「ガソリン車初の電動ターボ」とななり ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど

今度はランボルギーニ・ヴェネーノ!タイからトヨタMR-Sベースのレプリカ(無理がある)が登場

| ヴェネーノとMR-Sでは全長1メートル以上、幅では40センチ近く差がある | 世界中で報告されるスーパーカーの「レプリカ」。今回はタイより、ランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスターのレプリカ製作風景が公開に。なお、ベースとなるのはトヨタMR-S。MR-Sのボディサイズは全長3,895ミリ、全幅1,695ミリ、全高1,235ミリなので、全長5,020ミリ、全幅2,075ミリ、全高1165ミリというヴェネーノ・ロードスターとは相当にボディサイズに差があります。そのためMR-Sをベースにヴェネーノのレプリカ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダはどこへ行く?トヨタとエレクトリック分野では袂を分かち「独自技術のEVを2020年に発売、2021年以降にはPHEV発売」

| マツダにはエレクトリック技術を単独で進めるノウハウも資金も無いはずだ | ますます厳しさを増す欧州の環境規制。報道によればシボレー・カマロ、コルベットはこの規制に対抗できないために「年内に(欧州では)販売終了」だと言われます。そういったハイパフォーマンスカーでなくともこの問題に直面しているのは同じであり、Auto Newsによると、マツダはこれに対応するため2020年に「ブランド初の」ピュアエレクトリックカーを発売し、2021-2022年にかけてプラグインハイブリッドカーを数台発売する、としています。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMGが「800馬力のGT73」を発表とのウワサ。GLS、Gクラス、Sクラスにも「73」設定?

| やはりハイブリッドシステムは開発に時間がかかるようだ | メルセデス・ベンツがAMG船外モデル「GT 4ドアクーペ」に「GT73」を追加する、というウワサ。現在、同シリーズには直6/3リッター+マイルドハイブリッドの「GT43」「GT53」、4リッターV8ツインターボエンジンを積む「GT63S」がラインアップされています。ただし、メルセデスAMG GT 4ドアクーペが発表される前には「4リッターV8ツインターボ+ハイブリッド」によって805馬力を発生するモデルが最初に登場すると言われており、しかしそれ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・ウラカンEVO展示イベントへ!ランボルギーニ大阪は一晩限りの「バータイム」営業

| ショールームでは”ミクソロジスト”濱口貴志によるフローズンカクテル提供も | さて、ランボルギーニ大阪さんにてウラカンEVOのお披露目会”Huracan EVO Exhibition Days”が開催され、ウラカンEVOを見にゆくことに。以前にウラカンEVOの内覧会は開催されているものの、前回はゆっくり見ることができず、改めてウラカンEVOをチェックしています。展示車両はパールオレンジにグロスブラックのアクセントを持つ個体で、内覧会にて公開された車両と同一のようですね。 ランボルギーニ・ウラカンEVO ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

骨の髄までスパルタン!ホンダのスーパースポーツバイク、CBR250RRが納車された

| ある意味、我が家でもっともスパルタンな乗り物に | さて、先日注文したバイク、ホンダCBR250RR<ABS>(MC51)が納車に。ぼくは突然バイクやクルマを購入することがありますが、今回もやはり突然。CBR250RRについて、以前から「欲しい」とは考えていたものの、ホンダドリームを訪れ、その場で「これちょうだい」という形での契約となっています(ただしそれまでも試乗したり、購入しようと考えたことはあった)。用途としては日常の足。ただ、「足」といえども、どうもぼくはレスポンスのいい乗り物以外にはあまり馴 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M3 ”DTMエディション” が1000万円で販売中!1000万円でも安いと思えるその内容を見てみよう

| ここまで手が入ったM3も珍しい。とくにレトロな仕様はマニアにはこたえられない | 美しくカスタムされたE30世代のBMW M3が中古市場に登場。これはKoch Klassicがカスタムした車両で、独自に「DTM Edition」と命名されたもの。その販売価格は約1000万円とかなり高額ではありますが、ここでどういったカスタムが施されているのかを見てみましょう。

ReadMore

>ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >テスラ(TESLA)

シビック・タイプRもパトカーに導入したオーストラリア警察が今度はテスラ・モデルXをパトカーに。「維持費が安くていい」

| けっこうオーストラリア警察は資金的に余裕がある? | オーストラリアはビクトリア州の警察が「テスラ・モデルXをパトカーに採用した」と発表。世界中では多くの警察がスポーツカーやスーパーカーをパトカーとして採用する例があるものの、テスラ・モデルXを警察車両に加えるのは非常に珍しい、と思います。加えて、そういった「ハイパフォーマンス警察車両」に多くはプロモーションを目的に採用しているものの、今回のモデルXについては実務に当たるとしており、これもやはり「かなり珍しい」例ですね。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン、トヨタがル・マンに新設される「ハイパーカークラス」への参戦を表明。フェラーリ、マクラーレンもぜひここへ参加して欲しいところ

| フェラーリがワークスとしてル・マンに復帰することを期待したい | 一時は「計画倒れ」となりそうだったル・マンふくむWEC(FIA世界耐久選手権)のハイパーカークラス創立プロジェクト。せっかくカテゴリを作ったところで参加車がいないのではないかと思われたものの、今回アストンマーティンが2020−2021シーズンに「少なくとも」2台のヴァルキリーを走らせると公表。このハイパーカークラスは現在のLMP1クラスの置き換えになる予定ですが、ヴァルキリーのような市販車が参加できるとなると、LMP1とはかなり性質が異 ...

ReadMore

レストモッド

>フォード(FORD) ■ニュース

【動画】1969年式マスタングを785馬力、未来風にカスタム!エンジン始動は指紋認証、機能操作はすべてタッチパネルにて

こういった発想はアメリカ人ならでは アメリカのチューナー、マンチコア・プロジェクト(Manticore Project)が1969年製フォード・マスタングのカスタムを披露。いわゆるレストモッド(レスト ...

>その他アメリカ車

ハマーH1のレストモッド専門会社が送り出すカスタムハマーが人気に。1台3300万円から、12台限定

| 2年かけて12台を生産、現在は6台目 | ハマーのカスタムを得意とする、ミルスペック・オートモーティブ(Mil-Spec Automotive)がその新作ハマーを公開。なおベースとなるのは「ミルス ...

>ミニ(MINI)

これがクラシックミニのレストモッド「ミニ・リマスタード」の内装だ!”スキーリゾートにぴったりの”1台1500万円、セレブな一台

| ボディカラーは”ストームブリンガー”と”スノーブラインド”の2トーン | ジュネーブ・モーターショーに出展されたクラシックミニのレストモッド、「ミニ・リマスタード」。これはイギリスのデビッド・ブラ ...

>その他の国の車

「ボール紙で出来ている」と言われた旧東独のクルマ、トラバント!内装スペシャリストが内外装をカスタムし現代風に

| おそらく車体以上の費用がカスタムにはかかっている | 非常に珍しい、「トラバント」のレストア+カスタム=レストモッドが登場。トラバントは共産体制下にあった東ドイツのVEBザクセンリンクが1958年 ...

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M3(E30)のレストモッドがまたまた登場。排気量アップ+ターボで390馬力を発生し、デジタルメーターなど装備は一気に近代化

| 一方でボディパネルにはカーボンを使用するなど軽量化にも配慮 | ますます価値を上げている初代BMW M3。初代M3(E30)はもともとレース用のホモロゲーション取得のために製造販売されたクルマで、 ...

>フェラーリ(Ferrari)

珍しいフェラーリ328のレストモッド。グレーにブロンズホイール、そして現代風ミラーがカッコイイ

ポルシェ911と異なり、フェラーリをレストモッドしてしまう例は非常に少ない アメリカのチューニングファクトリー、カシル・モータース(Casil Motors)がフェラーリ328GTBのカスタム+レスト ...

>フェラーリ(Ferrari)

リバティーウォークがフェラーリ308GTBを族車カスタム。308は値段がこなれ「レストモッド」対象として注目モデルに

フェラーリ308GTBはグラスファイバーボディを採用した最初の量産フェラーリ リバティーウォークがフェラーリ308GTBをお馴染みオーバーフェンダーにてカスタム。今回公開されたのはフロントバンパー、リ ...

>ジャガー(Jaguar)

見た目は当時のまま、中身は「フューエルインジェクションV12、APレーシング製ブレーキ、ハイグリップタイヤ」なチート仕様ジャガーE-Typeのレストア車

しかも毎日乗れる快適仕様 ジャガーE-Typeのレストア+モディファイ=レストモッド車両が公開に。以前にも同様に「イマ風」となったEタイプが公開されていますが、今回のEタイプは以前の個体に比べるとやや ...

>フェラーリ(Ferrari)

詐欺で逮捕された男から押収した漆黒の”ハイカスタム”フェラーリF40が競売に。過去にはメジャーリーガーも所有していた有名な一台

コレクター的には賛否両論あるかもしれない フェラーリF40を修理がてらカスタム=レストモッドした個体がオークションに登場予定。これはもともとチューニングショップ「ガス・モンキー・ガレージ」が2013年 ...

>ポルシェ911関連

ポルシェ911の新しいカスタムビルダー登場。「我々が作るのはタイヤの付いたオーダースーツ。年に一台しか作れない」

| ドイツより新星”Wagenbauanstalt”登場。内外装はフルカスタム | ハンブルク拠点にて活動するWagenbauanstalt(ヴァーゲンバウアンシュタルト?)がポルシェ911のカスタム ...

>フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD)

【動画】まさにアメリカはなんでもアリ!フォード・マスタングにフェラーリF430のV8をツインターボ化してスワップ

| フォード・マスタングに”宿敵”フェラーリのエンジンをスワップ | なんとフェラーリのエンジンを搭載した1968年モデルのフォード・マスタングが登場。 これはSEMAショーに展示されたもので、フェラ ...

>その他アメリカ車

ダッジがカスタムに本気出した。1000馬力のスワップ用エンジン、純正レストモッド”チャージャー”を公開

| ダッジはアメリカンマッスル一直線 | ダッジが「モパー」ブランドより”エンジン単体”を発売。 このエンジンはなんと1000馬力を発生するものですが、アメリカでは「エンジンスワップ」の人気が高いこと ...

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ポルシェ純正993レストモッド、「プロジェクト・ゴールド」競売へ。予想を超える3.4億円で落札される

| ポルシェによる自社レストモッド、「プロジェクト・ゴールド」がついに競売にかけられる | ポルシェがかねてより進めていた「プロジェクト・ゴールド」。 これは空冷世代の993型911ターボを現代の技術 ...

>ポルシェ911関連

続々登場、「先祖返りポルシェ911カスタム」。老舗チューナー”DPモータースポーツ”も964を901風へとレストモッド

| 走り系チューナーも無視できない「この流れ」 | ドイツのチューナー、DPモータースポーツが964世代のポルシェ911を初代911、つまり901世代へと先祖返りさせるプログラムを公開し、その実車もお ...

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ジンガーが「100台目」の記念すべきポルシェ911カスタムを公開。なお現在の予約は”13年分”

| 初代911に忠実なデザインへと先祖返りした”三代目”ポルシェ911 | クラシックポルシェのレストア&カスタム(レストモッド)を行うジンガー・ビークル・デザイン(Singer Vehicle De ...

>ポルシェ911関連 ■ニュース

あの「フルカーボン」「15センチワイド」「5800万」ポルシェ911のレストモッド”400R”別バージョンが公開

| ガンサー・ワークスがポルシェ911(993)のレストモッドを公開 | ぺブルビーチにて「フルカーボンのポルシェ911(993)コンバージョン」を発表して話題になったガンサー・ワークス(Gunthe ...

>フォード(FORD) ■ニュース

フォード・ブロンコを1500時間かけてレストア!その費用なんと2500万円ナリ

| レストアにかかった時間はのべ1500時間、期間は9ヶ月 | そろそろニューモデルが登場すると思われるフォード・ブロンコ。 庶民派オフローダーの代表格であり、登場するや否やカスタムされまくると思われ ...

>ポルシェ911関連 ■ニュース

空冷ポルシェ911(993)用、フルカーボンボディ公開。完全レストアからのチューン「ガンサー400R」

| 空冷ポルシェのチューンに新星あらわる | 現在はジンガーはじめネオクラシック/クラシックポルシェのレストモッドが盛んですが、昨年993世代のポルシェ911カスタム”400R”を発表したことで話題に ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.