■アメリカ車

日本国内向けの新型コルベット(右ハンドル、1180万円〜)正式発表!フェラーリ、ランボルギーニ並の性能を持ちながらも価格は1/2〜1/3

| 北米に比較するとずいぶん高価になってしまったが、「右ハンドル化」の代償だと捉えるしかない | さて、ゼネラルモータースが日本市場向けの新型コルベットを正式発表。※画像は海外仕様今年1月に先行予約受 ...

新型コルベットがついに「勝手に開くフロントフード」に関してリコールを実施。そしてZ06のサウンド付きスパイ動画がアップされる

| GMはリコールを届け出る一方、トランクが勝手に開くのは「ユーザーのミス」だとは主張している | さて、先般より問題となっているC8コルベットのフロントフード(フロントトランク=フランク)が勝手に開 ...

え?これがジムニー?初代ジムニー(SJ10)をラットロッドにカスタムしたレンダリングが登場

| イマジネーションに限界はない | さて、先日「現行ジムニーをホットロッド化」したレンダリングが公開され話題を呼びましたが、今回は「初代ジムニーをラットロッドに」カスタムしたというレンダリング。なお ...

これ絶対アカンやつ。インドのマヒンドラが懲りずにジープ・ラングラーそっくりの「THAR」を発表。間違いなく訴訟になるぞ

| マヒンドラは他のクルマでも、FCAと争った「ジープに似すぎている」訴訟に負けたばかり | さて、インドのマヒンドラが新型車「Thar(サー)」を発表。一見して「え?ジープ・ラングラー?」と思ってし ...

「普通、こんなときに買いませんよ」。それでもボクが暴落時に株を買うのは「ポルシェ911の運転と株式取引は同じだ」と思うから

さて、テスラの株価が最高値を更新しており、現在ぼくの含み資産もこれまでに見たことがないほどの額へ。実際のところぼくはそれほど熱心な投資家ではなく、かつ頻繁に売買するほどの時間も取れないので、「長期的に ...

フォードが「1966年のデイトナ優勝車を意識した」GT特別仕様車、そして新グラフィックを与えた「スタジオ・コレクション」を発表

| フォードは毎年少量づつ限定モデルを発表し、GTの希少性を高めている | フォードが先般より予告していたとおり、新しい「GTヘリテージ・エディション」を発表。フォードは「GT」に続々とスペシャルモデ ...

トヨタ「SUV全盛の中でもセダンが売れて仕方がない」。フォードやGMが捨てた市場に残り続けたトヨタに販売が集中

| トヨタは苦しくとも頑張り続けた甲斐があった | 現在の自動車市場では「セダンが売れず」、GMやフォードなど大手自動車メーカーは次々セダンを廃止してはSUVやトラックと入れ替えていますが、そんな中、 ...

米フェラーリ収集家が興した自動車メーカー、SCGより「004S」発売!フェラーリっぽいルックス、マクラーレンっぽいセンターシート採用で4900万円

映画監督にしてスーパーカーコレクターであるジェームズ・グリッケンハウス氏が運営する自動車メーカー、「スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)」が、その最新モデルである”004S”を10月か ...

本人お墨付き!シルベスター・スタローンがカスタムしたキャデラック・エスカレードのストレッチリムジンが売りに出される

| 走行わずか、1年落ちで3200万円ならば”悪くない” | シルベスター・スタローンの所有していたキャでアラック・エスカレードESVのストレッチリムジン(2019年モデル)が中古市場に登場。その価格 ...

アメリカから水素を動力源とするハイパーFCV「ハイペリオンXP-1」登場!0-100km/h加速は2.2秒

| このハイペリオンにはバックグラウンド含め謎が多い | ちょっと前からティーザーキャンペーンを行っていた新興ハイパーカーメーカー「ハイペリオン」。今回、そのニューモデル「XP-1(プロトタイプ)」を ...

シボレー・コルベットのフロントフードにリコール!ただし「勝手に開く」のではなく「閉じ込められると中から開けることができない」という理由にて

| このリコールはアメリカ特有 | さて、先般よりお騒がせ中の「走行中にフロントトランクが勝手に開いてしまう」問題。米国運輸省(NHTSA)には現在8件のクレームが寄せられているといいますが、今のとこ ...

40年以上盲目だった男性が手術にて視力を回復して最初に買ったクルマはコルベット!「自分の人生、絶対にスローダウンしないと決めたんだ」

カナダはアルバータ州に住む男性が「44年間の盲目から」手術によって回復し、シボレー・コルベットを購入したというニュース。この男性、名をマイク・シケロフスキーさんといい、生後11ヶ月で遺伝的疾患によって ...

【動画】テスラはボートのように水に浮きながら進むことができる!さらにウイルスもシャットアウトできるため「現代最強」のクルマか

| 生き残りを考えるならば「テスラ」しかない? | さて、日本だけではなく世界中での洪水被害が報じられていますが、そこで注目されているのがテスラ。テスラのクルマは実は「水に浮く」ことが公的に認められて ...

キャデラックがブランド初のエレクトリックSUV”リリック”発表!「我々はこの新型EVをもってアメリカの高級車を再定義する」。なお発売は2022年、EVにありがちな見切り発車

| LED内蔵であちこち光る未来派SUV | キャデラックが待望の「ラグジュアリーEV」、リリック(Lyriq)を発表。EVの例に漏れず、発表だけして実際の発売は2022年というクルマですが、GMの次 ...

【動画】新型コルベットのフロントフードが走行中「勝手に開いてしまう」問題。どうやらユーザーの操作ミスで決着か?

| たしかにシボレーがそんなミスをするとは思えない | さて、度々報じられていた「新型(C8)コルベットのフロントフードが走行中、勝手に開いてしまう」問題。ちょっと前までは「レアケース」と考えられてい ...

2020年7月の国内輸入車登録!入荷がなく在庫を持たないフェラーリ/ランボルギーニは売るべき車がなく苦しそう。なおスマートが7月に売ったのはわずか「1台」

| ビジネススタイルの差が7月の明暗を分けたが、まだ勝負はわからない | さて、2020年7月の輸入車登録。全体としては18,338台を登録し、これは前年比で82.1%という数字です。メルセデス・ベン ...

テスラ「マーケティング?そんなモノはやってない。単にバカげたクルマを作りたかっただけさ」。そのサイバートラックは予約80万件を突破

| ポルシェ911、マツダ・ロードスターは長い歴史の上でようやく100万台を達成したが | さて、様々な方面で話題を呼んだテスラ・サイバートラック。発売前にはその名称から(名前だけが先に公開されていた ...

実際に映画「60セカンズ」に登場したエレノアの一台が販売中!これまでの個体に比較すると安めの5300万円で販売中。製作されたのは11台、実際に劇中で走ったのは3台のみ

| 内外装は劇中の仕様とほぼ同様 | 映画に登場したクルマの中でも非常に高い知名度と人気を誇る「エレノア」ことフォード・マスタング・シエルビーGT500。もちろん「60セカンズ」に登場したクルマですが ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5