■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RR のリアサスペンション交換を検討中。やっぱりオーリンズしかないのか・・・

| 純正サスペンションはあまりにハネすぎる | さて、ホンダCBR250RRのリアサスペンション交換を検討中。しばらく乗ってみて、「道路の段差で跳ねる」「衝撃をモロに拾いすぎる」という印象を持っていて、どうやらリアサスペンションが「硬く、反発力が高すぎる」のではないかと推測。そこでCBR250RRを購入したホンダドリームの改造推進派スタッフに聞いてみたところ、「CBR250RRは車体が軽く、タイヤがラジアルなのでとくに跳ねるように感じることがある。これを改善するにはサスペンション交換しかない」とのこと。※ ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

アブダビより1000万円超を投入したロールスロイス・カリナンのカスタム!オリジナルカラー「タスカン・サン」の内外装を見てみよう

| カリナンの純正カスタム需要はロールスロイスを大きく潤わせる | ロールスロイス・アブダビが「タスカン・サン」と命名されたボディカラーを持つカリナンのカスタム仕様を公開。ロールスロイス・アブダビは「BMWアブダビ」と同じ経営となり、BMWアブダビ共々「世界最大のBMW/ロールスロイスディーラー」。BMWを最も売るのはアメリカの「BMWロングビーチ」だとされますが、ロールスロイスをもっとも売るのはロールスロイス・アブダビではないか、と考えています。 ユーチューバー、BMWアブダビへ。ロールスロイスやカスタ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911GTSカブリオレの試作車が走行中!フロントはGT3系、リアは911ターボ系で”911シリーズのいいとこ取り”

| ブレーキはホワイトキャリパーのPSCB? | 新型ポルシェ911カレラGTSカブリオレのプロトタイプが走行中。カレラGTSは「カレラS以上、ターボ以下」というモデルです。「GT」と名はつくものの911GT3、911GT3RSに積まれる自然吸気エンジンではなく、GTSではターボエンジンを搭載することになりますが、フロントバンパーは「GT3」系に近い、3分割式のエアインテークを持つようですね。なお、911「カレラ」系のエアインテークはこういった感じで「横長」となっており、ターボ系もこういった横長グリルを採 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW M3の画像がリーク!ワイドフェンダーにボディ同色大型ディフューザー装備の過激マシン

| グレードや駆動方式の選択肢も拡大し、メルセデスAMG、ポルシェを追撃 | これまでに何度かBMW M3のスパイフォトが目撃されていますが、今回はなんと「偽装なしの」BMW M3が捉えられています。この画像を見るに「工場内」で撮影された可能性が高く、となると新型M3はもう生産が開始されているとも考えられます(プリプロダクションモデルかも)。画像では巨大なリアフェンダー、トランクリッドスポイラー、アグレッシブなリアバンパーにボディカラー同色のリアディフューザーが確認でき、「4本出し」テールパイプの存在も。 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

TRDがGRスープラを「怪物」に仕立て上げると予告。1994年の80スープラ「3000GT」を90スープラでも再現

| そのルックスはまさにレーシングカーといっても過言ではない |  TRD(Toyota Racing Development)がスープラをベースにしたコンセプトカー、「3000GTコンセプト」を発表すると予告。発表は東京モーターショーではなくSEMAとなり、世界へ向けて広く発信する、という意図がありそうですね。今回公開された動画だとその概要を示すに止まり、しかしこれは以前、TRDが80スープラをベースに製作した「3000GT」を90世代で再現する、というプロジェクトのようです。 1994年の東京オートサ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダの新型EV「MX-30」リーク!マツダはホンダやVWとは異なるアプローチの電気自動車を考えたようだ

| このボディ形状は他メーカーのコンパクトEVに対して優位性を持つことになりそうだ | マツダは、そのブランド初となるEVを第46回東京モーターショーにて発表の予定ですが、今回その画像が発表を目前にしてリーク。資料には「MX-30」の文字も見え、つまりはコンセプトモデルながらもその車名がMX-30である、ということも同時に判明。なお、マツダが車名に「M」を用いるのは珍しくなく、「MX-5(ロードスター)」「MPV」「MS-6/8/9」といったものが過去に存在。ただしそれぞれ「マツダ」「マルチ」「メガロ」な ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

新型SUBARUレヴォーグがリーク!VIZIV風のアグレッシブなデザインを持ち、市販車というよりコンセプトカーのようだ

| 実際に見るとかなりエッジの効いたデザインだと思われる | スバルは東京モーターショーにおいて新型レヴォーグを発表することになりますが、それに先んじてモデルチェンジ版レヴォーグの画像がリーク。現行レヴォーグは「全車ターボ」、トップレンジの2リッターターボは300馬力を発生するというスポーツワゴンで、後ろに向けてスロープしたルーフラインを持つなど、実用性よりもスタイルを重視したと思われるクルマ(スバルはほかにフォレスターやXVといったラインナップを持っていて、それぞれの用途にて棲み分けている)。 なお、新 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタ、レクサスが2021年までに3台のEVを発売とのウワサ。「すでに技術を有しており、発表時期を待つのみだ。消費者にとっても”求めやすい”価格になるだろう」

| 現段階では現実的に発売できそうなEVコンセプトがまだ発表されていない | 英国Autocarによると、トヨタとレクサスは2021年までに「3種の」エレクトリックモデルを発売する、とのこと。これは”内部の人”の話だとして報じられたものですが、「いずれかのモデルがエレクトリック化される」のか、「全く新しいエレクトリックモデルが登場するのか」は今のところ語られず。さらにはトヨタ、レクサス両方からプラグインハイブリッドモデルが登場するということについても言及されているようですね。

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

ホンダCBR250RR用にアライのヘルメット「HR-mono4」購入!ROOFやノーランのヘルメットに比較すると「さすが日本製」

| やはり日本メーカーならではの気遣いが随所に見られる | さて、アライのヘルメット(バイク用)を新しく購入。これは「HR-mono4」というモデルで、いろいろな機能を省いた廉価版という位置づけです(よって実勢価格3万円前後という、アライのフルフェイスとしては破格の安さ」。ただ、アライだけに安全性に関しては抜かりなく、帽体そのものはスネル規格M2010を満たすなど高い水準を持っています。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

「997世代の911GT3 RS風の」カラーリングを持つ991.2世代の911GT3 RS登場!未だにボクは997GT3 RSのインパクトが忘れられない

| ”黒ベースのオレンジアクセント”、”オレンジベースの黒アクセント”が与えたインパクトは過去最大級 | 991.2世代の911GT RSを997世代の911GT3 RS風にカスタムした車両が登場。水冷世代の911GT3 RSは「996」世代から今に至るまで続いていますが、「オレンジ×黒」「黒×オレンジ」といったコントラストカラーは13年前の997世代(初期)911GT3 RSで初めて登場しています。なお、当時は内外価格差、情報差がけっこう大きかった時代でもあり、アートスポーツなどいくつかのディーラーが並 ...

ReadMore

>その他イタリア車

>フェラーリ(Ferrari) >その他イタリア車 ■ニュース

【動画】現代版ランチア・ストラトス、フェラーリベースの「ニューストラトス」レビュー動画!その細部はこうなっている

| これほど「欲しい」と思わせるクルマは他にない | 昨年公開されて話題を呼んだ「ランチア・ストラトス」の現代版、「ニューストラトス」。これはイタリアのマニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ(MAT ...

>フェラーリ(Ferrari) >その他イタリア車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

デ・トマソP72のデザインはフェラーリP4/5のパクリ?”ワンオフモデル”P4/5とは何なのか、オーダーしたのは誰なのかを解説してみる

| この類似性は正直なところ、言い逃れできないだろう | 先日デ・トマソはブランニューモデル「P72」を発表し、大いなる喝采を浴びたところ。しかし今回、これに対してジェームズ・グリッケンハウス氏が「我 ...

>その他イタリア車

予想してたのと違う!デ・トマソの新型車「P72」発表。価格1億円、72台限定、そして究極のゴージャスさ

| デザインは1964年のレーシングカー「P70」へのオマージュ | 予告どおり「デ・トマソ」がグッドウッドにて新型車を公開。デ・トマソは現在経営権(商標使用権)が香港の会社”ITV=Ideal Te ...

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・バッティスタがアートカーに!ダ・ヴィンチ没後500年を記念しロズベルグ、ハイドフェルドという二名の元F1ドライバーがアンヴェール

| この二名が揃うのはなかなかレア | ピニンファリーナの新型ハイパーカー「バッティスタ」がアートカーに変身。これはレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念したもので、大英図書館にて開催される「A ...

■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他イタリア車

意外と早くその姿が拝めそうだ!新生「デ・トマソ」が追加にてティーザー画像公開。実車は7月公開予定

| 新生デ・トマソ”プロジェクトP”は驚くほどパンテーラと共通性が高い | 先日、復活の狼煙をあげたイタリアの老舗スポーツカーメーカー「デ・トマソ」。つい最近、「デ・トマソ・パンテーラを現代に」蘇らせ ...

>その他イタリア車

イタリアから1000馬力の未来的デザインを持つハイパーカー「FV Frabgivento Asfene Dieci Dieci」登場!ここまでウェッジシェイプなクルマは見たことがない

| エンジンは5.4リッターV10ターボ、これにハイブリッドシステムをプラス | イタリアの少量生産スポーツカーメーカー、FV Frabgivento(エフブイ・フランジベント?)が以前より計画してい ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他イタリア車

【動画】現代版デ・トマソ・パンテーラ、”プロジェクト・パンサー”市販モデルが公開に。前回のプロトタイプからちょっと進化

| なお価格は7500万円以上の予定 | 1971年に発表された伝説のスーパーカー、デ・トマソ・パンテーラ。そのパンテーラを現代に蘇らせようと数年前からそのプロジェクトを推進しているのがイタリアはモデ ...

>その他イタリア車

伝説の「デ・トマソ」復活!アポロの母体が経営権を獲得し7月にコンセプトカーを発表予定。デ・トマソって何よ?

2019/5/17    , , ,

| デ・トマソはかなり評価の分かれるブランドそして人物だ | デ・トマソが復活する、との報道。これは「新生」デ・トマソが公開したもので、7月4日に「プロジェクトP」と呼ばれるニューモデルを(グッドウッ ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他イタリア車 >その他イギリス車 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

25台のみ生産された「ランチア・ハイエナ」、2台しか存在しない「ランボルギーニ3500GTZ」ほか希少なザガートによるクルマを見てみよう

ランボルギーニ3500GTZはこの機会以外では目にすることはないだろう さて、何回かにわたってお届けしたコンコルソ・デレガンツァ京都2019ですが、今回は「最終回」。ザガートというとランチアやアルファ ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >その他イタリア車 ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ】1930年代のアルファロメオ6Cはこんなクルマだった!存在自体が奇跡なクルマたちを見てみよう

この時代のクルマの維持や整備にかかる手間を考えると、オーナーには頭が下がる さて、京都にて開催されたクラシックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ京都2019」。様々なクルマが展示されていますが、今 ...

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >その他イタリア車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■近況について ■ニュース

【コンコルソ・デレガンツァ京都】1950-60年代にザガートが手がけたアルファロメオ、ランチア、ポルシェを見てみよう。ザガートは昔からザガートなデザインだった

かなり昔の時点から「ザガート特有の形状」は健在だった さて、京都は二条城にて開催されたコンコルソ・デレガンツァ2019京都。1930年代のクルマから2018年の希少車までが一同に会し、来場者を喜ばせる ...

>その他イタリア車 ■ニュース

【動画】ピニンファリーナのハイパーカー「バッティスタ」のレビュー登場。その内外装はこうなっている

これだけ「機能とデザインが融合した」クルマも珍しい。さすがピニンファリーナ 英国TopGearがピニンファリーナ初の市販モデルにしてエレクトリックハイパーカー、「バッティスタ」のレビューを公開していま ...

>日産/インフィニティ(Infinity) >その他イタリア車

バブル期の珍車、「オーテック・ザガート・ステルビオ」が米中古市場に。新車価格1700万円、バブル絶頂期の日産はこんなクルマも発売していた

| 発売は1990年、新車価格は1700万円。まさにバブル期の産物としかいいようがない | なんとアメリカのebayにて、「オーテック・ザガート・ステルビオ」が販売中。このオーテック・ザガート・ステル ...

>ランボルギーニのコンセプトカー等 >フェラーリ(Ferrari) >その他アメリカ車 >その他イタリア車 >ロータス(Lotus)

古今東西、「カッコイイ」とボクが思うクルマ5選。フェラーリ・ミトス、ジウジアーロ・アズテック、ロータス・エスプリ・コンセプトなど

| クリーンで未来的、ウェッジシェイプを持つクルマをボクは好むようだ | 古今東西、世の中には様々な自動車が登場していますが、今回はぼくが「もっともカッコイイ」と思うクルマを紹介したいと思います。その ...

>アウディ(Audi) >その他イタリア車

5台限定、完売済みの「イタルデザイン・ゼロウーノ」。発売2年未満で1/2/5号車の3台が売りに出されるという非常事態に

| イタルデザインの市販車部門は成功を収めることができなかった? | イタルデザイン(ジウジアーロ)が2017年に5台のみ限定、1台2億円にて販売を行った「イタルデザイン・ゼロウーノ(ITALDESI ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >フェラーリ(Ferrari) >その他イタリア車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】スイスで開催された富豪向け雪上イベント「ICE」!スーパーカーやヒストリックカーが思う存分雪上で走り回る

参加するだけでも相当な費用がかかりそう スイスにて開催された新しいカーイベント、I.C.E.の様子が動画で公開に。このイベントはスイスにあるリゾート地、サンモリッツで催されたもので、正式名称は「 In ...

>ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他イタリア車

「デ・トマソ・パンテーラ」復刻版「アレス・パンサー」がついに生産へ。7800万円、650馬力、リトラクタブルヘッドライト、そして中身はランボルギーニ

ちなみにテールランプはシボレー・コルベット 先般より少しづつ情報が公開されていた、アレスデザインによる「プロジェクト・パンサー」。これはかの「デ・トマソ・パンテーラ」を現代によみがえらせるというもので ...

>その他イタリア車

イタリアから1000馬力のスーパーカー「ピュリタリア・ベルリネッタ」登場。見かけによらずAIでハイブリッドシステムの出力を行うハイテクマシン

V8スーパーチャージド+シングルモーター イタリアの小規模スポーツカーメーカー、Purialia(ピュリタリア)が新型スポーツカー「ベルリネッタ」を発表。なおPuritaliaは2012年にシェルビー ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.