パガーニ

パガーニのニューモデル「C10」が早くもリーク!ウアイラ後継のはずだが、その先代である「ゾンダ」に近い?

パガーニの新型ハイパーカー「C10」が早くもリーク!ウアイラ後継のはずだが、その先代である「ゾンダ」に近い?

| パガーニのファンはウアイラよりもゾンダを高く評価しているために「先祖返り」か | そしてゾンダよりも思い切ったデザインを持つようにも さて、パガーニはすでにウアイラの予定生産台数を全て販売しており ...

まだ新車のゾンダが作られているのか・・・。今度こそ本当に「最後」のゾンダ760ロードスター特別仕様車のティーザー画像が公開

まだ新車のゾンダが作られているのか・・・。今度こそ本当に「最後」のゾンダ760ロードスター特別仕様車のティーザー画像が公開

| 今までにも「これが最後」というゾンダが何台も作られているが | 外装デザインを担当するのは3Dレンダリング専門のデザインオフィス さて、「もう新車は作られない」とされていたパガーニ・ゾンダですが、 ...

納車二ヶ月後に事故→復活したパガーニ・ウアイラ「パール」が再びクラッシュ!やはりパガーニが相当に運転が難しいのか・・・。

納車二ヶ月後に事故→復活したパガーニ・ウアイラ「パール」が再びクラッシュ!やはりパガーニが相当に運転が難しいのか・・・。

| パガーニ・ウアイラ・パールは「世界で最も美しいウアイラ」と言われていたが | おそらくはまた修理に1年以上はかかるだろう さて、2016年に、わずか納車2ヶ月というタイミングにて大きなクラッシュを ...

【動画】パガーニが自社のクルマの真正性を証明するサービス「PURO」をスタート!中古で購入しても「すべて純正パーツが使用されている」ことをパガーニが証明

【動画】パガーニが自社のクルマの真正性を証明するサービス「PURO」をスタート!中古で購入しても「すべて純正パーツが使用されている」ことをパガーニが証明

| オーナーはそのクルマが隅から隅まで「真正」が保たれているという安心感を得ることができ、クルマの価値も担保できる | パガーニのような芸術性の高い車であれば、オーナーがボルト一本に至るまで純正にこだ ...

ルイス・ハミルトンが7年間所有したパガーニ・ゾンダ760LHを売却!購入時の価格は1億7000万円、売却額はおそらく6億円以上か

ルイス・ハミルトンが7年間所有したパガーニ・ゾンダ760LHを売却!購入時の価格は1億7000万円、売却額はおそらく6億円以上か

| パガーニ・ゾンダのスペシャルモデルはこのところ急激に価値を上げている | さらに「ルイス・ハミルトン」というプレミアムを加えると、その価値は計り知れない さて、ルイス・ハミルトンが所有していたパガ ...

日本からパガーニ・ウアイラ「パケット・テンペスタ」の売り物が登場!シルバーにクリアカーボンというシンプルかつ美しいコンビネーション

日本からパガーニ・ウアイラ「パケット・テンペスタ」の売り物が登場!シルバーにクリアカーボンというシンプルかつ美しいコンビネーション

| パガーニ・ウアイラの売り物はなかなか出てこない | しかも希少かつ人気の高いパケット・テンペスタ装着 さて、すでに生産が終了し、100台のみが生産されたパガーニ・ウアイラ・クーペ。今回はそのウアイ ...

え?パガーニがまたゾンダの新バリエーション追加?ゾンダLM-Rラグノが(レンダリングにて)公開

え?パガーニがまたゾンダの新バリエーション追加?ゾンダLM-Rラグノが(レンダリングにて)公開

| もちろん非公式、デザインスタジオが独自にそのスペックを設定 | ただしスピードスター流行の今、実際に発売しても面白そうだ さて、これまでにもいくつか秀逸なレンダリングを公開してきたLMM23デザイ ...

【動画】やっぱりモナコはスーパーカー/ハイパーカー天国!フェラーリやポルシェの限定モデル、ブガッティやパガーニ、ケーニグセグが「日常的」に走行中

【動画】やっぱりモナコはスーパーカー/ハイパーカー天国!フェラーリやポルシェの限定モデル、ブガッティやパガーニ、ケーニグセグが「日常的」に走行中

| モナコの人々は実際にこういったスーパーカー/ハイパーカーを「乗っている」ところがまたスゴい | モナコだけでどれだけの限定スーパーカー/ハイパーカーが登録されているのかが非常に気になる さて、モナ ...

【動画】世界に5台、パガーニ最初の市販車「ゾンダC12」がクラッシュ!事故の原因は不明ながらもフロントのダメージが大きそう

【動画】世界に5台、パガーニ最初の市販車「ゾンダC12」がクラッシュ!事故の原因は不明ながらもフロントのダメージが大きそう

| おそらくはパガーニのファクトリーまで運んで修理することになりそうだ | ゾンダC12にはドライバーズエイドの類はなく、極めて運転が難しいとされる さて、パガーニ初の市販車、ゾンダC12がクラッシュ ...

パガーニ創業者がウアイラ後継モデルについて語る!「900馬力以内、ガソリン+MT。パワーアップより軽量化だ。私の顧客は運転中の感動を重視している」

パガーニ創業者がウアイラ後継モデルについて語る!「900馬力以内、ガソリン+MT。パワーアップより軽量化だ。ドライバーを興奮させるのに2000馬力は必要ない」

| マニュアル・トランスミッションがないという理由でウアイラを買わなかった顧客もいるようだ | エンジンはメルセデスAMG製V12ツインターボを継続 さて、現在パガーニは「ウアイラ」1車種のみを販売し ...

解説系ユーチューバー、パガーニ・ゾンダFに乗ってアウトバーンを321km/hで走る!あまりの楽しさに解説を忘れて笑いっぱなしに

【動画】解説系ユーチューバー、パガーニ・ゾンダFに乗ってアウトバーンを321km/hで走る!あまりの楽しさに解説を忘れて笑いっぱなしに

| パガーニ・ゾンダFが実際にこの速度を出せること、そして恐怖が感じられないことには驚きだ | 一度でいいからパガーニでここまでアクセルを踏んでみたいものだ さて、今回我らがShmee150氏がパガー ...

パガーニを6台所有しウアイラRの納車を待つ男!フルカスタムが施されたワンオフモデルの「ゾンダAY」がデリバリーされる

パガーニを6台所有しウアイラRの納車を待つ男!フルカスタムが施されたワンオフモデルの「ゾンダAY」がデリバリーされる

| これだけパガーニを揃えるオーナーも珍しい | しかもさりげなくブガッティを2台所有 さて、パガーニ・ゾンダの最新カスタムバージョン、ワンオフモデルの「ゾンダAY」が登場。これはカーコレクター、マイ ...

パガーニ・ウアイラ

サウジの公的資金がパガーニの株式を購入したとの報道!ただしあくまでも主導権はパガーニにあり、潤沢な資金を用いてさらに魅力的なハイパーカーを開発するようだ

| サウジアラビアにとっては理想的な投資先だとも考えられる | エレクトリック化のため多額の開発資金を要するパガーニにとっては「渡りに船」 さて、サウジアラビアの公共投資基金(PIF)が、ハイパーカー ...

生産わずか10台のみ、パガーニ・ゾンダRレボリューションが中古市場に登場!内外装の詳細画像も公開、一生実車を見ることがなさそうなクルマだけに「ありがたや」

生産わずか10台のみ、パガーニ・ゾンダRレボリューションが中古市場に登場!内外装の詳細画像も公開、一生実車を見ることがなさそうなクルマだけに「ありがたや」

| ゾンダと名はつくものの、やはり中身は完全に別モノのレーシングカー | おそらくはとんでもない価格だとは思うが、購入できる財力を持つ人にとっては「高くない」買い物のはずだ さて、パガーニはつい先日「 ...

パガーニ・ウアイラRがはじめてモンツァを走行!そのサウンドは公約通り「往年のF1マシン」のようだ

【動画】パガーニ・ウアイラRがはじめてモンツァを走行!そのサウンドは公約通り「往年のF1マシン」のようだ

| 様々な規制によって、パガーニすらも今後は電動化の波に飲まれることになりそうだ | いかに高価でも、このウアイラRの価値が下がることはないだろう さて、パガーニは先日「究極のウアイラ」たるウアイラR ...

パガーニが「ウアイラBC パケット・テンペスタ」「ウアイラRのインテリア」を公開!もうウアイラ登場から10年も経つのか・・・

パガーニが「ウアイラBC パケット・テンペスタ」「ウアイラRのインテリア」を公開!もうウアイラ登場から10年も経つのか・・・

| いかに時間げ経過しようとも、ウアイラの魅力は一向に色褪せない | そろそろウアイラ後継が発表されてもいい頃だとは思うが さて、パガーニがモンタレー・カーウィークにてウアイラ登場10周年を祝うとして ...

ルイス・ハミルトンの嘘つき・・・。環境のため「もう自身のガソリン車には乗らず、EVしか運転しない」と言っていたのにパガーニ・ゾンダ760LHで走り去る

【動画】ルイス・ハミルトンの嘘つき・・・。環境のため「もう自身のガソリン車には乗らず、EVしか運転しない」と言っていたのにパガーニ・ゾンダ760LHで走り去る

| パガーニ・ゾンダ760LHほど魅力的なクルマが家にあったなら、「運転しない」のは不可能だろう| それにしてもパパラッチの多さには驚かされる さて、ルイス・ハミルトンがモナコにてパガーニ・ゾンダ76 ...

まるでSF映画に登場するクルマ!1978年にランボルギーニは「カーボンシャシー、4WD」のカウンタック・エボルツィオーネを製造していた

まるでSF映画に登場するクルマ!1987年にランボルギーニは「カーボンシャシー、4WD」のカウンタック・エボルツィオーネを製造していた

設計はパガーニ創業者、オラチオ・パガーニ このクルマが市販されていたら、スーパーカーの勢力図は今とは違ったものとなっていただろう さて、ランボルギーニ・カウンタックは今年で誕生50周年を迎え、ランボル ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5